2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

欧州中銀・各行予想

*GS
政策金利据え置き予想。今後の予想であるが、当行は40%の可能性で、政策金利カット/流動性供給措置の導入をすると見ている。

*バンカメ・メリル
政策金利据え置き予想。2014Q2のインフレ率予想は、0.15bps下げて、年率+0.8%くらいへ下げるだろう。低インフレ影響は、来年上半期にも影を落とすが、2016年の見通しには影響が出ないと見ている。

4月のインフレ率が(イースター効果で)上昇したこともあり、ユーロが強くなっているが、本日の会合では、ユーロに対するインパクトは、あまり期待していない。

ECBは当然、ユーロ高について言及するであろうが、ハト派的発言だけでは、何の行動も起こさない事実は、カバーできない。

*クレディスイス
本日のドラギ総裁記者会見は、ノンイベントとなるだろう。最近の経済指標を見る限り、政策金利カットに動くとは、思えない。緊急事態が発生していないからである。

記者会見では、インフレ率が若干上昇したのに、どのようにハト派的発言をして、マーケットにハト派内容のメッセージを送れるかであろう。リスクとしては、ハト派度が予想より低くなり、ユーロが強くなることくらいだろうか?

*モントリオール銀行
当行は政策金利カットなしと考えているが、マイナス金利導入の可能性はコンセンサスよりも意外と高いのかもしれない。

記者会見内容が予想以上にハト派的な内容となれば、ユーロは一旦緩むかもしれないが、一旦調整が終われば、1.3970/1.4000を試しに行くと考えられる。

ここからのユーロであるが、利下げを含む追加緩和策の導入がなければ、サポートは(たぶん、ここまで落ちないと思うが...)1.3715/1.3811、じれスタンスは、3ヵ月後をメドに、1.45台と考えている。これが実現する可能性は、25%

*コメルツ銀行
最近のドラギ総裁の講演などを聞く限り、早急な資産買い入れプログラム(QE)の実施は、ないようだ。一番あり得るシナリオは、SMP不胎化の中止だろう。ドラギ総裁は、「出来ることはなんでもやる」と語った人なだけに、追加緩和が必要であれば何でもやるという姿勢を見せるだろう。

*BNPパリバ
据え置きを予想する。ただし、「絶対に何もしない」と考えているときに中央銀行が予想外の行動を示すと、インパクトは大きい。

考えられる手段としては、SMP不胎化の中止・長期LTROの再導入・マイナス金利導入・QEなどがある。どの手段を使っても、まずは、短期金利を下げることに成功すれば、ユーロは自然と下がっていくだろう。

たぶんその場合、マイナス金利かQEを実施するのが、1.35台に向けたユーロ下落には即効性が高いと考える。

米国の長期金利が低下し、ドル安にプレッシャーがかかっているため、本日の会合に向けてユーロを対ドルで売るのは、気をつけたほうがよい。もし予想以上にハト派でなければ、かなり早いスピードで、1.40台へ突入する結果になるからだ。

当行は、会合に向け、ドルスイスの買い、ユーロ/カナダの売りポジションを保有している。

*シティーバンク
本日は据え置き決定を予想しているが、理事会は今後発表される経済指標で大幅に景況感が改善されない限り、追加緩和策導入の可能性は残ることを強調してくるだろう。

*ソクジェン
一番高い可能性としては、SMP不胎化の中止を、本日にも発表するかもしれない。記者会見でも、「たくさんの緩和策の手段を有する」と発言することは、間違いないが、それだけでユーロ上昇を止められるのか?ユーロはかなり高いレベルまで来ているのだろうが、1.4000やその上には、オプションのバリアーがあるだろうから、それをトリガーしに行くだろう。

*バークレイズ銀行
追加緩和策導入期待は、依然として高い。とりあえず今月は据え置きを予想しているが、予想よりも弱かった4月のインフレ率や、企業/世帯貸し出し状況を考慮すると、据え置き決定は、かなりギリギリでの決断なのでは、ないか?

ユーロは底堅く推移しているものの、レンジからは抜けていない。中長期的には、低インフレがユーロになんらかの影響を与えると考えている。

*クレディアグリコレ
4月のインフレ率が(3月より)改善したため、今月の理事会では据え置き決定をすると予想する。来月発表されるスタッフ予想は、インフレ率の下方修正がなされると思っているため、6月には政策金利カットが行なわれる確率が高まる。

ドラギ総裁は、「何でもやる」を繰り返すだろうが、QE導入を急ぐとは、考えていない。

インフレ見通しに関しては、5月15日に発表される「ECBサーベイ」が鍵を握るだろう。

ECBはSMP不胎化の中止を発表しようと思えば出来るが、先週の流動性供給のお陰で、過剰流動性額が、1500億ユーロを超え、EONIAも下がってきた。




もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/05/08 19:57 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ