2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

ECB理事会予想

本日のECB理事会/ドラギ総裁の記者会見について、大手行の見方をご紹介します。

ドラギ君



・米シティーバンク
75%の可能性で、追加緩和はせず、全て据え置きを予想。ただし、ドラギ総裁の記者会見内容はハト派色の強いものとなる。場合によっては、9月の追加緩和実施に含みを持たす内容となるかもしれない。金融市場では、9月までに政策金利の10bpsカットの可能性は40%、12月までが80%となっている。

当行はユーロ売りで攻めている。ただし、ユーロ/ドルの1週間物オプション・ボラティリティーは低下しており、過激な動きはあまり期待できない。


・ING銀行(オランダ)
新たな追加刺激策の発表を期待するには時期尚早であることを考えると、マーケットの動きはあまり大きくならないだろう。ユーロ/ドルの上限は、1.1050/80あたりとなり、中期的には1.0850を目指す動きとなるだろう。


・BNPパリバ銀行(フランス)
お隣の英中銀が緩和に動かなかったことを考えれば、ECBに何かを期待するのは無理があるかもしれない。


・米モルガン・スタンレー
マーケット参加者は、Brexit後はじめてのドラギ総裁記者会見に注目するであろう。本日の理事会では政策金利などの変更はなく、やるのであれば9月まで待たなければならない。

もしドラギ総裁が追加緩和に前向きな発言をし、その内容が政策金利20bps以上のカットを示唆しているのであれば、ユーロは売られる。もし、量的緩和策(QE)実施期間の延長を示唆するだけに留まれば、ユーロは動かないだろう。

マーケット参加者が一番気にしているのは、現在の国債購入上限を変更せずに、どうやってECBがQEの延長が出来るのか、その部分である。たぶんこの議論も、9月に先送りされるかもしれない。

当行は、ユーロ/ドルは年末にかけて、1.18台に向かうと考えており、ユーロ買い/ポンド売りのポジションを保有している。


・米BOAメリル
どちらかといえば、本日の理事会はユーロ売りになりやすいイベントだろう。ドラギ総裁はQE策の延長について、口を開くかもしれない。マーケットでは、QE期間の延長は織り込み済みであるが、キャピタルキー廃止などの具体的な策が出れば、この部分はまだマーケットに織り込まれていないと当行では考えている。

いずれにしても、今後のQEについてドラギ総裁がどこまで言及するかによるが、本日ユーロが大きく動くとは考えておらず、ここからはレンジに入ってくるだろう。ユーロ/ドルが1.10を下抜けて大きく下がるには、①アメリカの年内/来年早々の利上げ観測が台頭する ②ユーロ圏の株式相場が急落する などの要因が必要となる。


・UBS(スイス)
本日のECB理事会では特に目立った発表はない。ドラギ総裁の記者会見では、英国のEU離脱(Brexit)についての質問や、イタリアの銀行に対する資本注入についての質問が多数でるだろう。

6月24日に発表されたTLTRO2の結果についても質問がでるだろう。

QE策の延長は(本日ではないが)確実に行われるであろうから、それに向けたハト派的なポジションは市場で作られている。そのため、ここからのユーロの方向性としては、上昇するリスクが出てくる。


・ABNアムロ銀行(オランダ)
本日のECB理事会はノン・イベントとなるだろう。その理由は  ①6月から始まったTLTRO2 ②社債購入の効果  ③Brexit後のインパクトを見極めたいことが挙げられる。早ければ来月の理事会ででも、追加緩和策が発表されるだろうが、内容としては、QE策の期間を延長し、毎月の購入額を、現行の800億ユーロから1,000億ユーロに拡大することを当行は予想している。


・英バークレイズ銀行
本日はノン・イベントになると予想する。マーケットは、今後の追加緩和の可能性を探る展開となるだろうが、正式な発表は9月の理事会になるだろう。




私はファンダメンタルズを語るだけで、実際にFX取引をしていない と思われていらっしゃる方も多いそうです 

そこで、最近の私の勝ち/負けトレードを実際にご紹介することにしました。

ファンダメンタルズを根拠にした取引、テクニカルを使った取引、通貨の実効レートを参考にタイミングを狙った取引と、いろいろ書いてみました。一緒に勉強しませんか 


Net Money
[ 2016/07/21 19:49 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ