FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

アイルランド国境問題について

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



英 北アイルランド




ブログ読者の方や友達の個人投資家さんたちから、「メイ首相が支持するBrexit最終案って、どういう内容ですか?」をいう質問が届いています。ニュースを見ていると、次から次へとXXX案、XXX報告書と名付けられたものが登場しており、アップデートできなくなっている感じがします。

イギリスに住んでいても事情は似ており、いったいどの案が「最新版」であるのか、非常に混乱しているので、日本では尚更でしょう。

「Brexit案」の中でも特に揉めているのが、アイルランド国境問題です。そこで今回のコラムでは、メイ首相のBrexit案における「アイルランド国境問題・最新版」についてまとめてみました。





今回のコラム記事の主な内容は、


・そもそもどうして国境が必要になるのか? 

・EUのイチオシ解決策

・DUP党に逆らえないメイ首相

・メイ首相が支持するアイルランド国境問題 

・「合意されるまで」とは、どのくらいの期間を指すのか? 

・何のためのBrexitなのか? 

・ここからの最大の問題点
 
議会での採決
解散総選挙

・ここからのポンド





コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 欧州単一市場を離脱すれば、地つながりのアイルランド共和国と北アイルランドの場合、移動するモノがEU基準に沿っているか、品質検査が必要になります。

関税同盟を離脱すると、モノにかかる物品税(関税)が発生しますので、その徴収が必要になります。

これらの必要条件を満たすためには、両国間に「国境」を設置し、そこで作業を行なえば問題は発生しません。しかし、1998年に結ばれたベルファスト和平合意により、両国の間には国境を設置しないことが定められました。この和平合意については、EU・英国ともに絶対に譲れない点ですので、いつまで経ってもこの問題への解決の目処がつきません。<<<





2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ