2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スコットランド独立に関する住民投票

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




とうとう住民投票まで、残すところ6日となりました。
そして、出てくる世論調査結果を見ると、独立賛成/反対ともに、50/50といえる状況が続いており、全く予断を許しません。

本日のコラムは、スコットランド住民投票に向けて、《皆さんに知っておいて欲しいこと》を、すべてまとめてみました。

主な内容は

・住民投票に関する豆知識
投票から独立までの過程
投票での質問内容

・スコットランド経済に関する豆知識
スコットランド経済規模

・スコットランド経済の生命線:北海油田

・金融・通貨問題
独立スコットランドの使用通貨
Sterlingisationとは?
独立前と独立後
どうしてポンド使用にこだわるのか?
EU/ユーロ圏への加盟
独立スコットランドが直面するリスクのまとめ

・カナダ・ケベック州の独立に関する住民投票から学ぶ
ケベック州での住民投票に関する世論調査内容
ケベック州住民投票直前の世論調査と実際の投票結果
ケベック州の住民投票前後のマーケット

・スコットランド独立決定後の問題点 
英国が抱えた問題 → 核、通貨、政府債務、政治的地殻変動、EU離脱の是非を問う国民投票、2回目のスコットランド住民投票の可能性

スコットランドが抱えた問題 → 企業、失業率、通貨と準備金

それ以外の国が抱えた問題

・まとめ
マーケット予想

スタンプ OK たこちゃん


コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>独立後の使用通貨が未だにはっきりしていない点が、独立反対派やビジネス業界関係者が、独立を認めたくない最大の根拠となっています。サモンド自治政府首相はTV討論会で、「独立後は、「英国との通貨同盟なし」でポンドを継続使用する」という決意をあらたにしましたが、これは非常に危ない賭けとなるでしょう。ちなみに、こちらではそれをSterlingisationと呼んでいます。中米・パナマでは、通貨発行国の承認を得ずにドルを使用しており、それを「米ドル公式通貨dollarization」 と呼んでいますので、それのポンド版と言ったところでしょうか?<<<

どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ