FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

イラク戦争を振り返って

本日より テニスファンにはお待ちかねの ウィンブルドン・テニス・トーナメント  が開催されます。こちらに住んでいますと ウィンブルドンが始まる = 待ち焦がれた夏   がやって来た! という 嬉しい時期なのですが、この週末 英国全土は 悲しいニュースのため 喪に服している状態です。

イラクで 2年間人質になっていた英国人5名のうち 2名の死体が 先週金曜日 イラクの首都:バグダッドにある英国大使館へ送りつけられました。週末は このニュースで持ちきりでしたが 昨日日曜日午後 解剖結果が出て その2名の氏名が公表されたわけです。

5名の英国人は 米企業ベアリングポイントのコンピューター専門家 そして 彼の警備にあたっていた(カナダの警備会社)ガルダワールドの警備員4名。5人は 2007年5月29日 バグダッド市内にあるイラク財務省から拉致されました。人質の無事解放を目指し 英国側がイラク当局などと緊密に連携しており 今年3月には 人質達を写したビデオが 在イラク英大使館へ送りつけられたばかり。

私は あまり このブログに政治的な記事を書く事は 極力 避けているのですが この週末は 遺体となって英国に引き渡された人達のご家族の気持ちを考えると 泣きたくなりました。

イラク戦争は 2001年9月11日アメリカ同時多発テロがきっかけになったのは事実でしょう。その翌年 当時のブッシュ大統領は 一般教書演説で イラン、イラク、北朝鮮を大量破壊兵器を保有するテロ国家と名指しで非難。2003年 国連の決議も得られぬまま 大量破壊兵器絶滅を訴え アメリカ、イギリス、オーストラリアは イラク戦争を始めました。当時のブレアー首相のアメリカ寄り外交は周知の事実でしたし 世界中が 当時の」サダム・フセイン大統領を憎んでいたのも事実です。しかし この戦争の根拠は希薄であった事は明白な事実であり それを裏付けるように イラク戦争が一段落しても 大量殺戮兵器は見つからず、駐イラク英軍からは頻繁に死者が出ていました。

英国では 当時 イラク戦争の正義を問うデモが後を絶たず 国民からの猛反発は 連日 新聞やTVで報道されていました。最終的には このような不毛な戦争を行い 英軍のイラク駐留を続行させた政府に対して英国民の不満が膨らみ、当時の英政府に対する支持率は低下を続け、ついに ブレア首相は退陣を表明したのです。

私は中東問題には からきし 弱いです。たぶん イラク戦争のきっかけとなったのは 9/11アメリカ同時多発テロではなく もっともっと根が深いものなのかもしれません。たぶん 中東地域の複雑な政治・軍事関係を考慮しなければ本質が理解できない問題なのでしょう。そうなると 中東問題の焦点であるパレスチナ問題の起源は 紀元前に遡らなければなりません。もっと 近い時点でパレスチナ問題を問えば 第1次大戦中,イギリスがパレスチナの地にアラブ人とユダヤ人双方に独立国家建設を認める矛盾した政策をとった事により ますます パレスチナ問題が複雑化したのかもしれません。

一日も早い残りの人質3名の解放が望まれる英国です

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/06/22 20:00 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
冥福をただただ祈るばかりです。
10日ほど前だったかイエメンでは5人のドイツ人、1人の英国人が誘拐されたままです。先週には彼らと一緒に誘拐された2人の若いドイツ人女性と韓国人女性の死体が発見されました。悲しいニュースが続きますね。イランの情勢も心を痛めるだけです。’世界に平和を’というメッセージは平和がないから叫ばれているような気がします。
[ 2009/06/22 20:53 ] [ 編集 ]
ご家族の気持ちを考えると、つらいですね。
ご冥福をお祈りします。

中東問題はアメリカの考える正義が通じるほど、単純ではないですよね。
悲しいけど、多くの混乱を作りだしただけ...。
中東問題は、中東の人の手によって解決しなければダメなのかも...。
何をもって解決と見なすかは難しいですけど。
[ 2009/06/23 01:30 ] [ 編集 ]
こんばんは。
私はロンドンの地下鉄テロの時にイギリスに滞在中でちょうど友人とバルセロナからロンドンに帰ろうとする空港でテロがあったことを知りました。
最初頻繁に入ってくるテキストに何か大変なことが起こったことを知ったのですが実感がわかないままでロンドンに帰国後、ゴーストタウンのようになった夜の街を見てはじめてテロが起こったことを実感しました。
大好きなロンドンのdiversityがいつまでも守られることを祈りつつ、亡くなった方々が安らかな気持ちでいらっしゃることをただただ祈る気持ちです。
[ 2009/06/23 22:44 ] [ 編集 ]
とらねこさん
イエメンの事件 私 知りませんでした。教えて下さってありがとうございます。

私達日本人には 本当の意味の危機感が欠けているので こういう状況に生まれついた方々とは 途方もない生き方の違いが生じてしまいます
[ 2009/06/24 00:30 ] [ 編集 ]
やーけいさん
私も全く同感です。民族、文化だけでなく<宗教>の違いというものは どうにも出来ない壁になってしまう場合がありますよね。

英国も IRA問題が解決出来ないくせに よくも まぁ 中東和平だと言えたものだ という気持ちもします

仰るように<何を持って解決>というのも 疑問ですね。まずは パレスチナ問題だと思いますが あれは一生 解決出来ないように思います
[ 2009/06/24 00:37 ] [ 編集 ]
tomoさん
そうでしたか、バルセロナの空港にいらっしゃたんですか....
あの日は 最初の爆発が起きた後 連続的にシティーでも次の爆発があるのではないか?みたいな噂が流れ 私も旦那さんに連絡を取ろうとしたのですが 電話は回線不通状態がかなり続きました。

回線不通の間 ちょうど ロンドンテロの数年前 旦那さんは 9/11で昔の同僚を亡くしたので 冥福を祈りに行こうと決め 家族でNY旅行をした事が思い出され 心配が絶頂に達したのを 今でも覚えています
[ 2009/06/24 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ