fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03

FOMCでの決定

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


イエレン議長


私は長い間為替業務に携わってまいりましたが、米連邦公開市場委員会(FOMC )での利上げの有無に関する見方が、これだけ分かれたことはありませんでした。今回の会合に向けて利上げを支持する人達は、米国の雇用市場の健全さや景気回復のしっかりさなど、「国内要因を重視」しているようです。それに対し利上げ見送り派は、インフレ率が低水準であることに加え、中国の株価下落に端を発した世界的な金融市場の動揺など「国内だけでなく国外の要因」にも注目しています。

果たして9月17日のFOMCでの決定はどうだったのでしょうか?そして、同時に発表される経済予想やイエレン議長の記者会見を見て感じたこともあわせて、書いてみたいと思います。


主な内容は

・FOMC事前予想

・事前予想のシナリオ4つ

シナリオ1: ハト派+ハト派
シナリオ2: ハト派+タカ派
シナリオ3: タカ派+ハト派
シナリオ4: タカ派+タカ派

・FOMCからの発表
1)政策金利
2)マクロ経済予想の内容
3)ドット・チャートの変化
4)イエレン議長の記者会見と声明文内容

・まとめ



コラム記事の一部を抜粋しますと、

>>>FOMCでの金融政策の決定は、国内要因を非常に重視して、アメリカ経済にとって政策金利の変更が必要であれば、国外要因を排除してでも、変更に動くそうです。(まぁ、100%無視する訳ではないと思いますが…) しかし、この声明文から読み取れることは、今回の据え置き決定に対し、中国発の株価下落や景気減速に代表される「国外要因」が非常に重く影響していることです。今後さらに中国の景気減速や金融市場の混乱が続くようであれば、完全なるシナリオ変更とまでは行かなくとも、アメリカの利上げ期待はますます後退することにもなりかねません。そして、それがきっかけで、新たなリスク・オフ相場がやってくることもないとは言えないでしょう。<<<


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 

Net Money
[ 2015/09/18 20:19 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ