2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

ユーロについて

週末に日曜日、オランダ中銀総裁のノットさんが、オランダのTV局のインタビューで、タカ派的なコメントをされました。

「ECBがQE策を(9月以降も)継続する理由は、現時点では、どこにも見当たらない。
だからと言って、それより前に突然中止にするのはECBのクレジビリティー(信用性)を損ねることになりかねない。
なので、ECBのQE策は、予定通り、2018年9月まで継続するのが一番良いだろう。

もちろん、ECBのQE策は、状況によっては、9月以降も継続可能であるが、現状では、継続する必要はない!というのが自分の考えだ。」


この方、ややタカ派の理事さんなので、まぁ この程度の発言はするでしょう。


欧 ノット総裁


たぶんですが、ECB25人の理事の間では、

ノットさんのように 「9月以降、QE続ける必要ないでしょ?」派と
ドラギさんのように 「まだまだ諸手を挙げて喜ぶには、早すぎるでしょ?ユーロ高でインフレ率、上がらなくなるかもしれませんよ!」派


これが真っ二つに分かれているんじゃないかな? と思いました。




* ECB内部のユーロ高に対するイメージ
ドラギさんの言葉を借りると、

「為替レートは、ECBの政策目標ではない。しかし、経済やインフレ率を決定するには、重要な手段である。為替レートに、ターゲットは設定していない。ただし、最近の為替マーケットのボラティリティーの高さは、不確実性の根源。 」

という認識です。

しかし、既にコンスタンシオ副総裁をはじめとするECB関係者3名から、ユーロ高けん制発言が出ていることも事実。
やはりマーケットに従事する私達にとって、今後もこの手のけん制発言の有無に注意したいところです。




* ユーロ高の要因
ドラギさんが記者会見で怒っていた   ムニューシン米財務長官の 「ドル安 ウェルカム発言」  

これもあって、ECBとしては、最近のユーロ高は

・ユーロ圏経済の改善を受けたものなのか?
・ドル安誘導(?)発言などによる 「外的要因」が、どのくらいユーロ高に寄与しているのか?
・ユーロ高によるインフレ率抑制は、どのくらいなのか?


という認識じゃないか?と思っています。

なので、私としては、そのあたりのファンダメンタルズを見ながら、ユーロを取引していこうと思っています。



最後になりますが、ここ数日のマーケットは、ドラギでもなく、イエレンでもなく、なんでもなく、ひとえに、米長期金利が2.7%とかまで上がって来ちゃったことで、株式の調整が入ってきた感じがします。

ここからは、しばらく この長期金利動向みながら、ポジション管理していくのが、正解ですかね・・・・

逆を言えば、米長期金利が2.7%超えて上がっても、アメリカの株式市場がへっちゃらなら、また年初のような動きにならないとも限らない。

点検作業が多いですね、今年は






Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/01/30 22:29 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

アメリカを(間接的に)名指しで非難したドラギ総裁

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用





1月25日、欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。今年のマーケットのコンセンサスは、「欧州の景気回復に伴い、欧州中銀(ECB)は金利の正常化に向けて動く可能性が高い。そのため、ユーロは上昇」となっており、年初からユーロ高を演じてきました。

今回のコラム記事では、25日のECB理事会での決定内容と、ドラギ総裁の発言に的を絞り、今後のユーロについて考えてみたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、


・ECB理事会事前予想

・ECBからの発表

政策金利・QE策・フォワードガイダンスについて

・ドラギ総裁記者会見

・ドラギ総裁記者会見中のマーケットの動き

・「ある特定の人物」を巡る憶測

IMF協定
ムニューシン米財務長官の「ドル安」誘導発言
ドラギ総裁発言

・ここからのユーロ





コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>IMF加盟国は為替レートを誘導することは禁止されており、この流れを引き継ぎ、G7やG20 会合でも、通貨安戦争と見なされる行為が認識された場合には、「財政・金融政策は為替レートを目標にはしない。為替レートを競争力強化の目的に使用しない」という文言を声明文に組み込む努力をしているのです。



4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


[ 2018/01/27 01:35 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

早々でてきたユーロ高懸念発言

欧州中銀(ECB)関係者の発言   が続いています。

この記事 でも書きましたが、年末年始にかけて、ECB理事4名が、今年9月でQE策は終了するのではないか? という内容の発言をし、ユーロが上昇しました。


ドラギ コンスタンシオ


今月のECB理事会  (1月25日)  でのドラギ総裁記者会見では、確実に 「ユーロのレベル」 について記者が質問すると思います。ドラギさんは当然 「為替レベルは政策手段ではない」 と逃げるとは思いますが、もしかしたら 彼なりの見解を何か述べるかもしれず・・・・  目が離せませんね





* 昨日の発言内容
3名のECB関係者が、最近のユーロの動きについて、発言しています。

過去のユーロ高局面でも、一番最初に懸念を表明するのは、例外なくフランス人でした。
今回の発言は、フランス・ポルトガル・オーストリア の関係者となっており、イタリア人が入っていないのが、不思議でした 



・ノボトニー オーストリア中銀総裁  ヴィエナでの講演で
私の気のせいでもなんでもなく、この人 よく発言しますね・・・ 他の理事より暇なんかい 

「the Euro must be observed
最近のユーロ高の動きを考えると、今後も監視が必要だ。」



・ビルロワドガロー  フランス中銀総裁  ドイツの新聞へのインタビュー

「The recent evolution of the exchange rate is a source of uncertainty which requires monitoring
ユーロの最近の上昇は不確実性の源であり、インフレを押し下げかねないため監視が必要だ。」


・ コンスタンシオECB副総裁  イタリア紙へのインタビュ

「I am concerned about sudden movements which don't reflect changes in fundamentals. Looking at fundamentals, inflation declined slightly in December
ファンダメンタルズの動向の変化を反映しない急激な動きについて、懸念している。ファンダメンタルズを見るとインフレ率は12月に若干低下した。」




* 過去と比較しても、早すぎるユーロ高懸念

年初からの上げがきつかったので、そろそろ、ユーロ高懸念発言、出てくるかな・・・  とは思っておりましたが、実効レートが 100にも乗らないうちに、これだけ出てくるのには、正直違和感を感じました。

過去の口先介入レベルは、一番低い場合が、104台
トリシェ前総裁時代は、108以上でした。



もちろん、その時の経済や財政状態により、104にならないから大丈夫  とかという線引きは、出来ません。その時、その時、ユーロ加盟各国が抱えている問題やユーロ圏全体の問題などを総合して、ECB関係者は発言するのだと、私は理解しています。


個人的に考えているのは、金利正常化へと動こうとしているECBにとって、できるなら このタイミングでのユーロ高は勘弁して欲しいと思うのが当然だと思います。

そのあたりの私の考えについても、1月24日の FXプライムbyGMOさん のWEBセミナーで詳しくお話しさせていただこうと思い、今日 これから資料を準備します。

このセミナーは、どなたでもご参加いただけますので、当日 楽しみにしています 
 




1月24日(水曜日)  20時~
「ポーランドズロチ取扱記念】第3回「2018年のユーロ、ポンド、ポーランドズロチ相場とマーケット全般を展望する」
ということで、ポーランドの基本的なファンダメンタルズを含むWEBセミナーを行ないます。

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 
Net Money




FXプライムbyGMO
[ 2018/01/17 21:21 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ECB議事要旨

  が発表され、ユーロがどか~んと  上昇しています。


個人的には、ユーロ/ドルが 1.20ミドル
ここを超えて上昇するようであれば、追っかけて買いたいですが、このレベルは 今のところ 静観中。
途中で気が変わるかもしれませんけど・・・ 



* ECB理事会議事要旨の内容
このユーロ買いに反応したのが、議事録の中のこの文章だったと思います。


「The language, pertaining to various dimension of the monetary policy stance and forward guidance could be revisited early in the coming year,
金融政策スタンスやフォワードガイダンスに関する文言を2018年早々にも、再考する可能性がある。」



「that risks to the current outlook were to the upside and may require a gradual shift in guidance in early 2018.
現時点での経済見通しは、上昇方向へのリスクが伴うため、2018年の早い時期でガイダンスの穏やかなシフトが必要かもしれない。」



ナポリでのECB理事会



ただし、読み進めてみると、ばら色  な内容ばかりでもありません。


・ユーロ圏を取り巻く先行き見通しは、バランスが取れている。リスクはどちらかと言えば、上方向だ 
 これは ばら色な内容です


・世界景気、下方リスクがある 
 これは ばら色ではありません。 というか、世界景気って 良くなっているんじゃないんでしたっけ


・地政学的な不安定要素に加え、いくつかの主要国における政策運営の不確実さなどを考慮すると、世界景気が下方リスクが生じると考える要因  
 そういうことですか・・・ わかりました


・しかし、↑のようなリスクは、徐々に消滅すると見る理事もいる 
  意見が分かれてるということで・・・ 


ECB理事達は、ユーロ圏に限っていえば、経済は回復基調から、拡大基調へと変化していると考えている 
 これ、とても重要


・ユーロ圏各国では、賃金についても前向きな傾向が見られるようになってきた 
  ユーロ圏の賃金上昇率って、経済指標にないんだけどなぁ・・・ PMIや労働市場調査の調査項目の中にあるくらいかな?  ありましたっけ?


風邪で頭が働いていないので、間違っていたら申し訳ありません






1月24日(水曜日)  20時~
「ポーランドズロチ取扱記念】第3回「2018年のユーロ、ポンド、ポーランドズロチ相場とマーケット全般を展望する」
ということで、ポーランドの基本的なファンダメンタルズを含むWEBセミナーを行ないます。

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 
Net Money




FXプライムbyGMO
[ 2018/01/11 22:47 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ECB理事会、10月が本番か!

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ドラギさん 12月





欧州中銀(ECB)金融政策理事会が、9月7日に開催されました。8月末の米ジャクソンホール経済シンポジウムで講演したドラギECB総裁からは、今後の金融政策の方向性に関する言及がひとつもなかったことを受け、9月の理事会の注目度は非常に高かったです。

今回のコラムでは、この理事会の詳細をお伝えすると同時に、今後のECB金融政策について考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、

・ECB理事会事前予想
ロイター調査結果
スタッフ予想について

・ECB理事会とドラギ総裁記者会見
金融政策に関する声明文発表
ドラギ総裁記者会見
スタッフ予想

・記者会見で気になった点
購入対象となる国債の枯渇問題
ユーロ高とインフレ見通しの関係

・ここからのマーケット




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>> 最近のユーロを見ていてかなり違和感があるのですが、それはユーロ加盟国の国債利回り(長期金利)が下がっている中でのユーロ高となっている点です。北朝鮮問題などの地政学リスクを受け、国債が買われているから仕方ないのかもしれません。しかし、タイミングがいつになるかわかりませんが、どこかで金利かユーロかのどちらかが大きな修正を迫られることになるかもしれません。相場に絶対はありませんので、気をつけていきたいですね。




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です   とうとう、第3弾まで来ました。 第3弾は、【ユーロ特集】です 

Net Money


[ 2017/09/09 00:41 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ