2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

ECBのQE策、年内に終了するのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



欧 ドラギ総裁



4月26日、欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。今週のマーケットは、米10年物国債利回り(以下、長期金利)が2014年以来はじめて3%台に載せたことがメインテーマとなっており、ECB理事会への関心度はそこまで高くなかったと思います。

今回のコラムでは、ECB理事会からの発表内容をご紹介し、ここからのユーロについて考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・ECB理事会事前予想

・ECBからの発表・金融政策

・ドラギ総裁記者会見

ドラギ総裁の主な発言

・金融政策の見通しと景気減速について

・保護主義/貿易問題の脅威

・米長期金利3%達成について

・ここからのECB金融政策変更のタイミング

・ここからのユーロ







コラム記事の一部をご紹介しますと、


>>>「インフレ見通しへの影響に対するユーロの監視」というからには、ユーロ高に対しECBは懸念を持っていると受け取れます。(中略)   昨年から現在までにユーロ実効レートは8%、ユーロ/ドルは21%それぞれ強くなっていました。ECBがこれ以上のユーロ高を望んでいないとはっきり言ったわけではありませんが、気になりますね。<<<





4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨

・4月は、ご縁は全員大吉  (  4万通貨毎に12円キャッシュバックします)


Net Money



[ 2018/04/28 02:53 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

昨日のユーロ上昇

今頃になって、昨日のユーロ上昇について書くのは、後だしじゃんけんで、自分でも後味が悪いのですが、今年の激寒のおかげで、家のあちこちから水漏れがおきて・・・

ここで愚痴を書いても仕方ありませんが、ロンドンは超硬水のため、家の床の下や壁を通る排水/給水管に、ライムスケール(水垢)が溜まり、それが管をふさいでしまい、爆発した形で水漏れが始まります。今月はマイナス気温がずっと続いたこともあり、管の収縮がおき、それがきっかけでお水が洩れた模様。

が、今回 このような被害にあったのは、私だけ 


私の友達の一人が、ある日 夜中にふと目が覚めて、やけに雨音が強いし、ちょっと寒いと感じたそうです。「相当 雨が強いんだな・・・」 と思い、もう一度寝ようとしたけれど、やけに雨音が近くに聞こえる。そこで電気をつけたら、寝室の屋根が大きく抜けて、そこから雨が直接 入ってきた・・・ という恐い話し。

日本では、この手の話しは聞いたことはありませんし、自分でも遭遇しなかったのですが、イギリスではかなりの頻度で自分も遭遇するし、まわりでの被害の話しも耳にします。

で、結局 今回の工事のおじさんたちの結論は、じゃんじゃん漏るところは修理したが、天井にうすいシミがついていて、さわると やや濡れている感じがする箇所については、

「水が漏れてぽたぽた床に落ちたら、天井をくりぬいてみる」   という、完全に荒っぽいやりかたに決まりました。 毎日 気が気ではありません 




*  QEから利上げへ
昨日 ユーロがヒュル~っと上昇  

その理由は、ECB理事会での関心ごとは、QE策についてではなく、利上げに移ったという報道がきっかけだったようです。

最初 上昇の背景には、「ECB理事会のハト派に属する理事でさえ、QE策は年内に終了すべきである・・・という考え方になってきているという報道があるようだ・ と伝えられました。しかし、例えばこのブログでも、「ハト派理事が、QEを年内終了希望すると発言」 については、既に  今年1月に記事を書いています。  そのため、どうしてこのタイミングで、反応したのか? ちょっと疑問だったのですが、QE  利上げ時期へ議論が移ったのであれば、納得ですね。


これは、今月12日に行なった セントラル短資FXさん のWEBセミナーでご紹介した資料の一部ですが、私が考える 「ここからのECBの歩み」 を図にしたものです。

この中で、黄色い星をつけた箇所が、「最初の利上げ時期」 です。私は早ければ年末、遅くても来年上半期に、最初の利上げが実施されると予想しています。

本日のニュースを読むと、ECB理事会でも、来年6月までに最初の利上げを実施することに賛成する理事がかなりおり、議論の焦点は、どのようなスピードで利上げを実施していくか? に移行した可能性がある・・・ という内容になっていました。


欧 ECB利上げ時期の予想
(クリックすると拡大します)


ドラギ総裁の最近の発言では、緩和策継続の可能性を残す内容も聞こえてきますが、ここでもやはり 「金利の正常化」 が議論されていたということです。










「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル


Net Money



[ 2018/03/20 22:19 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

またしてもアメリカ名指しのドラギ総裁

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


欧 ドラギさん




週末に実施されたイタリア総選挙では、いくつもの驚きがありました。そして、今週木曜日に開催された欧州中銀(ECB)金融政策理事会では、声明文の中にタカ派的サプライズがありユーロは上昇しましたが、その後のドラギ総裁の記者会見でアメリカのトランプ大統領が発表した鉄鋼関税に対し強い言葉で非難し、ユーロは行って来いとなりました。

今回のコラムでは、ECBからの発表とドラギ総裁の発言をご紹介し、ここからのマーケットについて考えてみたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、


・ECB理事会事前予想
ロイター社が実施した事前調査結果 (2月26/28日実施)

・ECBからの発表・金融政策

・ECBからの発表・声明文 (Monetary Policy Decision)

要点抜粋
具体的な変更部分

・ドラギ総裁記者会見
主な発言

・マクロ経済分析:「スタッフ予想」内容

・またしてもアメリカに物申したドラギ総裁

1月25日のドラギ総裁発言
3月8日のドラギ総裁発言

・ここからのECB予想

・ここからのマーケット








コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>貿易戦争を始めても、勝者は誰もおらず、どの国も敗者となることは目に見えています。3月19日からアルゼンチンのブエノスアイレスで開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で、トランプ大統領の関税引き上げについて、協議されることは間違いないと確信しています。<<<





4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 







3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/03/10 02:00 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ECBからの発表 声明文

あと3分でドラギ総裁の記者会見ですが、さきほど ユーロがぽ~んと上昇したのは、以下の変更があったからです。


* 声明文 (Monetary Policy Decision)
声明文の変化  をわかりやすく表にしました。


欧 ECB声明文の変化
(クリックすると拡大します)







3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/03/08 22:27 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

昨日のドラギ総裁議会証言内容

1日遅れとなってしまいましたが  昨日行われたドラギECB総裁の議会証言について調べてみました。

予想以上に・・・ というか、予想通りに・・・というか、ハト派的内容となっています。

ここでは、ドラギ総裁の議会証言冒頭で読み上げた声明文 からのメインメッセージと、その後に続いた質疑応答での内容とに分けますね。

欧 ドラギ 議会証言席





* 声明文

・ECBの緩和策により、今後はインフレ率は徐々に上昇してくるだろう

・最近のボラティリティーの高いマーケットの中でも、特に為替動向には注視している。それが、物価安定の維持に与える影響に関しては、不透明感が高い。

・ユーロ圏経済の拡大傾向には我々も自信を深めており、結果としてインフレ率も上昇するはずであると考えるが、それが確認できるまで金融政策の調整は継続すべきである

・英国のEU離脱が「白紙の離脱」となる場合も想定し、欧州規制当局などの素早い対応が望まれる。事前準備を怠れば、いざという時に中央銀行が対応するツールがなくなる危険すらあるだろう。



* 質疑応答

ユーロ圏における経済の緩みは、予想以上に大きい可能性がある。

・ギリシャに対する追加(第4次)金融支援については、ECB理事会で協議しなかった

・QE策が今年9月で終了となっているが、その延長の可能性について理事会では協議しなかった。ただし、インフレ率は中銀目標の2%からは離れたレベルにいる。我々は目標値に向け、インフレ率が継続的に上昇してくることを、金融政策のゴールとしている。それを考慮した場合、QE策が終了したとしても、国債の再投資は継続するかもしれない。

・最近のマーケットで、通貨戦争は起きていないと認識している。ただし、最近のボラティリティーの高さにより、ユーロという通貨を取り巻く環境が不必要にタイトになることを心配している。





これね・・・・

9月以降のQE延長には反対で、そこで終了。
そして、9月で終了することを、夏前にマーケットに発表する

こういうスタンスの理事が結構多数いらっしゃいます。

しかし、少なくともドラギ総裁のお話を聞く限り、夏前のECB理事会(6月)に、QE策の終了を発表するようには、思えないんですが・・・・

まぁ、あと4ヶ月残っているので、絶対にない! とは決め付けられませんが、赤字でハイライトした 「ユーロ圏における経済の緩みは、予想以上に大きい可能性がある。」 この部分ですが、具体的にGDP比でどのくらいの緩みがあると想定されていらっしゃるのか? 知りたいです。

先日の英中銀四半期インフレーション・レポートでは、「英国では経済の緩みはかなりタイトとなっているため、インフレ率が上昇しやすい」 ということで、具体的な数値として GDP比0.25%かそれ以下 としていました。

ユーロ圏はどうなのかな? 調べればわかることなのかしら 






3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/02/27 22:09 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ