FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

ギリシャ支援延長問題

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


ギリシャ メルケル ツィプラス


ギリシャがユーロから離脱するかもしれない、デフォルトするかもしれない、という問題は2009年以降ずっと出ては消え、再燃しては押さえこんできた問題です。2012年には周縁国へも債務危機が拡大してしまい、Grexit (ギリシャのユーロ圏離脱 Greece+Exit=Grexit) という造語が登場し、ユーロ崩壊リスクが声高に叫ばれました。

今年になってから、2015年版Grexitがマーケットを騒がせておりますが、本日はそれについて、現時点で判っている限りのことを整理してみたいと思っています。


主な内容は


・2015年版ギリシャ危機とは?

・ギリシャ支援延長問題 : 時系列を追って整理してみる

・2012年と2015年、それぞれのGrexitの違い

・6月の償還スケジュール

・苦しいツィプラス首相

・6月5日の期限までに合意出来なかった場合

・ここからのユーロ




コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>ギリシャ危機を取り巻く状況の大きな変化は、2009年からの債務危機以降、ユーロ圏やEU加盟国が対応策を練り、ECBはユーロ圏の危機管理システムを構築してきたからに他なりません。このため、もしギリシャで何かが起こっても、それは欧州の小国の問題で収まると思われるまでになってきているということです。これらの対策に加え、3月から開始されたECBによる国債購入を含む量的緩和策 (PSPP) の導入により、ECBや加盟国の中央銀行が国債購入を毎日続けていることも、忘れてはいけません。 このPSPPの決定の際には、金融支援条件に順守する姿を見せないギリシャ新政権の決定を受け、ECBは国債購入の対象国からギリシャを除外しています。それもあり、国債購入プログラムに含まれた国の国債はどんどん購入されていますが、ギリシャだけが買い手不在のマーケットとなっているのです。<<<


スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/05/22 20:21 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ