2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

ギリシャ、3年ぶりに国債入札を発表!

このブログでも何度も書いておりますが、ギリシャは自国で国債発行をして財政運営が出来ないため、他のユーロ圏加盟国やECB、IMFから金融支援を受けながら財政を切り盛りしています。

しかし、本日 なんと3年ぶりに、国債の入札を実施すると発表しました 


* 5年国債の発行
明日 7月25日に入札を実施するようです。

新規国債に加え、2014年に発行された5年物国債(利回り: 4.75%  入札額: 40億ユーロ  満期: 2019年4月)の買い替えも同時に行なう模様。


主幹事は全部で6行
・米シティバンク
・米ゴールドマンサックス
・米バンクオブアメリカ・メリルリンチ
・独ドイツ銀行
・英HSBC銀行
・仏BNPパリバ銀行

ギリシャ政府としては、今回の新規5年債の利回りを、4.2%あたりに抑えたいようですが、マーケットの予想としては、良くて 4.3%、悪いと 4.5%あたりに落ち着くのではないか?と見ているようです。


* 欧州の不安がどんどん払拭されていく 
自分達で自分の国の財政運営が出来ないという不安定な状況が続いていたギリシャ。今でも完全に不安が払拭された訳ではないでしょう。

しかし、今年最大のリスクと言われていたフランス大統領選も終り、政治的リスクが大きく後退したことに加え、金融政策の方面ではテーパリング観測が出てくるほど、景気見通しも回復したということになります

そのため、もしかしたら、ギリシャだけでなく、ユーロ圏全体にとって、2017年は【正常化元年】となるのかもしれません。

まぁ、9月以降 全員参加のマーケットになった時に、株が崩れる   とか、あらたな XXXX危機   のような出来事が起きなければ・・・という前提付きですが 


欧 ギリシャ






私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です 

Net Money


[ 2017/07/24 23:27 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)

メルケル独首相発言

Twitter では呟いたのですが、どこにもニュースが確認できず、右往左往していたら、やっと  ロイターに短い記事  が載りました。



* 中央銀行の独立性を重視するドイツの首相が、驚きの発言
中央銀行の独立性の重要さを強く問うドイツ
しかし、本日 メルケル首相は以下のような発言をし、それがユーロ買いに繋がっています。

「The European Central Bank's monetary policy is not yet where Germany would like it to be
We're not yet back where we want to be in terms of the ECB's monetary policy,

現時点でのECBの金融政策は、行くべきところまで、まだ到達していない」


「The good news is that all euro zone member states are growing again. Millions of new jobs have been created, encouraging us that we're on the right path

喜ばしいニュースとしては、ユーロ加盟国の経済は拡大し、何百万という新しい仕事が生まれた。これらのニュースは、我々ユーロ圏が望ましい方向に向かっていることを実証することにもなる」



最初の発言では直接的ではないにせよ、「早く緩和解除したら?」 という催促にとれるため、ユーロは上昇しました。

これまた Twitterでも呟きましたが、為替ディーラーだけでなく、ドイツ国債のトレイダーさんたちも、連日お疲れだと思います。この催促相場、どのくらいの賞味期限があるのか、見守りたいと思っています   


トレイダーたち






6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 




[ 2017/07/11 22:41 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

急上昇してきたドイツ国債利回り

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用






先週、このコラムでは【キャリー取引、復活か?】という記事を載せ、2007年から始まった世界規模の金融危機以降、主要国の中央銀行が導入してきた量的緩和策(QE)やマイナス金利政策を含む超緩和政策からの脱出の可能性について説明しました。

今週に入ってからも、この脱出観測は消えず、とうとうドイツ国債の利回りが1週間で2倍以上に高騰する結果となりました。

今回のコラムでは、長期金利上昇はどうして起きたのか?ドイツだけにおきた現象なのか?そのあたりについて、調べてみたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、


・第2四半期の主要国長期金利の推移

・長期金利差と為替の動き

米日金利差とドル円
独日金利差とユーロ円
英日金利差とポンド円

・ECBのテーパリングは、既に始まっている?

・ECB議事要旨もタカ派的内容

・ここからのユーロ





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>今週、ドイツ国債(10年物)の利回り(=長期金利)が一気に上昇した背景に、「ECBは、一部の加盟国の国債に対し、既にテーパリングを開始している」という話しがありました。先週のコラムでも書きましたが、「国債購入プログラム(PSPP)で、購入可能となるドイツ国債が、10月にも枯渇する」という話しに加え、オランダとフィンランドも枯渇懸念が出てきています。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 



キャンペーンのご紹介 
2017年4月3日(月)~6月30日(金) 営業終了まで

キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。
※当キャンペーンのご参加には、別途申し込みが必要です。



[ 2017/07/08 02:05 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

伊モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行、国有化

もう半年以上、いやもっと前から、いったいどうなるのか?と思われていた世界最古の銀行: モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ  (以下、モンテパスキ) について、イタリア政府は、国有化を発表しました。

この記事は、自分の記録用のものです。

伊モンテパスキ 2



*EU イタリア政府の公的資金注入を承認
EUでは、ギリシャ債務危機の時に、加盟各国が公的資金を使って銀行救済(ベイル・アウト) したため、一時的に財政赤字が大幅に増え、その結果 国債利回りが高騰した苦い経験から教訓を得て、現在は問題銀行の株主や投資家による損失負担 (ベイル・イン) を求めています。

それもあって欧州では、欧州銀行再生破たん処理指令 が導入されました。しかし、その指令の中には、

「予防的 かつ 一時的な資本注入の場合、この指令が適用されない」 という例外規定を設定しており、今回のモンテパスキ救済には、この例外規定が適用されたため、EUはイタリア政府の公的資金注入(ベイル・アウト)を  承認すると発表



*具体的な数字
モンテパスキ銀行は、82億ユーロの資本不足と言われており、

・イタリア政府  39億ユーロ
・株主と劣後債保有者によるベイル・イン負担額 43億ユーロ

となりました。

ただし、個人投資家が保有する劣後債については別扱いとなるようで、その分 15億ユーロは、イタリア政府が損失補てんに動くとも言われています。

蛇足になりますが、イタリアでは、金融機関の劣後債に個人が投資するのが普通らしいのですが、もし個人にも負担を求めると、社会問題になりかねないため、政府が損失分を補償するやり方に変更したようですね。

私の記憶が間違っていなければ、モンテパスキをはじめとするイタリア系銀行のベイルアウト資金として、イタリア政府は昨年末に、200億ユーロ相当の【追加国債発行】を認めたはずですので、それようの資金は手元にあると勝手に予想しています。

公的支援を受けるに当たり、モンテパスキは261億ユーロに相当する不良債権を売却するとも報道されています。

これで、長年問題となっていたモンテパスキ問題は、解決ということなのでしょうかね?




この記事を書いている間に、ECB議事要旨が発表されましたが、それなりにタカ派的内容がありますね・・・






6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 





[ 2017/07/06 21:21 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ金融支援、合意ならず

ブログの更新もロンドンFXチャンネルも、ちょっと遅くなってしまい、申し訳ありません  

来月末/7月はじめに販売される2冊目の本の校正が始まり、それに時間を費やしているところです。もうしばらくご辛抱いただけると助かります。


*ギリシャ金融支援、合意ならず
なんかねぇ・・・ もう聞き飽きた感 めっちゃ高いのですが・・・

ギリシャ向け金融支援に向けた協議のため、昨日 ユーロ圏財務相会合が開催されました。マーケットは、昨日の会合で合意できる!と思っていただけに、梯子を外された格好となっています。

これを受け、ギリシャ株式指数は1%ちかい下落、国債も売られています。

まぁ、国債が売られていると言っても、10年物利回りは、昨日の5.6%から、現在 5.78%に上昇しただけであり、【悪魔の7%】ラインは越えていません 


*どうして合意できなかったのか?
容易に想像できると思いますが、

IMF(国際通貨基金) と ユーロ圏 との間で、意見の相違があり、その溝が埋まらなかったためです。

何に対する 「意見の相違」 かと言えば、① 債務削減の実施時期 ②プライマリーバランス(基礎的財政収支)維持の見通し。


欧 ギリシャ 2017年債務




ユーロ圏
ギリシャは、2018年にプライマリーバランス対GDP比 3.5%の黒字 を達成できる。
2018年中にプログラムが終了しても、その後5年間に渡り、この黒字幅を維持できる。
ドイツやオランダは、債務削減交渉は、2018年プログラム終了後から開始が望ましいという考え
フランスは、債務削減交渉は、今すぐでも構わないという考え
ドイツは、IMFが融資団に参加しなければ、ドイツは追加融資をしない姿勢を維持


国際通貨基金(IMF)
ギリシャのように失業率 (23%)が高い国は、プライマリーバランスの黒字を5年間も維持できない
債務削減は今するにでも必要



とりあえず、6月15日にあらためてユーロ圏財務相会合を開催し、そこで協議を継続することになりました。
どうして、ここまで金融支援を焦っているかと言えば、ギリシャは7月に70億ユーロ規模の国債償還/利払いが待っており、この金融支援を受け取らなければ、デフォルトする危険性  があるからです。







最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田
[ 2017/05/23 20:45 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ