2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

米連銀総裁達の発言内容

今週に入り、3人の連銀総裁たちが発言しました。ここでは、ダドリーNY連銀総裁と、ウィリアムズSF連銀総裁を取り上げます。


*ダドリーNY連銀総裁 (ハト派)
8月16日、米FOXテレビのビジネスニュースで特別インタビューを受けたダドリーさん。

そこで、ダドリーさんは、

「We are edging closer towards the point in time when it will be appropriate to raise rates further,
米経済は、もうそろそろ利上げしても大丈夫というところに近づいてきている。」

と答えました。そして、インタビューの方が、「そうなると、9月にも利上げするということは、あるのですか?」 という質問に対し、

「Yeah, I think it is possible.  はい、可能性としてはあるでしょう。」

とかなり前向きな発言をされていらっしゃいます。インタビューの最後のほうで、「米国の資産バブル (特に株式市場) についてどう考えるか?」という質問が出たのですが、それに対してダドリーさんは、

「I don’t see anything now that is particularly disturbing, I would argue the one area which looks a little bit stretched to me is the bond market.
(株式については) 気になって仕方ないことは特に思い当たらないが、強いていうのなら、国債市場がかなり伸びきっている感じはしますね。」 

とお話しされていました。

全然マーケットに関係ありませんが、ダドリーさんって、アメリカ人としては、結構早口の方だったんですね… はじめて知りました




*ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁 (中立/ややハト派)
ウィリアムズさんは、サンフランシスコ連銀のホームページに ご自身の経済リサーチノート を8月15日に投稿しました。

内容を読んでみると、中銀にとっての 「ニュートラルな金利水準」 は年々下がってきていることを考えると、中銀のアプローチそのものの見直しが必要なのではないか? ということを訴えていらっしゃいました。

FXをはじめて間もない方には、「ニュートラルな金利水準」 という言葉がピンと来ない方がいらっしゃるかもしれませんが、これは単に金融政策を中立なスタンスに持っていくということだけではなく、インフレ率は中銀が設定しているインフレ率ターゲット近辺で推移し、景気拡大もきちんと達成出来ている 「居心地のよい状態」 を指しています。


このリサーチの中でウィリアムズさんは、

「アメリカにとってのニュートラル金利水準は、今までずっと4~4.5%であったが、ここにきて、3~3.5% またはそれ以下に下がろうとしている。」 と前置きし、中銀のアプローチ方法を変更する場合、その手段として、


① インフレ目標(インフレ・ターゲット) の設定値を変更する 
② インフレ目標の設定値を柔軟に変更できるようにする
③ GDPのターゲットを設定する

これらを提案しました。

米SFウィリアムズ総裁 ニュートラル金利
(2回クリックすると大きく拡大する)


これら2つのチャートの最初のものは、ウィリアムズさんが考える 「米連銀にとってのニュートラルな金利水準」の推移を示したものです。1960年代からの長いチャートですが、ウィリアムズさんはニュートラル金利水準について研究されていらっしゃるそうで、それに関する資料が豊富だそうです。

2つめのチャートは、実際のリサーチに載っていたものを拝借しましたが、ここではアメリカだけでなく、ユーロ圏・イギリス・カナダそれぞれの 「ニュートラル金利水準」(インフレ調整済み) の推移を1980年から調べられています。

どの国も2008年秋のリーマン・ショック以降、ガクンと落ちていますね…



*ジャクソンホール経済シンポジウムでも協議されるのか?
中銀のアプローチそのものの見直しの必要性を提案したのが、ウィリアムズさんであるため、もしかしたらイエレンFRB議長も同様の意見をお持ちなのではないか  という疑問が沸いてきます。 というのも、イエレンさんは元サンフランシスコ連銀総裁でしたし、当時 彼女の経済アドバイザーのトップは、ウィリアムズさんだったので、お二人の考え方は非常に似ているからだそうです。

もし、イエレンさんがこの内容を、8月26日のジャクソンホール経済シンポジウムで提案した場合、9月からの相場が大きく動き始めることは間違いありませんが、その場合はドル売りになりやすいイメージでおります。









キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/08/17 22:37 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ