2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

減産しても上がらない原油価格

本日はマクロン仏大統領当選のニュースで、最初はリスク・オン  となったマーケットでした。

しかし、それも長続きせず、先ほど終了した欧州株式市場を見る限り、フランスもドイツもスペインもイタリアも、どこもかしこもマイナスで終了しています 



*気になる原油市場
先週、雪崩のように大きく下落した原油価格。 

本日、サウジアラビアの石油相が 「減産期間の延長もあり」   と発言したのですが、一度持ち直したかのように見えた原油価格は下落しています。


ブレント原油
(クリックすると拡大します)


そもそも、事の始まりは、OPECと非加盟国全体で、今年1月1日から 「半年」 に渡り、減産することに合意しました。その合意期限が6月末に切れますが、サウジアラビアの 「延長もあり」 の発言を受け、6~9ヶ月の延長という期待が生まれました   つまり、少なくとも年末までは減産延長、或いは上手く行けば更なる減産合意ということにも視野に入ってくるのでしょう。

し か し、原油価格はまた下がり始めています。

5月25日に開催されるOPEC会合で、また何か新しい展開となるのか、期待したいところですね 


株価を見ても、米ナスダックだけグングン上昇し、S&P500やダウジョーンズは高値更新ならず 
欧州の株価も、独DAXや仏CACは先週、高値更新しましたが、英FTSEは冴えない展開 

株価が上がる = リスク・オンであれば、AUDが買われるはずですが、貴金属や原油などの商品価格が下落しているので、AUDも下落  

通貨の選択には、今まで以上に気をつけたいですね 


トレイダーたち



ps
ロンドンFXチャンネル  のスタートが遅れてしまい、申し訳ありません。メールやコメント欄を通して、たくさんの質問をいただき、とってもうれしく思っています。もっともっと送ってくださいね~

マクロン当選後の「月曜日の動き」に関して質問いただいた方、お答えできずに申し訳ありませんでした 

明日 準備して、水曜日に初回の動画を配信する予定です。先週は病院とか廻っていて、体調が優れなかったため、本当にごめんなさい。

水曜日は、翌日の英中銀 「SUPER THURSDAY!」について、あと 先月頂いたブログ読者様からの質問にお答えしようと思います。よろしく~ 






最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田

[ 2017/05/09 02:54 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

原油価格とリグ数との関係

昨日は銀の下落について、あるところに記事を書いたのですが、本日のマーケットは原油価格の急落についての言及が目立ちます。


*原油価格の下落
いろいろ読んでみたのですが、原油だけでなく、コモディティー全体の値崩れというイメージが強いです。


原油 比較

ロウソク足チャートが、ブレント原油
黒いラインが、米WTI です。


*原油価格下落の理由
原油に限って言えば、いくつか理由があがっておりましたが、

・OPEC加盟国による減産は、これ以上 見込めない
・アメリカの景気先行き見通しに、なんらかの修正が必要となる可能性
・その場合、世界景気全体も減速ということになるのか?
・アメリカで活動しているリグ数の大幅増加


一番最後の「リグ数」については、WSJ紙にこのようなチャートが載っていました。


石油 リグ数と価格


緑のラインが、リグ数ですが、急激に増加しているのがわかります。
そのため、需給の関係が崩れてきたのかもしれません。





最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田

[ 2017/05/05 21:55 ] マーケット | TB(-) | CM(1)

業務連絡 兼 お願いで~す

今週から、Youtubeで【ロンドンFXチャンネル】という動画を流そうと考えています。

この動画のトップページをお願いしているのですが、今週中には間に合わないようですので、私が作った 「ダサイ」トップページでのスタートとなること、お許しください 

とにかく 既にかなりの量の仕事を抱えている + 夏に出版する2冊目の本の原稿が出来上がったため、これから校正・修正・加筆などに追われるため、最初はみなさん 物足りないと感じるかもしれません、

ごめんなさい 

あと、いざやろうと思って、ふと立ち止まったのは、 「どのレベルに合わせればよいのか?」

初心者レベル?それとも、普段の私のブログと同じ感じで、中上級者レベル?

秋から始める予定の【ロンドンFX ファンダメンタルズの学校(仮称)】は、入門編・初級者編・中級者編・上級者編を考えておりますが、この動画はそこまで細かく区切るつもりは、ありません。



イメージとしては、火曜日か水曜日に1回目、金曜日に2回目を考えています。時間は長くて5分
ただし、今週だけは例外で、たぶん 土曜日あたりに初回を流そうと考えています。

金曜日編は、 「皆さんからの質問に答える」 ことをやってみようと思います。もし、何も質問が来なければ、他のこと、或いはロンドンの景色です。

休み中に、ロンドンFXチャンネル専用のメアドを作りましたので、質問がある方はそこにメールでください。

どんな質問でも構いません。FXに関係ない人生相談でも大丈夫です。ただし、政治色の強い質問は、送らないでね

あと、全ての質問には答えられないかもしれませんので、その点は予めお詫びいたします。


メールの送り先は、

londonfxchannel25 gmail.com

25 と  gmail の間に @ 入れてください 
チャンネルの英語 Channel スペル間違わないようにお願いします。

或いは、このブログのメールフォーム (右側の枠の真ん中より下にあります)  経由でも大丈夫です。

よろしくお願いします!


今朝のロンドン







毎週月曜日にお送りしてます 
上田



[ 2017/05/02 22:02 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

世界的なリスク・オン マーケット

フランス大統領選で「マクロン当選」が確実視 されていることもあり、マーケットがぐいぐいとリスク・オン  を演じています。

ユーロ円や米ナスダックなどを見てると素直に 「すごい!」 と思えますが、リスク・オンとなった理由は3つあるんじゃないかな?と思いました。


*フランス大統領選
マクロン当選が確実視されているため、投資家がリスクを取りやすい環境となっています。

ただし、ここでも書きました が、6月11/18日の議会選挙の結果如何では、ばら色状態がどのくらい続くのかは、まだわかりません。


*トランプ効果
ムニューシン財務長官がお話しされていらっしゃいますが、トランプ大統領の税制改革案の骨子は

・法人税率: 35~36.9%   15%

・海外還流利益の税率: 一時的措置として、35%    10%

そして今週金曜日に期限を迎える暫定予算案ですが、メキシコとの国境の壁建設費用を新たな予算に盛り込むことを先送りした模様。


*企業収益がそこそこ良い!
昨日を例に取ると、マクドナルドやキャタピラーが予想を超える収益を挙げ、米ナスダック総合指数は 6,000ドルを超えて終了。

米ナスダック



世界中どこにでもマクドナルドの収益は、 「世界中に住む消費者の懐具合」 を占うベンチマークとなっているため、ここの業績が良いということは、世界的に景気が上向きになってきていると考えられます。

この予想以上の企業業績を受け、ダウ・ジョーンズも200ポイントを超える上昇。

投資家がマーケットに対し、強気になっていることが伺われます。


米 マクドナルド





毎週月曜日にお送りしてます 
上田



[ 2017/04/26 23:37 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

歴史的なVIX(恐怖指数)の下落率

日曜日の フランス大統領選・1回目投票 が終り、昨日まで仕事が続き、ブログの更新が滞っておりました。申し訳ありません。昨夜は久しぶりにゆっくり眠れました!


*VIX 恐怖指数 25%の急落
VIX、別名【恐怖指数】 と呼ばれておりますが、これはシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、米代表的株価指数: S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数です。

見方は、数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているということを意味します。

つまり今回は、VIXが下がった = 不透明感が払拭されたことになり、リスク・オンになりやすいという意味があります。

それだけ、フランス大統領選に関する不透明感が高かったということになりますね 


仏 フランス大統領選 翌日のVIX
(クリックすると拡大します)



*史上4番目に高い下落率
1日の下落率を調べてみると、今回は25%で史上4番目

1番高い下落率は、29.6%  

いつのマーケットかというと、2010年5月です。当時は、ギリシャ危機がマーケットのテーマで、すったもんだしていたのですが、この時のVIX高騰は、アメリカのダウジューンズが数分の間に998ポイントも急落  しましたが、それが一段落して大きくVIXが下落したのです。



米 2010年5月6日 株暴落


ちなみに、2番目に高い下落率は、27%です。2011年8月
この時は、格付け大手:S&Pが、アメリカの格付けをAAAからAA+に格下げしたこと + ギリシャでデフォルト騒ぎ  があった時でした。


今回のフランス大統領選が、いかに投資家の間で 「リスク・イベント」 として扱われていたのかが、わかりました 






毎週月曜日にお送りしてます 
上田



[ 2017/04/25 20:00 ] マーケット | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ