FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

ユーロ下落・10の理由

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




1月22日に開催される今年最初の欧州中銀(ECB)金融政策会合に向けて、いろいろな観測記事が出てきました。

本日も、ブルーンバーグが 「5,000億ユーロ規模のQE、実施か?」 という内容の記事を載せています。

今年に入ってから、戻しという戻しを見せずに下落しているユーロ。

本日のコラムでは、このユーロ急落の背景にあると考えられる 「10項目の理由」 を自分なりに考えてみました。


主な内容は、

1.新たなギリシャ危機の可能性

2.ギリシャのユーロ離脱について

3.国債購入を含む大規模な量的緩和策(QE)導入の可能性

4.QEの内容
財政ファイナンス
QEの購入対象国債
ドイツ政府の出方
Japanification

5.後手に廻るECB


6.外貨準備高の大きな変化  書いた本人がいうのもなんですが  ここ、メッチャ大事だと思います。

7.スイス中銀の動き

8.実効レート

9.ドル高モメンタムの継続

10.金融政策の方向性の違い

まとめ



コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>それでは、どうして私は、 2)ECBへの出資比率に基づき、「加盟各国の中央銀行が」国債購入を開始するという案が、結構いいアイデアだなと思ったのかについて書きます。

先ほども書きましたが、ギリシャでSYRIZA内閣が誕生した場合、彼らはギリシャ債務を踏み倒す(=新たな債務再編)気でいるため、ギリシャ国債の価値は、ほぼゼロになります。そして、ECBがやろうとしているQEの対象として、ギリシャ国債が含まれるという仮定で考えた場合、この購入を、(ECBではなく)加盟各国の中銀が実行した場合、その際の収益/損失の負担・クレジット・リスクは、ECBではなく、加盟国の中銀(=加盟国の財政収支に影響)が受け持つことなります。

少なくとも、ドイツの納税者がギリシャ国債から出た損失をカバーしなければならないというシナリオは消えますので、ドイツからQE実施に対する合意が得られやすくなるのではないでしょうか?<<<


スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/01/09 21:58 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ