FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

またまた ユーロ崩壊予想

昨年夏に起きた米・サブプライム危機を予想し 5億ドルの収益 を上げたHaymanアドヴァイサー社(米テキサス州ダラス) リチャード・ハワードMDが 今度は ユーロ通貨統合の崩壊を予言したそうです 絵文字名を入力してください。私も 昨年末に このブログにユーロの将来という記事を書きました。もし お時間が許せば 是非 お読み下さい

ハワード氏による この予想の最大の根拠は ドイツは ユーロ加盟国の救済を続けるよりも 自国の経済立て直しに専念する選択を選ぶ可能性が高いから というもののようです。まぁ 事実として 今年のドイツは 5月の大統領選、6月の欧州議会選、8月の3州における州議会選、9月の連邦議会(下院)選と 選挙に次ぐ選挙。当然 政府要人、各政党も 他国の救済より 自国の選挙民を意識した政策を優先せざるを得ない事になりかねません。

正直 私 このハワードさんが 一体 いつ サブプライム危機を予想したのか知りませんが、おじさん曰く 「僕が サブプライム危機を予言した時 誰も僕の言葉に耳を貸さなかった。しかし それは現実となった。今度 僕がユーロ崩壊を予想したとしても みんなの反応は(以前と)同じだろう」と 開き直ってます。こういう開き直りは 恐いですね、失うもの ないッスから....冷汗3

現在に到るまでに PIGSに代表されるポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペインが がたがたになってきました。しかし 今後は 私も このブログに何回かに渡って書きましたように (記事 その1記事 その2) PIGS以外の国 オーストリア等に飛び火 しそうです。既に 世銀、欧州復興銀行等が 東欧へ245億ユーロの援助の手を差し伸べていますが 欧州系銀行全体が保有する東欧をはじめとする新興市場諸国へのローン残高が3兆ドル以上である事を考えると この援助で問題が解決される事には なりません。

ドイツが ユーロ加盟国の救済より自国の建て直しに専念 →ユーロ加盟国の一部がデフォルトする可能性 → 世界の投資家による それらの国の国債投売り 又は 新規購入見送り → デフォルト →  ユーロ脱退 となるか?

先日 ここにも書いたペール元連銀総裁のユーロ崩壊予想もありますが、それと相反して ソロス氏は ユーロ圏の崩壊は ない と予想しています。

私個人的には ペール元連銀総裁が仰った言葉 「EU債権国による債務国への援助は パンドラの箱を開ける事になる」の行方を追ってみたいと思っています。

ユーロの今後は 時間が解決するしかないでしょう。起こる訳は ないとは思いますが 最悪中の最悪のシナリオとして考えられるのは ユーロ脱退するのが デフォルト国だけに留まらず ドイツ自身が ユーロ放棄とかいう事に なった場合かもしれません。もう 何が起こっても 驚かない ひよこ心の準備だけは 出来ています

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/03/02 08:26 ] マーケット | TB(0) | CM(4)
こんにちは

あり得ない話じゃないですよね。ドイツにしてみれば
自国も大変なのに脆弱な加盟国がお荷物でしょうからね。
それに、サブプライムは始まりだし、本番はこれからだから・・・
状況によっては、世界の秩序も変わるかもね。

パソコンの件はどうするか決まりましたか?
ビスタの不人気が一番の問題なんだけどね(笑)
[ 2009/03/02 14:20 ] [ 編集 ]
やーけいさん
今日わ
仰るように 東欧問題は まだ峠を越していないだけに 今後 どのような<負>の相場を展開するか分かりません。ユーロ崩壊という事が いますぐに現実化するとは 私自身も思っていませんが 閉められたドアの向こう側で どのような本音の議論が行なわれているのか 知りたいですね(笑)

ラップトップは 欲しいものが品切れと書かれていたので ちょっとだけ気落ち。今日 明日と ずっと外出するので 明日の夜/水曜日の朝に 在庫があるものを買います!
[ 2009/03/02 18:10 ] [ 編集 ]
ユーロの爆発
Author:N20 様

こんにちわ。いつもレベルの高い内容ですね。

さてユーロですが、私は売りました。ところでユーロ圏というのは債券国家(??国家ではないけど)なんでしょうか、それとも債務圏なのでしょうか?

日本では悲観論者たちの円暴落説が猛威を振るっております(?)。日本は確かに経済は最悪ですが、なぜに過去何年間もバブルを謳歌した欧米よりも醜い思いをしなければいけないのでしょうか?私は日本に居て好景気というのを社会に出てから経験した事がありませんが、負の出来事ばかりを背負わされるこの国ですが、本当におしまいなのでしょうかね。

予想どうり3月になってバタバタしてきました。でもアメリカは必死になっていろいろやっている事がよく分かりますが、ヨーロッパはイマイチ見えてきません。東欧の支援を一部拒否したらしいですが、アメリカと対照的ですね。

私個人的に思えば、アメリカよりもヨーロッパがすごい事になる、という視点はまだ変わっておりません。まだ明らかにされていない実態、高すぎるユーロ、とにかく、情報が伝わってこないことが最大の危惧であります。

旧東欧圏は西欧から借りた金を何に使ったかというと、投機が主であった、らしいです。そんなの、バブルが消えた今、返せるわけがないでしょう。時間を稼ぐだけ後に残すツケは大きいのかもしれませんね。
[ 2009/03/03 13:45 ] [ 編集 ]
himobakaさん
いつも 長いコメント ありがとうございます

ユーロ圏は債務圏のような気がしますが 正確な数字は持っていません。EU全体での経常収支は赤字です。今後 各国の財政収支は 今後 悪化するでしょうし、そこから 黒字改善するには時間がかかるでしょう。民間収支も減少方向を考えています。

欧州の東欧支援拒否は 財政的な事に加え 過度の保護主義を避ける事も含まれているのかもしれません。こちらにいると 米国の<保護主義>的動きが 恐ろしく見えるのは 気のせいでしょうか?英国にお住まいの経験がおありですよね、himobakaさん... 英国からは米国が非常に遠く感じ 日本に帰ると米国が非常に近く感じられます。精神的距離感でしょうか



[ 2009/03/04 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ