FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

ロンドン住宅事情

本日は、3ヶ月に一度の歯科衛生に行ってきたのですが、この3ヶ月は歯の手入れをサボッていたら、本日なんと抗生物質の注射治療  となってしまい、今後4週間にあと2回、追加の注射を打たれる羽目に… 

日本と違い、病院で注射を打つ機会は皆無であるこの国、この抗生物質注射には、参りました…


*住宅市場、大丈夫か?
国際通貨基金(IMF)が、英国経済の悲惨さぶりを、ボコボコに非難した2012年… 
その景気低迷のどん底にいた英国が、いまではG7加盟国の中で、最高のGDPをはじき出すまでになった最大の貢献者(?)が住宅市場でした。

当然ですが、住宅市場が盛り上がると、建築機材や家具などの個人消費も活発になり、経済全体がお祭り騒ぎ  となります。

今年の夏頃には、とうとうロンドンで住宅バブル懸念  が出ましたが、その頃から密かに私が気にしていたのが、住宅ローン承認件数の減少でした。
スタンプ 下


*BBA(英国銀行協会)からの発表
本日、BBAが発表した9月分の住宅ローン承認件数は、

8月  41,361件  9月予想 41,500件  結果 39,271件

  前年同月比 9.9%のマイナス    2013年7月以来の低い数字


住宅ローン貸し出し総額も、
8月 11億8900万ポンド  9月 8億8100万ポンドとなり、
  2014年1月以来の低さ

私が住宅ローン承認件数の落ち込みに気がついたのが、日本に帰っている6月でした。ただし、夏はバカンスに出る人が多いため、季節的に住宅関連指標が弱くなる傾向があるので、「秋まで待ってみよう。」と、その時は思ったのです。

英住宅ローン承認件数 2014年9月分

         

水色のライン    ネーションワイド住宅価格指数 (左軸)
紺色のライン    住宅ローン承認件数 (右軸)  

住宅ローン貸し出し基準が厳しくなったことが原因なのか、不動産購入者自体が減ってきて、ここから不動産市場の低迷するのか、判断がつきませんが…   欧州の景気減速をまともに受ける  G7加盟国中、最高のGDPをはじき出した英国の景気動向が大きく変化するのか 


11月12日に発表される英中銀四半期インフレ・レポートとBOE理事達の記者会見で、最近の不動産市場の元気のなさについて、何か言及があるかもしれません。



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2014/10/23 23:01 ] 住宅市場関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ