fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

はつめさんの質問(ポンド安支援)へのお答え


はつめさん、ブログ訪問ありがとうございます。早速 お返事を書いたのですが 字数が多すぎたのか 反映しません。ですので 記事にします。

赤い字が はつめさんからの質問です

初心者ですみません。変な質問かもしれませんが、
英国のことまったくわからずお許しください
英国はポンド安を支援しておりますが、やはり英国も日本のように
輸出企業が経済を支えている感じなのでしょうか?だからポンド安支援なのでしょうか?
ポンド安が経済を支えているような発言をされているので気になりました…
日本も今問題のTOYOTAはじめ電機業界など輸出企業が経済を支えている
ところもあるのですが、日本はデフレなのに円高で海外旅行には最高ですが
私は輸出企業なので給料が減って困ってます。
なのでFXをはじめようと勉強しはじめました。
勉強すればするほど奥が深くリスクが怖く口座開設できてませんがね
ポンド安と言ってくれる英国がうらやましいです。
日本は円高推進とまで思われているようですので、また給料が減ります

それにしてもこのレポートもあいまいでどっちともとれずよくわからないですね。
でも英国も決して経済状況が良くないことはわかります。
さて、日本と英国どちらが厳しいのでしょうかね



ご質問 ありがとうございます。はつめさんは 輸出企業にお勤めの方なんですね。給料が減るのも大変ですが 解雇の波は 大丈夫なのでしょうか?

ご質問への回答ですが ちょっと 曖昧になってしまう事を 予め お断りしておきます。

まず 英国は 日本のような「輸出大国」であるか?
答えは NOです。2007年から続いている世界規模の金融危機により ご存知のように 英国は財政赤字を垂れ流し続け ソブリン格付けまで危うい状態におります。昨年秋に発表された予算編成方針で 金融機関労働者に限定した賞与特別税(限定措置)を導入、同時に 年間収入が15万ポンド以上の人への所得税を40%⇒50%へ 上げました。これら高額所得者は 金融業界に多いので ダブルパンチです。これが原因で 英GDPの最大貢献業種である金融業界から反発をくらい 米ゴールドマン・サックスなどが 次々と 拠点移動検討を発表しています。

英国の財政赤字は もう どうにもならない限界レベルにまで達しています。片足を棺おけに突っ込んだ状態である英経済を支える業界は 今のところ 製造業くらいしか 残っておりません。ちなみに 具体的な数字を挙げますと 英GDPに於ける 製造業の比率は 僅か 12.4%、製造業と それに関連する業界を含めても GDPの15%弱にしか なりません。ですので 英政府、中銀も どれだけ製造業が頑張ったとしても それが景気を大きく回復し 雇用をどんどん創出してくれるとは 思っていないのでは ないでしょうか?しかし 事実として 製造業が景気下支えしてくれる間に 他の業界が元気をつけてくれれば リセッション再突入は避けられるという考え方かもしれません。

英財政赤字懸念、そして 格付け会社による英ソブリン格付け下方修正懸念もあり ポンドは下落の一途を辿っています。幸い 英国以外の欧州諸国をはじめとする世界中の国々の景気回復基調は 英国のそれよりもずっと強くなっており、それらの国に向けて 英輸出企業が製品/サービスを輸出出来れば マイナス成長は避けられるという可能性が 残るという計算に なります。

ですので 最後の頼みの綱として 藁にもすがる思いで 英国は現在 ポンド安を歓迎するような言動が続いてしまっていると言っても過言では ありません。今後 景気が回復し ロンドン・シティーの活躍が再開されれば ポンド安を誘導、歓迎するような発言は 減少すると思います。

最後になりますが 日本と英国の当局の通貨政策に対する違いは はっきりしております。英国は 通貨の価値は市場が決めるもの という姿勢を貫いております。ですので 上がっても下がっても 実弾投入という形での市場介入は ソロスさんのポンド攻撃以来 やっておりません。それに対し 過去の日本は 市場介入で無理矢理 円安に持っていくという行動を 何度も 取りました。

この記事がお役に立ちましたら ポチッ御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/02/04 22:30 ] マーケット | TB(-) | CM(8)
確かに過去の日本=自民党というのであれば、そうなのですが
民主党は、介入すること自体が悪みたいな風潮があるんですよね
(メディアに流されすぎだと思うのですが・・・)

もっと口先だけでも介入してほしいです。

でないと日本を豊かにする気があるのかと疑ってしまいます。
[ 2010/02/04 23:26 ] [ 編集 ]
日本は「輸出大国」ではないと思います
N20様のブログで私の発言は大変失礼とは思いますが、ちょっとだけ書かせてください。

>日本も今問題のTOYOTAはじめ電機業界など輸出企業が経済を支えている
>ところもあるのですが、

IMFのデータより各国の輸出/GDP 比率です。

韓国45%
ドイツ 40%
中国33%
イギリス 17%
日本 15%
USA 9%

ドイツ/韓国が貿易立国なのは我々のイメージ通りですが、日本の場合は輸出のGDPに占める割合は15%でありイギリスより低いのです。実は日本は思っているほど輸出に依存していません。(ちょっと前のデータなのでN20さんとは多少誤差があります)

ではなぜ、日本は貿易の国、円高で日本は終わりと言われるのでしょうか。
それはマスメディアのスポンサーがトヨタ・ソニーを始めとする輸出企業で占められているからです。彼らは為替で大きく収益が変わるため円安を強く望みます。よってマスメディアの論調も円高=悪者論を流すのです。マスメディアは輸出企業はCMの大手スポンサーですから。

今日本では円高によりユニクロ・ニトリ・外食産業など物が恐ろしいほど安く買えます。少ない円で多くの物が買えるので本当は日本は豊かな国になるべきです。(欧州に旅行に言った人が地下鉄の一区間が1000円といって驚いていました・・・)でも日本の企業は内部保留にお金をためるだけで株主や従業員に全く還元しないので、デフレスパイラルが続くのです。

輸出企業に勤める方には申し訳ないのですが、円高は日本にとって長期的には良いことです。逆に通貨安は自国が信用されないことなので、本当に危険です。

いっぱい書いちゃいました。本当にごめんなさい。
[ 2010/02/04 23:38 ] [ 編集 ]
名無しの方へ
ブログ訪問 ありがとうございます

恥ずかしい事に 私 未だに 民主党の方針とか 全然 勉強していませんので なんだか よく分かっていません v-13

これは 事実と反するとお叱りを受けるのを覚悟で書きますが、海外におりますと こちらの中銀はマーケットはマーケットに聞けという一貫した態度を崩しません。よほどの「事態」にならない限り 実弾介入などしませんし する場合は 協調介入という手段を取る事が多かったように記憶しています。現在は 日本も実弾介入を何年も実施しておりませんが 10年以上前 日銀による度重なる円安誘導介入には 半分 呆れてしまうという見方をしていた市場傘参加者も多かったのでは ないでしょうか?私は日本人ですので 日本の円安祈願は痛いほど 理解出来ますが 他の通貨当局との 介入に対する「気温差」は かなりあったように思います。
[ 2010/02/05 08:21 ] [ 編集 ]
KMさん
コメント ありがとうございます。

確かに「輸出大国」という書き方をすべきでは なかったかもしれませんね。お詫び致します

ただ 私が言いたかった事は KMさんが書かれている議論は あくまでも GDPを前提としてですよね。しかし もし GNPを前提とした場合は どうなるのでしょうか?

もちろん GNPは もう使用されておりません。しかし 1995年に82円という記録的円高を経験して以来 日本の企業は海外生産へと拠点を移動しました。私も詳しい事は 分かりませんが そういう企業の海外支店、子会社は連結子会社として成り立っていると思いますし、企業自体も 連結決算を採用しているところが ほとんどなのでは ないかな?と 勝手に想像しています。

円高になると 国外に於ける事業規模が大きい会社、例えば トヨタ等、は 業績悪化する傾向が強いのは 単なる偶然でしょうか?そして 業績悪化の最大要因は 為替差損 という事も よく耳にします。たぶん これは 海外拠点に於ける収支を 円ベースに直す為 円高になればなるほど 企業は苦しむというしくみ かな と理解しています。

私は輸出企業で働いた経験がありませんので 今 書いた事は あくまでも仮説ですが 本当のところは どうなのか知りたいですね(笑)
[ 2010/02/05 08:32 ] [ 編集 ]
名無しの方です。すいません名前つけます。
初めまして、LiveEです。

民主党の、というより首相のイメージですが
最近、言い得て妙だなと感じたのが以下のくだりです。


日本に正体不明の鳥がいる

中国から見れば「カモ」に見える。
米国から見れば「チキン」に見える。
欧州から見れば「アホウドリ」に見える。
日本の有権者には「サギ」だと思われている。
オザワから見れば「オウム」のような存在。
でも、鳥自身は「ハト」だと言い張っているようだ。


私は民主党には覚悟がないように感じる。
首相が失敗するかもしれないけど許してねって発言は駄目。
失敗するかもしれないが議員生命を賭ける!ぐらいでないと


少し便乗して輸出の話も。
僕は、大国かどうかは置いておきますが輸出企業と
輸入企業ではGDPに対する波及効果が違うと思います

トヨタの関連企業は中小零細がごまんと出てきますが
ユニクロではあまりでてこないでしょう。

波及効果を狙って各国は自国通貨安へ誘導しようとしてます。

詳細は Wiki 製造業 の波及効果で
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD

自国通貨安→経済復興の歴史は世界恐慌時の Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%81%90%E6%85%8C#.E6.97.A5.E6.9C.AC
が参考になります。

ちなみに私はIT業界です。
[ 2010/02/06 01:45 ] [ 編集 ]
LiveEさん
ブログ訪問ありがとうございます

鳥の文章 言いえて妙ですね。非常に楽しく拝見させて頂きました

ユニクロというところで 商品を買ったことがないので 分かりませんが、あの会社の製品は Made In どの国なのでしょうか?

[ 2010/02/10 23:12 ] [ 編集 ]
幾つかあるかと思いますが、
肌着にはベトナムって書いてありました・・・
[ 2010/02/11 20:13 ] [ 編集 ]
LiveEさん
コメントありがとうございます。ベトナムですか... 以前は イギリスでも ベトナム製のもの(特に 運動用の靴とか)が 盛んに売られていました。最近は 旧ロシアの国が増えてきたようです。子供の友人が ここにお泊りした時にバスタオルを忘れて行ったのですが それは ラトビア製となっていて 「ラトビアって 木綿とか取れないだろうなぁ。単なる生産拠点なのかなぁ」なんて 考えたのを覚えています。
[ 2010/02/12 02:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ