2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

必読:Brexit交渉期間のタイムライン

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用





今週、英国のメイ首相はEU離脱に向け、EU基本条約(リスボン条約)50条の行使を3月29日に実施すると発表しました。EUから離脱した国の前例がないため、ここからいったい何が起こるのか、誰にもわからない状態です。

今回のコラムでは、とりあえず現在わかっていることをお伝えしたいと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、



・3~4月のタイムライン

・5~6月のタイムライン

・9月タイムライン

・12月タイムライン

・2018年3月タイムライン

・2018年10月タイムライン

・2019年3月末

・2019年4月中

・2019年5月(予定)

・ここからのマーケット

インフレ率上昇について
ここからのポンド




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>ここからが大事な点ですが、このすべての作業が終了するまで、英国との離脱交渉は始まらないそうです。つまり、英国とEUが面と向かって正式な離脱交渉をスタートできるのは、早くて5月末から6月上旬という計算になります。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




ブルーンバーグに載ってるBrexit関連報道

今日は午後まで、部屋で仕事ができるので、いろいろBrexit関連報道を調べています。

その中で、あれれ? と違和感があったのが、ブルーンバーグの この記事 でした。


*メイ首相は、2年間の交渉を早く打ちきろうとは考えていない
タイトルがまず、ちょっと違和感ありました。

「英EU離脱交渉は合意なく早期終了の可能性も-EU当局者が警告」

たぶんこの記事は、メイ首相がかねがね語っている発言が元になっているのだと思います。その発言とは、

「もし、2年間の交渉期間中に、英国とEUとの間できちんとした条件合意がなされなかった場合、中途半端などっちつかずの条件でEUを離脱するくらいなら、何もない白紙のままで離脱したい。」

という内容です。

これには賛否両論あります。何もない白紙の状態で離脱してしまったら、貿易面だけでなく、企業や金融機関にとどまらず、あらゆる分野で問題が起きます。ですので、同じ保守党内でも、このメイさんの意見には反対者が多数おります。

しかし、メイさんは2年間の交渉を途中で「やめた!」をしたいとは、少なくとも私が知っている限りでは、仰っていません。


*今回のこの記事の報道の仕方の違い
今回のこの報道のタイトルの違いを調べてみると、

・ブルーンバーグ
EU Officials Warn of Risk of U.K. Leaving Brexit Talks Early, Sources Say
日本語のタイトルと同じで、「早期終了の可能性」と書かれています。

・英ガーディアン紙
EU's chief negotiator challenges Theresa May directly over Brexit talks
どこにも「早期終了」についての言及ありません。

・デイリー エクスプレス
Bitter EU Brexit chief quotes WINSTON CHURCHILL in desperate swipe at Britain
どこにも「早期終了」についての言及ありません。



私は日本にいるので、もしかしたらメイ首相が意見を変えたのかな?と思い調べましたが、まだそれを証明するような記述は見つけておりません。

Brexitに関するここからの動きに関しては、明日にでも詳しく書こうと思っておりますので、楽しみにお待ちください


英国とEU







突然ですが、勉強会をやろう!ということになりました。今回は、上田ハーローFXさん の会議室をお借りしての勉強会となります。会場は40人近く入れますが、東京在住でない方は、WEB参加をお願いできれば・・と思います。

欧州やイギリスの話題だけでなく、取引をする際の悩み事や、それ以外の問題点などでも、全く構いません。一人で悩んでいても凹むだけです。一緒に解決していきましょう 


参加方法などの詳しい内容は、このバナーをクリックしてください。一人でも多くの方のご参加をお待ちしております 


Net Money


Brexitに向けての動き

最近結構ポンドが動いているのですが、オランダ総選挙やFOMCの陰に隠れてしまってますが、地味にいろいろ起きています。

ホッグBOE新副総裁 の進退問題、そしてBrexitに向けたメイ政権の動き

これ全部ブログに書く時間がなくて・・・ (すみません  )

もし皆様のお時間が合えば、今晩 WEBセミナーをやらせていただきますので、ぜひご参加ください。このセミナーは、今回の一時帰国で最初で最後のWEBセミナーです。

英国のBrexit関連、英中銀の問題に加え、セミナー前日に終了したオランダ議会選についてや、気になるギリシャ動向についても、話せることは全てお話しさせていただきますので、現地からの生の情報をこの機会にぜひお聴きください 

YJFXさんのセミナーは事前予約は必要ありません。当日 早めにログインして、お待ちください。


3月16日 木曜日  20時30分〜21時45分

詳細は、 こちらから!
Net Money

英国議会での動き

今のマーケットの旬の話題は、「フランス大統領選」ですが、一応 ロンドンから来てますので、最初は「Brexit最新情報」からお伝えしたいと思います。


*3月9~10日 EU首脳会談
今週木曜日から開催されるEU首脳会談(サミット)の席で、メイ首相はEU基本条約50条の行使を発表すると思われていました。

というか、この席で行使の発表をすることは、まだ十分に可能性としては残されておりますが、英上院でいろいろともめてまして・・・ これが全て明日 3月7日までに解決できないと、9~10日のサミットでの発表は無理だと思います。

当初の予定は、3月7日までに上院でBrexitに関する全ての案件を可決する  翌日 3月8日にハモンド財務相が「2017年度予算案を発表」  3月9~10日にメイ首相が50条行使を発表

こういうスケジュールでした。しかし、上院が

①現在英国に住んでいるEU国籍の人たちに対し、英国政府は永住権を与えるべきだ 
②それと引き換えに、EUに住んでいる英国籍の人たちは、今後も今迄通り、EU各国の医療サービスを受けられ、年金制度にも入れることを約束してもらう

という希望を出しており、メイ首相は首を縦に振っていません。そのため、この問題が明日までに解決されなければ、サミットでの50条行使に向けた発表は遅れざるを得ません。

英上院




*EUへの「600億ユーロ」の慰謝料について
英国で話題になっているのが、EU関係者から次々と飛び出してくる 「600億ユーロの手切れ金支払い」に関して・・・

週末日曜日の政治ショーに出演したハモンド財務相は、離脱に際し、手切れ金が必要であれば、英国は逃げも隠れもしないので、きちんと支払う・・・と発言しました。

しかし、英国議会付きの弁護士さんたちや、それ以外の英国の著名な法律家によると、EUが要求してきている手切れ金は、法律的に支払う義務は一切ないらしいんです。

これに関しては、当然ですが、「払わなければ、英国と離脱交渉は一切始められない」と主張するEU側、「法的に払う義務なんて、一切ないよ」という英国の法律家たち

今後、かなり揉める気がします。


ということで、まだわかりませんが、もし3月9〜10日のEUサミットで50条行使の発表がなければ、3月末までの「いつか」に延期される可能性が出てきます。

ただし、政府としては、是が非でも今月中に50条行使をする予定は変えていないようです。






ヨーロッパの企業トップの考え

明後日、日本に向けて出発します
未だに咳が止まらず苦しいですが、お蔭様で車の運転は出来るまでに回復しました。私は普段、バタンと倒れたりするんですが、風邪というものには、あまり縁がなく、引いても2日くらいですっかり回復していました。

が、今回はもう10日目くらいになります。そして、まだ咳が止まっていません。なんじゃらほい?

実は全く個人的なことですが、ものすごい「良いショック 」 が今朝ありまして・・・
あまりにもショックだったので、今日は仕事しません・・・ これを書き終えたら、日本に帰る時にもっていくスーツケース、買ってきます。

そのショックの方への特別メッセージ  「明日 2月28日 お誕生日、おめでとうございます 


*欧州委員会のサーベイ結果
「今年を通して、EU加盟国の中で、どの国について、貴方は心配していますか?」 という内容のサーベイを欧州委員会が実施しました。そして、結果がこちら!


欧 欧州委員会サーベイ
(クリックすると拡大します)


ヨーロッパのビジネス・リーダー達が心配している国のトップは、ギリシャ

そして、大きく差を開けて、2番目に心配されているのが、私が住む英国。Breixt元年ですから、仕方ないでしょう。

その次に心配されているのは、イタリアでした   さすがにここまでイタリアが心配されているとは、予想していなかっただけに、素直に驚きました。

そして、フランスの名前も見えます。


今年は、ひと波乱もふた波乱もありそうな予感がします。







3月4日(土) 美子トーク会
セントラル短資FXの口座をお持ちのお客さまを対象に、2017年3月4日(土)午前・午後の2回に分けて、
松崎美子さんと直接お話しできる各回定員10名さまのフリートークイベントを実施します。
★当イベント実施後に、当社TwitterなどのSNS投稿の拡散で、お土産をプレゼントします。

■申込方法
口座開設完了後、お客さま専用のページ「マイページ」へログイン。
トップページの「お知らせ」欄に表示されている当イベントのお知らせより申込みページへ移動できます。
申込みの際には、お客さまの取引口座番号の入力のほか、松崎さんへ「当日聞いてみたいこと」を必ずご入力ください。
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ