FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

イギリスの格下げ報道に関して

今日わ!忙しくて 体調も イマイチで 目が廻りそうです。新しいPCを買ったので 自由にMT4が使える為 最近 為替取引にも手を出し始めました。約1年 為替から遠ざかっていたので 現在も リハビリの最中。MT4にかかりっきりだからでしょうか やけに目が疲れるし 肩が懲ります。頭痛も ひどくなってきました。何事も 始めたら トコトンやらないと 納得しない強情さが 体を悪くしているのでしょう...

さて 今更 わざわざブログに書かなくても 皆さん ご存知でしょうが ムーディーズとS&Pが 英国ソブリン格付け(トリプルA)の引き下げ検討 を報道しました。2年前から始まった世界規模の金融危機により 弱体化した金融機関救済策や 悪化した景気を建て直す為の景気刺激策の実施を迫られ 公的債務を膨らませた国は多々あります。スペイン、アイルランド、ギリシャ、ポルトガルは 既に格付けを引き下げられています。次は 英国 という噂は ずっとありましたが 今回の報道が 英2009年度予算案の内容を知ってからのものだった事が注目される理由となったのでしょう。

格付け機関が見直しをする理由として
1)2013/14年度までに 英国公的部門ネット債務残高が 1兆3,700億ポンド(GDP対比 79%)に達する見通し
2)今後5年間 公的セクター債務 (PSBR) は GDP比 5%以上で推移する

順序が逆になってしまいますが まず 2)今後5年間 公的セクター債務 (PSBR) は GDP比 5%以上で推移する について 最初にお話しします。
まず PSBRに関する記事は過去に3回書いてます。もし PSBRとは何か?分からない方は 是非 とことん追い詰められた英国財政事情 その1、 その2、 その3をお読み下さい。

昨年春 2008年度予算案が発表された時、ダーリング財務相は 政府借入金総額 430億ポンドと発表 →同年11月の予算編成方針では 780億ポンドへと増額 → (今年4月5日で 2008年度は終わり) 最終的な数字は 900億ポンド (GDP比 6.2%)と 当初予定の2倍以上に借金は膨れました。

今回の2009年度予算案では 政府借入金総額 1,750億ポンド (GDP比 12.4%)となり この数字は 2008年度予定の430億ポンドの4倍、最終数字の約2倍の金額となっています。ちなみに 2007年度の政府借入金総額は 346億ポンドですから その5倍強にあたる1,750億ポンドというのが 桁違いに大きな借金となる事は ご理解頂けたと思います。

信じられない事に 来年 2010年度 政府借入金総額は 2009年度とほぼ同額の 1,730億ポンド。これだけ 毎年 多額の借り入れが必要な理由として ダーリング財務相は 税収減を挙げています。

次は 1)2013/14年度までに 英国公的部門ネット債務残高が 1兆3,700億ポンド(GDP対比 79%)に達する見通し についてです。
PSBRの説明の為に 過去記事3つのリンクを貼りましたので それを読んだ方はお分かりだと思いますが 2009年度は 財政安定化規律 (ゴールデン・ルール、サステイナビリティ・ルール共に)をもとに英国財政が運営されていない事が よく判ります。労働党が1997年に政権を取った時 英国公的部門ネット債務残高は3,500億ポンド。英国統計局の数字では 2008年度が終わった4月5日の時点での公的部門ネット債務残高は 7,436億ポンド GDP比 50.9%になってます。

debt GDP ratio
このチャートは 主要各国の債務残高を示したものです。これを見る限り 英国は主要国中 一番 債務残高が少ない優等生 拍手 パチパチ となります。事実 本日のFT紙ブログでは これと全く同じグラフを載せた記事があり その内容は 英国がトリプルA格付けの見直し対象となっているそうだが 他の主要各国の債務残高は英国より高い という事実を述べていました。

この記事を読みながら 「ちょっと待った!」をかけてしまった私 jumee☆mad2 シティーで働いていた頃 「日本は 格段 家計部門の金融資産が大きく 同時に 日本の国債(JGB)は 日本政府等、日銀、国内市中金融機関と国内投資家の保有比率が8割以上を占め、海外の保有比率は10%未満。だから 何があっても安全である」 と 呪文のように何度も何度も この言葉をエコノミストに教え込まれていたので 忘れようとしても 忘れられないのです。
しかし こういうものは 数字を出してみないと納得出来ない体質になってしまっている私.... 悲しい調べましたよ、3時間かけて

古くて恐縮ですが GDP,家計部門金融資産の数字は 2006年、債務残高は最新版が手に入りました。

GDP (ドル) 世銀発表
日本 4兆3,401億ドル
英国 2兆3,450億ドル

家計部門金融資産(金融機関に於ける預貯金、債券、株、生命保険、年金等)
日本 約1,500兆円 (= 15兆ドル 1$=100円)
英国 3兆6,300億ポンド (= 5兆4,450億ドル £1=$1.5)

債務残高
日本 約1,082兆円 (= 10兆ドル)
英国 7,436億ポンド (= 1兆1,154億ドル)

債務残高と家計部門金融資産の年度が違うので 比べる根拠に欠けますが  まぁ 細かい事は忘れて(笑)下さい
これを見ると 確かに 日本の金融資産総額は 債務残高の1.5倍もあります。
しかし 英国を見て下さい!金融資産総額は 債務残高の4.8倍も あるじゃないですか?目 かおまる え~ jumee☆whyR jumee☆stretchingR2 jumee☆stretchingL2 (体操してる場合じゃ ないッス jumee☆sweat2Rb

あれぇ~ ・・・ 英国の家計部門金融資産は ハリファックス社の数字を取ってきたので 確実だと自信があるのですが それにしても 大きいですね..... jumee☆surprise2 もしかして 日本の金融資産には 年金が含まれていないのかな?だから こんなに差があるのかな?どなたかご存知ですか?(もう 5時間連続で書いているので 疲れて 調べる気になれない 墓ドロドクロmoz 誰か 教えて頂戴なぁ~~!

ダラダラ書いて 疲れたので 一旦 やめます。
言いたかった事は 雪だるま式に増える債務を懸念して 格付け見直し報道がされたのは 十分に理解出来ますが 数字だけ拾えば 英国は そんなに悪くないんだね! という事をお伝えしたかったのです。念の為に付け加えますが 家計部門の金融資産を 本日は例に取りましたが 同じく家計部門の実物資産を(金融資産に)加えたら 英国の数字は 凄いものになります。この1年で不動産価格は 20%下落しましたが それでも かなりの数字になります。

最後になりますが ある格付け機関のオッサンは 公的部門ネット債務残高が対GDP比で60%以上に達する場合 トリプルA格付けの見直し対象となり得る と言っていますが それだったら 英国以外にも いくつか ありそうですよね、見直しすべき国は....

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/04/25 06:43 ] 経済 | TB(0) | CM(7)
日銀が3月24日発表した2008年10~12月期の資金循環統計によりますと、家計部門の金融資産は株価の下落が響き、前年比で5.7%減の1433兆5167億円(名目GDPの約 3倍)となっています。
個人金融資産の規模を比較する場合は、株価や為替レートの変動の影響や各国の年金制度の違いにも影響を受けます。
それで、年金の件ですが、資金循環統計は、私的年金(個人で加入する年金型の生命保険や、企業年金など)のみを個人の金融資産として記録し、公的年金(厚生年金、国民年金など)は政府の金融資産としていますのでこちらは含みません。
少し古い統計ですが、個人金融資産の構成比(2001年末)を見ますと公的年金の役割が相対的に小さい英国では個人の保険・年金準備金のウエイトが高くなり、日本では27%であるのに比して英国は52%を占めています。因みに、米国30%、ドイツ29%、フランス26%となっています。
また参考までに、現金預貯金の割合は英国は24%、米国11%、ドイツ34%、フランス27%、日本54%です。残りは、株式や債券投資信託などです。
[ 2009/04/25 12:28 ] [ 編集 ]
N20さん、御無沙汰していました。
朝は、コメントを尻切れトンボのままにしてしまって申し訳ございませんでした。私共のPCの調子が悪くて取り敢えず、データだけ送信しておいたのです。
ところで、ブログパーツに日本の債務残高をリアルタイムに表す日本の借金時計なるものなどもありますが、それはそれは大きな額ですね。
財務省の発表では、平成20年12月末現在の「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」は約847兆円です。
平成20年度の一般会計は税収が歳入の6割強で、約3割は借金です。我が国のプライマリーバランスは火の車です。毎年新たな借金を重ね、借金を次代に先送りしている状態なんです。そりゃあ、日本は売られる訳ですよね。
内閣府が発表した平成20年10-12月期 のGDP速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比3.3%減、年率換算では12.7%減で、約35年ぶりの急激な落ち込みでこれをもとに円は大幅に売られましたよね。次の平成21年 1-3月期の公表予定は5月20日です。追加景気対策によってどれだけマイナスを抑えられているかですね。
日本はこのままではだめだと思うのですが、どなたかリーダーシップを取って下さる方は出現しないのでしょうかね。




[ 2009/04/25 20:30 ] [ 編集 ]
 日本政府の借金であるわけですし、それに、借金だけ取り上げたらたしかに大きいですが、政府は資産もありますからね。それに外貨準備もある。

 いつも思うのが借金だけを見てGDPと比べて世界的にこんだげ多いと言って不安をあおることですよ。
[ 2009/04/28 08:47 ] [ 編集 ]
初めてコメントさせていただきます
FX用に15分足チャートを使っての手法条件を
ブログに一部公開掲載してます
EMA指数移動平均を利用してのトレードです
無料公開分だけでも他の方にも価値があればといいなと思ってます
FXは駆け出しですが頑張ってます
お世話になりました
田原
[ 2009/04/29 19:05 ] [ 編集 ]
ハニーさん
あら?私 頂いたコメントに対するお返事を週末に書いたのですが 反映されていませんね! (今 気付きました) 大変 ご無礼な事をしてしまいました。ごめんなさい。しかし どうしたのかな?

詳しい数字 ありがとうございました。助かります!日本も英国も 借金漬け政府である事に変わりなく 次の世代だけでなく そのまた 次の世代への影響が心配されますね

PC調子 よくないですか?私 新しいデスクトップを買いました。どうして もっと早く買わなかったのか 後悔しましたよ(笑)
日本人の知り合い3名から 同じく PC買いました/買う予定です というメイルを頂いたのですが 日本のPCって 安いんですね?!
私が こちらで支払った代金の4分の1くらいです!

[ 2009/04/30 00:48 ] [ 編集 ]
ななしさん
コメントありがとうございます。

書かれていらっしゃる内容は もっともな事で <借金だけを見てGDPと比べて世界的にこんだげ多いと言って不安をあおること>という点は共感する部分があります。
しかし いくら 外準が多かろうが 資産があろうが 日本は依然として外需依存経済である事には 変化ありません。頼みの綱の貿易黒字も なくなり どうして もっと着実に内需依存型経済に移行しなかった (出来なかった?)のでしょうね?
[ 2009/04/30 00:56 ] [ 編集 ]
田原さん
ブログ訪問ありがとうございます。

そちら様のブログも拝見させて頂きました。移動平均線3本を使っての取引。シンプル イズ ベストでしょうか?
今後のご活躍を期待しております!
[ 2009/04/30 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ