2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

FED、QE4実施の可能性?

米国のインフレ期待値の低下 の影響もあるのでしょうか、昨日のFOMC議事録は予想以上にハト派的内容でした。


*残された金融政策変更手段
欧州だけでなく、アメリカでもインフレ期待値の低下について、最近議論が高まってきた気がします。

果たして、ドル高がある程度是正されれば、また2%に向けて上昇するのか?それとも、商品価格の下落など、ドル以外の要因もあっての現象なのか?判断が難しいところです。

最近、ビジネスインサイダーの記事 を読んだのですが、そこでは 「米国には残された政策変更手段がなく、ここから出来るのは、VE = Verbal Easing つまり口先介入で緩和期待度を高める」 というものでした。

この【残された政策手段があまりない】のは、アメリカだけでなく、ヨーロッパも同じだと私は考えておりますが、果たしてVEでどこまで成果が出るのか、疑問です。

ただし、今後インフレ率の低下が明確になったとしても、テーパリング終了後というタイミングや、政治的圧力もあり、新たな量的緩和(QE4)の実施の可能性は非常に低いと書かれていました。

まぁそう言われてみると、QE3規模の縮小(=テーパリング)が終わって、すぐ次のQE4というのは、全く期待しておりませんでしたし、そもそも雇用市場の回復とともに経済状態が良くなったからこそ、テーパリングの開始に踏み切ったはずです。

それが終了してすぐに、「はい、次のQE4です」 というのは、そもそもテーパリング実施の時期が早すぎた = FEDのクレディビリティー(信用性)が著しく傷つくことにも、なりかねません。


*やはり英>米か?
ここのところ、米英 どちらの当局が先に「金利の正常化=利上げ」に動くのか、議論が高まっておりましたが、昨日のFOMC議事録内容を見る限り、またしても、「英国が先みたいだね」 ということになってきました。

「欧州の景気低迷の影響に対して無傷ではいられない」 と発言したオズボーン財務相。今まで景気のけん引役であった不動産市場も、ここにきて踊り場の局面を迎えた印象が強いです。

主要国の第4四半期GDPがどうなるのか?今から少しだけ心配です



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2014/10/09 21:51 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ