2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

英国離脱後のEU予算について

昨日からのドル安に助けられ、ポンドもユーロも円も、買われています。

特に、ポンドについては、先週から始まっているEUと英国政府との話し合いを受け、EU加盟国の中からも、

「バルニエさんのイギリスいじめ、ちょっとひどくない 

という意見が出てきているということで、英国に有利に運ばれるのではないか? という楽観ムードがあります。

こういう楽観ムードが、果たしてどれくらい継続するのかわかりませんが、クロス円の動きを見ても、ポン円が頑張っている印象をうけました。


* EU予算への拠出金増額について
昨日、欧州委員会の予算担当の方が、

「EUの長期予算に対する加盟各国の拠出金の引き上げを検討している。現在、EU全体の国民総所得の 1.03%としているが、今後はこの比率を 1.1%へ引き上げることになるかもしれない。」

これに続き、ユンケルEU委員長は、

「我々はまず、ヨーロッパとして何が必要か?それを決めることが先決だ。必要なものが決まれば、それに対して費用がいくらかかるか はっきりした時点で、加盟各国の拠出金額はおのずと設定される。」


* 欧州委員会からの報告書
昨日、欧州委員会は今後の予算について、 報告書 を発表しました。

そこでは、

「英国がEUから離脱するということは、大口の拠出金を失うことを意味している。そのため、今までEUが継続していた補助金や助成金支払いの条件などの見直しに迫られている。予算額の増額のひとつの手段として、加盟国による排出権取引税の一部を廻すことも可能性のひとつだ。5月2日に長期予算についての詳細を発表する。」


となっていました。

Brexit によって不利になるのは、英国だけでなくヨーロッパも同じだ! というのが、ここですね。



* ここからのS&P500の行方
全く話しは変わりますが、米国のカストディー業務で最大規模のステイト・ストリート銀行が顧客に向けて行なった調査結果が出ていました。

「ここから、S&P500は、どちらに向けて動くか 

米SP500 どちらが先?


圧倒的に 「最高値に向けて・・・」 というのが多くて、驚きました  






Net Money


FXプライムbyGMO

Brexit貿易交渉の合意は?ここからの英ポンドを探る

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 



YJFX用



2月8日(木)に開催された英中銀 Super Thursday。そこでは、今年第3四半期に予想されていた利上げが、早ければ5月に前倒しされる可能性が浮上し、英ポンドが上昇した。しかし、それも短命に終り、米長期金利上昇が発端となった株価急落の影響を受け、為替市場での各通貨の値動きも予想が難しくなってきた。




こちら  から、お読みいただけます!





コラム全体のご紹介は、下のバナーをクリックしてください。そこからも記事が読めるようになっています。

               

Net Money

本日の注目は、米 CPI 

昨日は、今年に入ってはじめて、午後2時くらいからお休みさせていただきました。
いいですね~ 他の人が働いている間に休むって・・・・

10年以上前に流行ったドラマを、1話から最終回まで全部見ました。すごく良かったです 



* 今週のハイライト :  米 消費者物価指数(CPI)
あと2時間弱で、1月分・米消費者物価指数(CPI)が発表されます。この数字は、いつも市場参加者の注目  を集めていますが、今月は特に多大な注目を集めています。

理由   それは、今年に入ってからの大荒れマーケットにより、アメリカの長期金利が上昇し、10%を超える株価調整が起きて以来、はじめてのCPI発表だからでしょう。


結論から先に申し上げると、

・今回のCPIの数字が、予想を上廻る強さであれば、もう一段の長期金利上昇  株価下落 があり得る
・逆に、CPIの数字が弱かったら、その逆です

そして、過去のデータから読み取ると、 「1月の数字は、年間通して 強くなりやすい」 そうです。その理由は、新年から価格をアップして、市場動向をテストする企業が多いからと言われています。

ということは、強い数字が出て当たり前だから、反応がそれほどでもないのか?  それとも、強い数字に飛びついて、マーケットとが荒れ狂うのか?   ドル円にも相当の影響を与えます。



乱高下のマーケット




* CPI予想

CPI  (前月比)
12月 +0.2%  1月予想 +0.3%
12月と比較して、住宅の賃貸料とガソリン代が上がっているそうです。

CPI  (前年比)
12月 +2.1%  1月予想 +1.9%
前年比の予想が+1.9%と低めになっている理由は、昨年1月が+2.5%となっており、その時の強い数字が、今回の数字から はげおちるため。

コアCPI (前年比)
12月 +1.8%  1月予想 +1.7%



くりかえしますが、予想より強い数字が出た場合は、

FEDの利上げ回数が増えるという予想    長期金利(米国債利回り)上昇   株価下落    ドル円も下落


個人的には、今月2日の米・雇用統計で、週平均賃金が驚くほど強くなり、アメリカの長期金利が大きく上昇し、株価が崩れ始めた。

あの時のミニ版みたいなイメージです。


逆に、予想以上にCPIが伸びなかった場合は、面白い展開になるでしょうね!  Stay tuned 

こういうファンダを元にいろいろ考えるのが、私には楽しくて楽しくて  仕方ありません。ポジションも、この数字が出るまで待とうと思っています。



そうか、今日はバレンタイン・デー  ですね。 たくさん チョコ もらえたかな 





3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 


[ 2018/02/14 20:56 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFXさん のご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 



視るブログ用






今週の視るブログは、先週の振り返りと今週の注目点 + 英中銀理事発言や大荒れ相場での動き について、お話しさせていただきました 


このバナーをクリックすると動画が見れま~す 

Net Money
[ 2018/02/13 22:42 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

ドラギ総裁、質問に答える

昨日は、たぶん 人生で2番目くらいに、大量の仕事しました。何も取り柄のない私ですが、集中力の持続性だけは、もう これ 訓練なんですかね・・・ 結構続きます。

が・・・ 昨日は、その集中力の持続性の限界まで行ってしまったらしく、今朝は心が脱水状態になってまして・・・    マーケットを見ていても、あまり感動が沸きません。さっき、ポンド/ドルを買ってみましたが、思ったより伸びません。

英国の5月利上げを先取りした感じで、大手銀行などでは、「ユーロ売り/ポンド買い」を推奨しているところがあるようです。英欧の金融政策変更のスピードやタイミングの違いで、このような推奨をしたのでしょうが、経済のファンダメンタルズや政治リスクなどを考えると、おいそれと この推奨トレードに乗っかるのは、時期尚早な気がしてなりません (短期では、やってますけどね・・・)  

やはりユーロ売り/ポンド買いを人生を掛けてやるのなら、月足ベースで 0.8680/8700辺りが しっかりと切れてこないと、応援団が付いてきてくれない感じがします。



* 愛するドラギさんの動画
ちょっと調べ物をするのでECBホームページをがちゃがちゃやっていたら見つけたのが、「大学生が、ドラギさんに質問」コーナー 

こういう試みは、英国でもあります。中銀の総裁とか副総裁が、大学で講演しています。特に、ロンドンですと、LSE大学 (ロンドン経済大学) はこういうことが盛んで、ドラギ総裁も時々この大学で講演されています。次回ドラギさんが来られたら、是非 見に行きたいんですが、昨年は一度も来られませんでした 


で、今回の 「ドラギさんへの質問コーナー」は、今年1月17~23日の間に、Twitter や Facebook で若い人たちからの質問を呼びかけたそうです。やはり暗号通貨に関する質問もありました。

特に一番最後の質問の答え、ある意味当たり前なんですが、勉強になりました 


欧 ドラギさん






3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 




[ 2018/02/13 22:02 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ボラティリティーとの共存相場

今年から FXプライムbyGMOさん で、私のWEEKLYレポート『松崎美子のロンドン発WEEKLY為替市場見通し』の配信が始りました。

こちらは、FXプライムbyGMO会員限定 ですので、レポートをご一読いただき、ぜひトレードにお役立てください。



今週は、ボラティリティーの高い相場が続いてますが、ここからの動きについて考えてみました 


FXプライム用





口座をまだお持ちでないお客様は、  このバナーをクリックし、口座開設を御願いいたします 

FXプライムbyGMO







口座をお持ちのお客様は、 まず  このバナーをクリックしてホームページへ

Net Money



             

ログイン後、「マーケット情報」をクリック

FXプライムバナー 2


               

次は 「レポート」をクリック


3FXプライムバナー 



               

こちらからお読みいただけます 

FXプライムバナー4

ポンドが1.40台へ突入となった「Super Thursday」

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




英中銀 カーニー




2月8日は、英中銀が3ヶ月に一度、マクロ経済予想を発表するSuper Thursdayでした。政治面ではEUからの離脱(Brexit)に関する意見が政府内で調整がつかず、新たな政治リスクが台頭するかもしれない非常に難しい局面を迎えています。

そのタイミングで発表された四半期インフレーション・レポートや総裁・副総裁による記者会見内容などを、皆さんにご紹介したいと思います。






今回のコラム記事の主な内容は、


・今回のSuper Thursday事前予想
政策金利・QE策内容
声明文
議事要旨
四半期インフレーション・レポート
1) GDP上方修正?
2) インフレ見通し
3) 最初の利上げ時期と利上げ回数

・英中銀からの発表
政策金利とQE策内容
声明文と議事要旨
1) 据え置き決定における投票配分
2) 利上げペースに関する言及

・四半期インフレーション・レポート
GDP予想
インフレ見通し
インフレのピーク
将来の利上げ回数

・カーニー総裁記者会見

・Brexitについて

・ここからのポンド




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>マーケットでは、早ければ次回5月のSuper Thursdayでの利上げ予想もあり、金利先物市場では5月利上げに対して、インフレ・レポート発表前は48%の織り込み度でしたが、発表後は67%まで上がっています





4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 





「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアルされるそうです。

私も内容は全く知りません     リニューアルの詳細は、3月5日(月)以降、発表ということで、ワクワク 

Net Money


[ 2018/02/10 02:32 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

独連立合意翌日のSPD党首辞任発表!?

昨日のYJFXさんのオンライン・セミナーでもお話しさせていただいたドイツの大連立合意について・・・

さきほど、大連立のひとつであるSPD党 (社会民主党)  のシュルツ党首、辞任を発表しています。


独 SPD シュルツ



*  どうして、いきなりの辞任?
ここまでの経緯を簡単に・・・・

メルケル首相率いるCDU/CSU党と、SPD党は、ドイツの伝統的2大政党です。

昨年9月24日に行なわれた総選挙まで、この2大政党による 「大連立政権」 でした。

総選挙では、SPD党が大きく議席を減らしたため、 「今後、SPD党は最大野党で頑張る!」 と宣言しました。

SPD党との大連立の可能性がなくなったことを受け、メルケル首相のCDU/CSU党は、FDP党と緑の党によるジャマイカ連立交渉が始まりましたが、FDP党が連立交渉から抜けてしまい、振り出しに戻ったのです。

そこで、やはり今まで通り、「大連立政権」を続けて行くのがドイツのためだ・・・ ということで、CDU/CSU党とSPD党との間で、大連立交渉が続いていました。

一度は、野党落ちする覚悟であったSPD党ですが、1月末に開催された党大会では、あらためて「大連立」の一員となることの是非について採決され、大連立参加が合意されたばかりでした。


今回の大連立合意により、シュルツSPD党首は、「外務大臣」となる予定だったそうです。

しかし、昨年の総選挙で大敗し、野党落ちすることが決定的となった時に、シュルツさんは自分で、「メルケルさんと組む大連立には、参加しないが、万が一 情勢が変わり参加することになったとしても、その時 自分に閣僚職が与えられても拒否する・」 と公言したそうです。

つまり、自分では閣僚職は辞退するといいながら、いざ その番が回ってきたら、外務大臣の職を受けるんですか?言ってることとやってること、全然違うじゃないですか  ということで、SPD党の議員から、ブーイング   されたみたいです。


ここからの動きですが、2月20日から3月2日の間に、SPD党の議員と党員: 合計 46万人  による 「大連立最終合意」に関する採決が実施されます。そこで、OKが出れば、3月末のイースター休暇までに正式に連立政権誕生という動きです。

結局、昨年9月から正式な連立政権誕生までに、半年近くかかる計算ですね・・・・





3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/02/09 23:45 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

昨日のセミナーでの質問

昨日は、YJFXさんのオンライン・セミナーにご参加いただきまして、ありがとうございました 


セミナー後のアンケートも、全て目を通させていただきました。重ねて、ありがとうございます。

その中で、私がどうやって情報を取っているのかについての質問がありましたので、お答えします。



質問:
本日のSuper Thursday の先行情報、早期利上げに賛成する議員が2名でるとか出ないとか、各理事の発言の要点などは、どうやって入手しているのでしょうか?



これは、1冊目と2冊目 両方の本に書いているのですが・・・・  

Twitterのフォロワーさんの呟きが、一番の情報源 と言っても過言ではないと思います。


情報 Twitter




あとは、朝起きて、そして寝る前、オンラインで英国の新聞のビジネス欄のヘッドラインをチェックし、気になったニュースは読みます。日によって時間は違いますが、多い日では、このようなことに、8時間かそれ以上、使っているかもしれません。仕事をやっている間も、拾ってますので・・・


特に材料がない時に、マーケットが大きく動いたときには、まず Twitter。 それでも特に見当たらなければ、Forexlive  の順でしょうか?  Forexlive は、1日 1回かな? チェックしますけど・・・・




中銀関係者(理事達)の発言内容は、各中銀のホームページに最近の講演内容がテキストとして載っているので、それを読みます。

例えば、英国中銀のMPC理事の講演内容は、ホームページ内のこのリンク をクリックして、左側の 「Speech」 をクリックすると、ズラ~ッと並んでます。

欧州中銀(ECB)は、 スピーチリンク で読めます。


結局、情報は自分で取りにいかない限り、向こうからやってきません。 
あと、残念なことに、FX関連の情報は、英語がメインです。日本人にとっては、若干 不利になりますが、それでもTwitter のように140文字に押さえてある情報は、特に高度の英語は必要ありません。

なるべく 英語を毛嫌いせずに、Twitter などの短い英語から、読む癖を付けると良いのではないでしょうか?




[ 2018/02/09 22:47 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ダウジューンズ先物 マイナス圏での推移

なんだかなぁ


大丈夫?



これ、私だけなのかもしれませんが、2018年って 予想外なことの連発 
相場だけでなくて、人間関係とかも・・・・

誤解のないように書きますが、私は全く人間関係に問題ないのでありがたいのですが、まわりの友達がいろいろなことに直面し   実は昨日もその問題で、2時間近く相談を受けてました。

マーケットに全く関係ない友達です。なので、昨日のマーケットがどれだけ動いているのか・・・ とか、全然知らないので、延々と話しが続き、私はS&P500のトレードをしながら聞いていたけど、最後はトレードやめました 


本当はドイツの連立がほぼ合意に至った話しを書こうと思いましたが、これは明日の YJFXさんのオンライン・セミナー でお話しさせてくださいね 

事前申し込みも必要ありませんし、口座がなくても見れるので、是非皆様のご参加、お待ち申し上げます 


ということで、本日の株式市場、アジアはかろうじてマイナスにはなりませんでしたが、現時点で米ダウ・ジョーンズ先物は マイナス

この原稿を書き始めた時点では、マイナス 216くらいでしたが、今は マイナス 190まで戻っています。
と書いてたら、またマイナス200



ダウ先物


あとね、Twitterで

「ドルに対してユーロの戻りが悪いのは、何が原因だとお考えでしょうか?」  という質問いただいたのですが、


・IMMでユーロの買い持ちが劇的な水準
・これだけマーケット動くと、まずキャッシュにお金を戻すのではないか?
・独株式指数:DAXのチャート見る限り、ユーロを買いたい気が全く起きない 



欧 DAX チャート
(クリックすると拡大します)









2月8日(木)  20時30分~
「英中銀 スーパーサーズディ」 をリアルタイム解説 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money



YJFXさんのオンライン・セミナーは、事前の申し込み不要・当日参加可能ですが、定員が 500名 ですので、なるべく早めにご参加いただけると嬉しいです。

ログインは、2月8日(木)  20時10分から 出来ますよ~ 


[ 2018/02/07 21:00 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

英中銀「Super Thursday」に向けて

今年から FXプライムbyGMOさん で、私のWEEKLYレポート『松崎美子のロンドン発WEEKLY為替市場見通し』の配信が始りました。

こちらは、FXプライムbyGMO会員限定 ですので、レポートをご一読いただき、ぜひトレードにお役立てください。



前回は 注目される経済指標と、木曜日のECB理事会について書きました。
今週は木曜日のSuper Thursday に向けての注意点などについて、解説しています  







英中銀 インフレレポート記者会見




口座をお持ちのお客様は、 まず  このバナーをクリックしてホームページへ

Net Money



             

ログイン後、「マーケット情報」をクリック

FXプライムバナー 2


               

次は 「レポート」をクリック


3FXプライムバナー 



               

こちらからお読みいただけます 

FXプライムバナー4


FXプライムbyGMO


プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ