2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

ECB議事要旨

待ちに待った  ECB理事会(7月20日分) の議事要旨  が発表されました。

この発表を受けて、ユーロは下落中となっており、このままでいけば久々に週足が大陰線になるかもしれません。

昨日からのユーロを取り巻く環境の変化については、明日の セントラル短資FXさんのコラム記事 で詳しく書くことにします。



* 7月20日 ECB議事要旨
この過去記事で、7/20 ECB会合について、私の感想を書きました。

そして、先ほど議事要旨が発表されましたが、主な内容は以下の通りです。



・最近のユーロ上昇は、世界景気に対し、ユーロ圏経済を取り巻くファンダメンタルズが、特に改善されていることが挙げられる。しかし、このまま行けば、ユーロの水準は大きくオーバーシュートする懸念が出てきた

・最近ユーロ圏経済は改善し、将来のインフレ見通しも明るくなってきた。しかし、金融市場は、(これらの改善を考慮したとしても)やや引き締まり気味となるリスクがある。

・不必要な金融引き締めが生じないよう、ECB理事会は金融政策に柔軟性を持たせ、(引き締めすぎる場合は) 政策手段に幅を持たせる必要が出てくる。柔軟性については、緩和/引き締め両方向への対処の準備が必要。

・インフレ傾向に関しては、ジワジワと上向きとなってきたサインは見える。しかし、そのサインが継続的なものと確信できる証拠が欲しい。その確信が得られるまでは、緩和的政策の継続が好ましいとも言える

・国債をはじめとする資産購入プログラム(QE)は、ECB理事会が物価安定の維持を継続するためにも、中心的となる政策である



予想以上にハト派的内容であり、同時に 既に将来のユーロ高に対する懸念を表明しているのには、若干驚きを隠せません   というのは、5月には、メルケル首相が「ユーロは安すぎる」と懸念を表明していました。 たった3ヶ月で、ここまで姿勢が変わるのも、どうなんだろうか・・・  

いずれにしても、明日の  セントラル短資FXさんのコラム記事 で詳しく書くことにしますので、楽しみにしてくださいね 





私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です   とうとう、第3弾まで来ました。 第3弾は、【ユーロ特集】です 

Net Money




6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 



[ 2017/08/17 21:44 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ドイツ連銀理事発言でユーロ軟調

お盆休み、みなさん ゆっくりされていらっしゃいますか?

私は、普段 日曜日に10時間くらい働くので、基本的に月曜日は、午後サクッと仕事するだけにしています。

今日も、これからサクッと仕事する予定でしたが、ひとつ 締め切りを忘れていて 、これからみっちり仕事します。


* ドイツ連銀理事発言でユーロ軟調
ドイツの中央銀行である「ドイツ連邦銀行」の執行理事の一人、ドンブレット理事の発言で、ユーロがじりじりと下げています。

今週は、要人発言がほとんどないので、完全にノーマークとなっておりましたが、ドイツ連銀理事が訪問先の南アフリカで行なった講演での発言がきいたようです。

ロイターに出ていた記事ですが、ドンブレッド理事は、

「欧州中銀(ECB)が継続している量的緩和策(QE)は、現状にマッチしている政策である。いくつか理由が挙げられるが、ユーロ圏のインフレは未だにソフトであることが、大きな理由である。ここからのインフレ見通しを考えても、どんどん上昇に転じる根拠には、乏しい。」


という趣旨の発言をしたそうです。

ドイツ連銀のバイトマン総裁は、量的緩和策を終わらせる時期に来ているという内容の発言が何度もされておられますが、同じ連銀の理事でも、QE継続をサポートする人たちがいることが分かりました。

そのため、早ければ9月7日のECB理事会で、テーパリングの発表があるのではないか?という観測もありました。

いずれにしても、8月24~26日の米ジャクソンホール経済シンポジウムでのドラギECB総裁の発言内容が、9月からの相場を大きく左右することは、間違いないと思っています。



ドラギ君





[ 2017/08/15 00:11 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ユーロ版【テーパー・テントラム】相場スタートか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用




7月20日に欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。7月の会合では、3ヶ月に一度のマクロ経済予想であるスタッフ予想の発表はなく、通常では夏休みに入る前の挨拶程度の理事会となるはずでした。しかし、今回は理事会の1週間前にWSJ紙が載せた観測記事のおかげで、かなり関心度の高い理事会となりました。

今週のコラムでは、ECB理事会とドラギ総裁発言内容を紹介し、最近よく耳にする「テーパリング・タントラム」についても書いてみようと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、

・WSJ紙の観測記事

・ジャクソンホール経済シンポジウムとドラギ総裁との関係

・欧州中銀(ECB)からの発表

・ドラギ総裁記者会見内容

主な発言内容
ECBメンバーによる最近の発言

・ユーロ版【テーパー・タントラム】か?

・それ以外の通貨における【テーパー・タントラム】

主要国の金融政策スタンス
緩和終了/テーパリング観測 = 通貨高となっているか?

・ここからのマーケット
ユーロとドルの実効レート比較
ユーロとポンドの実効レート比較





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>> (各通貨の実効レートを比較した場合) 同じ「ユーロ買い」というストラテジーを組んでも、相手通貨によっては収益の伸びが変わってきます。もちろん、自分の得意通貨を徹底的に仕込むことは私も大賛成ですが、ポジションの一部を普段とは違う通貨で持ってみるちょっとした冒険も面白いかもしれません。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 



私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です 

Net Money


[ 2017/07/22 07:58 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(3)

ドラギ総裁のネクタイの色と理事会の内容

欧 ドラギ ネクタイの色
(クリックすると拡大します)


2016年1月(水色の丸)  ブルーのネクタイ
同年3月に、緩和策の拡大/追加を示唆
ユーロ急落


2016年3月(オレンジ丸)  青と赤のネクタイ
QE対象債券の銘柄あたりの購入上限拡大
QE額の増額(月額 600億ユーロから800億ユーロへ)
ユーロは、最初大きく下落したあと、マーケットのドル安が置き、結果としてユーロ高で終わる


2016年9月(ピンク丸)  ブルーのネクタイ
この頃から、現在も続いている  【長期金利上昇】 が始まった 



2016年10月(藤色の丸)  濃いブルーネクタイ
すべての決定は、12月の理事会で発表する と逃げた会合



2016年12月(黄色の丸)  ブルーのネクタイ
QE月額を、800億ユーロから 600億ユーロへ減額し、テーパリング疑惑 が騒がれた



2017年3月(黄緑丸)  ブルーのネクタイ
声明文内容が変更 され、経済に対する見通しが明るくなった


結論:
なんだか、ブルー系のネクタイが多すぎて、ネクタイの色と金融政策についての発表との相関性が、よくわからん

単なる時間の無駄に終わり、挙句の果てにECBからの発表も見逃した件・・・・・  


スタンプ  結構ショック






私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です 

Net Money


[ 2017/07/20 20:57 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(3)

欧州中銀、テーパー・タントラムとなるか?

テーパー・タントラム(Taper tantrum)

2013年春以降にFXを始められた方は、聞いたことがない言葉かと思います。

これは、2013年5月にアメリカの量的緩和策(QE)の縮小(テーパリング)観測を巡り、報道/中銀関係者の発言にマーケットがあっちこっちに振らされ、 「大きな動揺を招くすっとこどっこい相場」 となった時期を指す言葉です。

タントラム という単語は、癇癪(かんしゃく)のような現象を指します。

つまり、テーパー(テーパリング)・タントラムとは、 【テーパリング(Tapering)】と、【癇癪(Tantrum】を組み合わせた造語


それから4年経った今、今度は欧州中銀(ECB)の量的緩和縮小や利上げなどの金融政策変更の可能性が出てきたため、ユーロを取り巻く環境   通貨や株価、資金の流れが、「かんしゃく(市場が動揺する状況)」を起こす番なのでしょうか?


本日のECB理事会について、こちらの市場関係者のコンセンサスとまで強いものではなりませんが、一部の意見としては、

・ドラギ総裁は、これ以上のユーロ高を誘発するような発言は、避けるのではないか?
・これ以上のQE額の増額はアナウンスしないが、期間の延長という手段で、QE総額が結果的に増える という発表は、もしかしたらあるかもしれない


という感じで、予想以上にハト派的な感じになっています。

個人的には、本日のECB理事会の前に、どうしてわざわざ 8月のジャクソンホール経済シンポジウムに出席するリーク記事を、WSJ紙が流したのか? そのあたりがちょっとね・・・


欧 ドラギ







私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です 

Net Money


[ 2017/07/20 19:54 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ