2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

世界的長期金利上昇と株価調整相場

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用




2017年のマーケットを振り返ると、「ボラティリティーがなかった」「マーケットの値動きが、小さかった」という印象があります。それに比べ、今年は年初から、債券・株式・為替・商品そして仮想通貨全てにおいて、かなりのボラティリティーが見受けられます。

まだ今年がスタートして1ヶ月しか経っておりませんが、為替に関するボラティリティー上昇に一番貢献したのが、ユーロ圏(欧州中銀)の金利の正常化に向けた期待感でした。

しかし、ここ1週間くらいは、年初からのユーロ中心の動きからやや変化が見られますが、この新しい動きはユーロの時と比較すると少し複雑です。どういう動きかと言えば、アメリカをはじめとする主要国(日本は除く)の国債利回りに代表される「長期金利」が一気に上昇し、その煽りを受けた株式市場が、調整の下げを演じていることです。

今回のコラムでは、長期金利の上昇と株価調整、それが為替に及ぼす影響などについて、考えていきたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・長期金利上昇の背景

・長期金利上昇と株価調整との因果関係

・どうして、今回の動きは逆になっているのか?

・もうひとつの注意点

・株価下落調整の見極め

・ここからのマーケット




ps この原稿を書いたのが、木曜日午後(ロンドン時間)で、ドル円はまだ 109.40前後でした。
本日のドル円の高値が、この原稿で書いた「ターゲット・レベル」とほぼ同じでして・・・
ある意味、既にほぼ達成したという感じになってしまいました・・・ 




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>1月のマーケットを見ながら、私の中では、あるひとつの考えが浮かんできました。

それは、「主要国での金利の正常化が、今年のゲームチェンジャーになるのではないか?」ということです。






4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


[ 2018/02/03 02:49 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ