2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

FOMCに向けて、大手行の予想

本日はFOMCからの発表があります。

いろいろなコメントを読んでいて、もしかしたら誤解されていらっしゃる方もおられるようですが、本日は3ヶ月に一度のマクロ経済予測はありません。ですので、ドットチャートの発表もございません。当然ですが、イエレン議長の記者会見もありません。

本日発表されるのは、①政策金利  ②声明文 となります。


*大手行の予想
本日のFOMCに関する大手行の予想です。

1)英バークレイズ銀行
・政策金利 据え置き
・次の利上げ時期に関するヒントも、ほとんどない
・声明文では ①経済は改善基調が継続 ②労働市場も元気 ③今後の経済指標を見守る
・8月26日(予定)に開催されるジャクソンホール経済シンポジウムに、今年はイエレン議長が出席し、そこでのスピーチが重要。金融政策の変更/据え置きに関する発言に注意。


2)米BOAメリルリンチ
・声明文では、米国の景気は良好
・今後の経済指標を注視する
・9月の利上げについては、特に言及ないが、否定もしない
・当行は、次期利上げは12月と予想


3)独ドイツ銀行
・政策金利 据え置き
・声明文では、労働市場の改善ペースが若干緩やかになったが、特に問題なく、失業率の下落基調に変化なし と言及
・声明文は全体的にアップビート
・9月利上げの可能性については、特に言及なし


4)米シティーバンク
・FOMCに向けて、ドルはビッド(買い)傾向になると予想


5)仏BNPパリバ銀行
・政策金利 据え置き
・声明文は前回6月の内容よりアップビートになると予想
・インフレに関する言及は、あまり期待していない。しかし、ミシガン大・消費者信頼感指数での「長期インフレ見通し」が、6月のFOMCの時よりも改善されてきているため、前向きな表現に変わる可能性もあり
・(6月との違いは)声明文の冒頭に来る「米経済の現状」に関する言及の部分となるだろう 
 具体的には、
「growth in economic activity appears to be picking up 経済活動は改善してきている兆候が見える」 という文言が、「 it has picked up. 経済活動は改善してきた」に変更されると予想







私はファンダメンタルズを語るだけで、実際にFX取引をしていない と思われていらっしゃる方も多いそうです 

そこで、最近の私の勝ち/負けトレードを実際にご紹介することにしました。

ファンダメンタルズを根拠にした取引、テクニカルを使った取引、通貨の実効レートを参考にタイミングを狙った取引と、いろいろ書いてみました。一緒に勉強しませんか 


Net Money
[ 2016/07/27 20:19 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ