2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

ドイツ銀行社員に配られたメモ

本日と月曜日が、ロンドンでの最終営業日となりまして... 朝からバタバタと出かけておりました。

本日は、月末・期末なので、そうとういろいろな動きが出るだろうな・・・と思っていたら、ドイツ銀行の話しで埋め尽くされていました。


*ドイツ銀行CEO 全社員にメモを配る
ロイターに載っていた記事ですが、ドイツ銀行CEOのこの方
ドイツ銀行 CEO


全社員に向けて、「心配するんじゃない!」 という内容のメモを配った そうです。


主な内容は、

・ドイツ銀行の資本は、しっかりしており、このような噂で倒れるような弱い基盤ではない

・アメリカ司法省から課せられた賠償請求についての不透明感が、このような状態を招いた

・アメリカ司法省からの罰金問題があったとしても、現在のドイツ銀行の株価は正当性に乏しい

・ドイツ銀行の信頼性を失わせるように働きかける何かが存在する

・我々がなすべきことは、毎日の仕事に支障がでないことを、確実にすることである



*米司法省の動き
英FT紙によると、米司法省は住宅ローン担保証券(RMBS)販売問題をドイツ銀行とバークレイズ、クレディ・スイス・グループの欧州3行との間で一括して決着させたい考えだと、報じています。

ドイツ銀行単独ではなく、他の2行と一括決着すれば、市場の注目がドイツ銀から逸れることになるかもしれない・・・ とFT紙には書いてあります。

しかし、これって そんな簡単なことなんでしょうか?

逆に、「え? 次はバークレイズとクレディスイス?」 と、マーケット参加者は、ドン引きしないのでしょうか?

そもそも、3行あわせて賠償請求額がいくらになるのか知りませんが、これらの銀行のバランスシート、大丈夫なんでしょうかね?

次のストレス・テストまでに、時間があるんでしょうね、たぶん・・・・





上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/30 22:32 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ