2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

伊モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行、国有化

もう半年以上、いやもっと前から、いったいどうなるのか?と思われていた世界最古の銀行: モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ  (以下、モンテパスキ) について、イタリア政府は、国有化を発表しました。

この記事は、自分の記録用のものです。

伊モンテパスキ 2



*EU イタリア政府の公的資金注入を承認
EUでは、ギリシャ債務危機の時に、加盟各国が公的資金を使って銀行救済(ベイル・アウト) したため、一時的に財政赤字が大幅に増え、その結果 国債利回りが高騰した苦い経験から教訓を得て、現在は問題銀行の株主や投資家による損失負担 (ベイル・イン) を求めています。

それもあって欧州では、欧州銀行再生破たん処理指令 が導入されました。しかし、その指令の中には、

「予防的 かつ 一時的な資本注入の場合、この指令が適用されない」 という例外規定を設定しており、今回のモンテパスキ救済には、この例外規定が適用されたため、EUはイタリア政府の公的資金注入(ベイル・アウト)を  承認すると発表



*具体的な数字
モンテパスキ銀行は、82億ユーロの資本不足と言われており、

・イタリア政府  39億ユーロ
・株主と劣後債保有者によるベイル・イン負担額 43億ユーロ

となりました。

ただし、個人投資家が保有する劣後債については別扱いとなるようで、その分 15億ユーロは、イタリア政府が損失補てんに動くとも言われています。

蛇足になりますが、イタリアでは、金融機関の劣後債に個人が投資するのが普通らしいのですが、もし個人にも負担を求めると、社会問題になりかねないため、政府が損失分を補償するやり方に変更したようですね。

私の記憶が間違っていなければ、モンテパスキをはじめとするイタリア系銀行のベイルアウト資金として、イタリア政府は昨年末に、200億ユーロ相当の【追加国債発行】を認めたはずですので、それようの資金は手元にあると勝手に予想しています。

公的支援を受けるに当たり、モンテパスキは261億ユーロに相当する不良債権を売却するとも報道されています。

これで、長年問題となっていたモンテパスキ問題は、解決ということなのでしょうかね?




この記事を書いている間に、ECB議事要旨が発表されましたが、それなりにタカ派的内容がありますね・・・






6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 





[ 2017/07/06 21:21 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ金融支援、合意ならず

ブログの更新もロンドンFXチャンネルも、ちょっと遅くなってしまい、申し訳ありません  

来月末/7月はじめに販売される2冊目の本の校正が始まり、それに時間を費やしているところです。もうしばらくご辛抱いただけると助かります。


*ギリシャ金融支援、合意ならず
なんかねぇ・・・ もう聞き飽きた感 めっちゃ高いのですが・・・

ギリシャ向け金融支援に向けた協議のため、昨日 ユーロ圏財務相会合が開催されました。マーケットは、昨日の会合で合意できる!と思っていただけに、梯子を外された格好となっています。

これを受け、ギリシャ株式指数は1%ちかい下落、国債も売られています。

まぁ、国債が売られていると言っても、10年物利回りは、昨日の5.6%から、現在 5.78%に上昇しただけであり、【悪魔の7%】ラインは越えていません 


*どうして合意できなかったのか?
容易に想像できると思いますが、

IMF(国際通貨基金) と ユーロ圏 との間で、意見の相違があり、その溝が埋まらなかったためです。

何に対する 「意見の相違」 かと言えば、① 債務削減の実施時期 ②プライマリーバランス(基礎的財政収支)維持の見通し。


欧 ギリシャ 2017年債務




ユーロ圏
ギリシャは、2018年にプライマリーバランス対GDP比 3.5%の黒字 を達成できる。
2018年中にプログラムが終了しても、その後5年間に渡り、この黒字幅を維持できる。
ドイツやオランダは、債務削減交渉は、2018年プログラム終了後から開始が望ましいという考え
フランスは、債務削減交渉は、今すぐでも構わないという考え
ドイツは、IMFが融資団に参加しなければ、ドイツは追加融資をしない姿勢を維持


国際通貨基金(IMF)
ギリシャのように失業率 (23%)が高い国は、プライマリーバランスの黒字を5年間も維持できない
債務削減は今するにでも必要



とりあえず、6月15日にあらためてユーロ圏財務相会合を開催し、そこで協議を継続することになりました。
どうして、ここまで金融支援を焦っているかと言えば、ギリシャは7月に70億ユーロ規模の国債償還/利払いが待っており、この金融支援を受け取らなければ、デフォルトする危険性  があるからです。







最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田
[ 2017/05/23 20:45 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)

マクロン大統領の英語が綺麗!

トランプ大統領がコーミーFBI長官を更迭したことを、いろいろ調べていたら、こんな時間になってしまいました。

今回の解任劇は、大統領が側近に解任を告げる手紙を持たせ、FBIに行かせたそうですが、本人のコーミー長官はカリフォルニアのFBI事務所におり、自身の解任の事実をTVニュースで知った・・ と書いてありました。

マーケットでは、イエーツ司法長官代行、フリン国家安全保障大統領補佐官がそれぞれ解任された時には、あまり動揺を見せませんでしたが、今回はロシア絡みということもあるようで、最悪の場合は 「リスク・オフ」となる可能性を指摘しています。

ある欧州系大手銀行も今朝の顧客向けレポートでは、「トランプ大統領が、またしてもやってくれた! このような予想もつかない行動を繰り返すと、マーケットに不安要素が増す。マーケットは不透明なことを嫌うからだ。この予想不可能な行動のおかげで、トランプ大統領と議会との関係がますます悪くなることもあり、注意が必要だと言えるだろう」   という趣旨のことが書かれていたようです。


*マクロン仏大統領のYoutube動画

私も昨日からYoutubeでの動画配信 を始めましたが、マクロン大統領のこの動画が、イギリスで話題になっています。





オバマ前大統領時代の気候変動関連の各種規制を撤廃したトランプ大統領に、真正面からぶつかっている動画です。

短い動画ですので私も全て聞きましたが、まず フランス人であるのに、フランス語の訛りがない!  これは驚きです。イギリスでも、彼の英語のアクセントが非常に上手であることを、何人もの人が指摘していました。

一番最後の 「France is your nation」  こういうことが言えるフランス大統領、いなかったなぁ と思いました。





最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田

[ 2017/05/10 22:29 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選: マクロン新大統領の誕生

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


大統領仏 マクロン 


欧州が抱える「今年最大の政治リスク」と位置づけられたフランスの大統領選挙。4月23日に1回目、そして5月7日には上位2名による決選投票が行われました。

今回のコラムでは、選挙結果に加え、マクロン新大統領とはどういう人物なのか?フランスはどのように変わるのか?考えていきたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、



・事前予想
世論調査結果
英国の賭け屋でのオッズ

・決戦投票結果

・マクロン大統領って、どんな人?

生い立ち
政治/職歴
選挙公約の内容

・マクロン大統領のここから
欧州寄りを鮮明に・・・
総選挙に向けて

・果たして下院の過半数議席を獲得できるのか?

・マクロン大統領のBrexitに対する態度

・ここからのマーケット







コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>総選挙の可能性として、以下の4つのシナリオがあると私は考えています。

1) 「前進!」党が下院の単独過半数以上の議席を獲得
2) 「前進!」党の議席が過半数割れし、少数派政権の誕生となる
3) 「前進!」党と社会党の連立
4) コアビタシオン(ねじれ国会)となる<<<





セントラル短資FXさんの【フランス大統領特集ページ】は こちら からご覧になれますよ 



どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




[ 2017/05/09 19:31 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

マクロン大統領誕生

先ほど、フランス大統領選・決選投票の最終結果が出ました。



大統領仏 マクロン 




*最終結果

マクロン候補  66.1% 2080万票
ルペン  33.9%  1060万票

白紙票  11.5%  407万票    史上最高の高い白紙票数
棄権  25.4%  1210万人     有権者の4人に1人が棄権  1969年以来、最高

マクロン氏の得票率は、1965年以降に実施された大統領選決選投票で2番目に高い数字だそうです。



*ポピュリズム勢力の後退 ?
私も昨夜寝る前に、マクロン大統領の勝利宣言  をテレビで見ました。
その時に流れた音楽が、 「歓喜の歌」でした。この楽曲は1972年に「欧州の国歌」となっています。つまり、就任早々、マクロン氏は、自身のヨーロッパ寄りの姿勢を鮮明に示したと、私は考えています。


今回のマクロン勝利で、ヨーロッパの 「ポピュリズム気運」が大きく後退するという報道をかなり目にします。個人的には、来年早々実施されるであろうイタリア総選挙で、もしかしたら流れがまた変わるのかな  と思ったりもしています。



*マクロン支持者の意見
フランスの有権者でマクロン氏に票を入れた人たちへのアンケートで、

「どうして、マクロンさんに票を入れたのですか?」 という質問に対し、一番多かった理由、たしか59%だったと記憶していますが、その理由は、「対外的にフランスの印象を良くできるのが、マクロン氏だから・・・」 という答えだったことに、驚きました

失業率が高いフランスで、有権者は対外的な印象を重視したという事実に、心から驚いたのです・・・ 







最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田

[ 2017/05/08 20:04 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ