FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

エリザベスさんの日記

これは エリザベスさんと御主人のポールさん(50歳と54歳の夫婦)、2人の息子(26歳と23歳、親と同居)に起こった実話を エリザベスさんの日記により御紹介します。

2006年3月
2万ポンドをかけて新しい台所を買った。今日は 新しい台所を使って 父の90歳の誕生日をお祝いする。この家に引越して来てから 7年がたった。今でも 7年前のあの日(1999年) この家が売りに出ていると不動産屋の店頭広告で見たのをはっきりと覚えている。この家に一目惚れした私達は その2日後に 15万9,500ポンドで売買成立まで持っていき その数ヵ月後に 私達の<夢の家>に移り住んだ

2006年4月
ポールは 2年前の2004年まで 年収 65,000ポンドだった。思い切って 自分で仕事をはじめ 現在のところ 軌道に乗っている。ポールは かねてから 60歳で引退したいと言っているので その為には これから10年間に 出来るだけ蓄えを増やさなければならない。

最近の不動産ブームを見ていると 私達も 賃貸用住宅を買ってみるのも いい考えではないか と思うようになってきた。それで 今月 住宅ローンの借り入れを 6万ポンド増額し それを頭金にして 11万ポンドの小さい家を購入した。毎月の家賃収入で住宅ローン返済がカバーされるので 全く 問題ない。10年後に住宅価格が上昇した時 売却しようと思っている。

ポールの仕事が非常に順調なので ポールは もうひとつ 他の会社を買収しようと計画しているようだ。

2006年5月
嬉しいニュース!ポールが仕事上のパートナーと組んで 印刷会社 (売り上げ 130万ポンド、従業員 22名)を 70万ポンドで購入した。ポールとパートナーは それぞれの自宅を抵当に入れ 他の投資家達からも資金を集めて 35万ポンドの資金を用意。残りの35万ポンドは銀行借り入れ、毎月 事業の利益を使って 払い戻す予定である。

私が不安では ないかって?全然!だって ポールは27歳の時から 税金(所得税)を40%払っている高額所得者だったんだから 彼の判断には 間違いは ない

ポールは お祝いに BMW Z4を購入、新しい仕事を手伝う息子にも 小型のRover車を購入

2006年8月
最近 ポールの顔色がよくない。新しい仕事の収益が 思ったほどではないからだと言ってる。今月は ポールは無給で働き 従業員の給与の一部は 私達の貯金から支払う事になってしまった。

その結果 今月の収入は たった500ポンド、毎月の住宅ローンと生活必要経費(食料、公共労金代、住民税等) 1,900ポンドを払う為に 貯金に手をつけなければ ならなくなった。一部の経費は 当座借越を使っている。食料品の買出しも 今までのマークス&スペンサーから 安売りのモリソンズへ変更。私が何か仕事を見つけて働こうと思うが それでも 毎月の生活費は 稼げない

2006年9月
最近のガス、電気代上昇のあおりを受けて うちにも 700ポンドという請求書が届いた。下の息子が 一部 支払い援助してくれると言ってくれた。

2006年10月
最近 毎朝起きると 吐き気がする。先日も ポールと 今後の金銭的な見通しを話し合おうとしたが どちらも 何も言葉が出てこない。最近では 息子達が 1週間の食料品の一部を負担してくれている。

最近になって 何度 住宅ローンが払えなくなり この家を抵当に取られるという悪夢を見た事だろうか

2006年11月
ポールは 破産法の専門家に会いに行く決心をした。まだ 破産すると決定した訳ではないが 印刷会社には 未払い資金の請求を訴える電話が なりやまず もう これ以上 私達の力だけで乗り切るのは無理だと判断したからである。

2006年12月
なんという寂しいクリスマスになってしまったのか........ 2人の息子達にはクリスマス・プレゼントとして それぞれ いつも通り 150ポンドの小切手を渡したが 息子達は遠慮して 現金化しない。

印刷工場に関する資金繰りは 貸し手に来年1月まで支払いを延期して欲しいと申し出ている。来年になれば 仕事も上向きになると ポールは自信を持っているから......

2007年1月
ポールの言う通り どうにか 資金繰りがついた。なんという嬉しいニュースだろう!ポールと私は お祝いの食事をしに レストランへ行った。外食したなんて 一体 何ヶ月ぶりかしら?食事代は クレジット・カードで支払った

2007年2月
印刷の仕事は 来るには来るが 絶対量が足りない。ポールと私は 生活必要経費をクレジット・カードに依存していたので とうとう カード残高が 5万ポンドになってしまった。

1年前までは 何もお金の心配もせずに 美味しいワインを飲んでいたが 今では クッキー1袋買うのでさえ 財布と相談しなければならない身である

2007年3月
夜中 ふと目を覚ましたら ポールが銀行口座明細書を並べて 何か 考えている。

賃貸用に買った家の住宅ローンは 賃貸料でカバー出来るが 修繕費等の経費が負担になってきた。ポールと相談した結果 売却しようと決定。嬉しい事に 息子2人が 買ってくると言うので 私達夫婦と息子2人連名で 住宅ローンの組み換えをした。他の人に売却せずに済んで ホッとしている。長期的な投資には不動産が最適であるという考え方は 変わっていない

2007年7月
最近 アメリカで クレジット・クランチという現象が起こっていると テレビでやっていた。一体 それが 私達英国人にとって どのような影響があるのだろうか と考えていた日 夕食の支度をしていたら ポールが帰って来て とうとう印刷工場のやりくりがつかなくなり 倒産が決定し 破産申告の可能性もあると言う。私は台所に膝まついて 震えが止まらなかった

2007年8月
ポールは 印刷工場の従業員を全員解雇し (自分の息子も含め) 自分のBMWと 息子のRoverも手放した。唯一 仕事がある上の息子が 僕が出来るだけ頑張る と言ってくれるが もう 涙が止まらない

2007年9月
ポールが仕事を探している最中に ノーザンロックのニュースが流れてきた。
金銭的に もうこれ以上 この家に住むのは無理になってきたので 泣き泣き 自宅を売りに出した。不動産屋では 40万ポンドという売値をつけてくれた

2007年11月
ポールは 政府の給付金 (生活保護等)が得られるかどうか 調べてみたら ずっと最高額の所得税を支払っていたにも関わらず 今のポールの立場では 何も得られない事が判明した。ポールは 毎日のように 仕事を探して履歴書を送っているが 何もいいニュースは来ない。毎月の住宅ローン支払いは 2,400ポンドに増額したので 私達は食費にも事欠く始末である。

住宅ローン支払い金額を毎月500ポンドまで減額してもらうよう 住宅ローンを組んでいる銀行へ手紙を書いた。なるべく早く自宅が売れるといいのだが.....

2007年12月
とうとう クリスマスの食料を買うお金も 底をついた。友人や家族が好意でくれたものを並べて クリスマスを祝った。当然 プレゼントの交換は ない。

クリスマスの前に 不動産屋から電話が来て 自宅の売値(40万ポンド)を 2万ポンド下げたらどうか と言われたが 断固NO!と断った

2008年1月
1月14日 ポールの破産申告が受け入れらえた。これにより ポールが最初からやっていた仕事も倒産した。
住宅ローン減額を申し出た銀行からは 何も連絡が来ない

2008年3月
最悪の事態になりそうだ。銀行から やっと手紙が届いたと思ったら 内容は (家の売却が完了しなければ) 今年の6月に抵当入りする可能性がある というもの。体の震えが止まらない
不動産屋に聞いてみたところ 不動産市場自体が 全く機能していない と言っている

ポールは 市役所に連絡し もし 自宅が抵当に取られた場合 どのような住宅を市は提供してくれるのか 聞いたら、間借りしか ない と言われて帰ってきた
(注:市が運営している市営住宅 - 一軒家 又は アパート -は 全く 空きが無いので 1件の家を 数家族で住む間借りしか 選択がない)

2008年4月
友人が 私達の自宅が売却出来る迄 毎月 500ポンド 住宅ローン支払いに上乗せして支払ってくれるという申し出があったので 早速 銀行へ連絡した。驚いた事に 銀行の返事は 抵当を避ける唯一の方法は 支払い不足分 プラス 必要経費 (合計 5万ポンド)を6月迄に支払う事の一点張り。こうなったら どうにかして それまでに自宅を売却しなければ いけない

2008年5月
ポールは 裁判所へ行って 私達が住む場所が見つかるまで 自宅の抵当引渡し日を延期してもらうよう 話して来た。

2008年6月
クレジット・クランチが どんどん深刻化してくる。家も売れない、ポールも 仕事がない。友人が 近くにある2部屋つづきの家の賃貸料を出してくれるから 今のうちに引越ししたら と申し出てくれた。情けなくて 涙が止まらない

2008年8月
とうとう 自宅の引渡し日になり 鍵を銀行へ渡した。
この2部屋つづきの家は 非常に小さい。息子達は 1部屋を共有しなければならない

引渡しの時 自宅の台所を整理しながら これで 私達は全てを失った と はじめて自覚した

2008年9月
私達の自宅は 正式に抵当物件となった

2008年10月
悪夢が終わった訳では なかった................ 最悪の事態だと思っていた事には まだ 続きがあった

私達の住宅ローン残高総額 25万ポンドが 抵当費用を上乗せした結果 33万ポンドへと増額!自宅の抵当物件としての価値を 銀行は 26万ポンドと決定したので 33万ポンド マイナス 26万ポンド =7万ポンドという借金が 新たに 私達を襲ってきた。私は 家を抵当に取られたら それで終わりだと信じていたので この新たな7万ポンドの借金は 完全に予想外の出来事である

ポールに続き 私や息子達も 破産申告をするべきなのだろうか、そして 破産した後 この新しい借金は 一体 どうなるのだろうか

Paul elizabeth
この写真は エリザベスさんとポールさんが 現在 住んでいる2部屋の家の前で写したもの

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


[ 2008/11/26 22:04 ] 経済 | TB(0) | CM(10)
私が読んだホラー小説や映画の何よりも怖いです。
国を訴えてもいいんじゃね? 自己責任なのは分かりますが、何か変だとは思います。
[ 2008/11/27 01:29 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/11/27 01:39 ] [ 編集 ]
ちばはむさん
お久し振りです。

何か変だと思うのは同感ですが 国を訴えるという部分は 反対です。イギリスに一度でも 住んだ事のある日本人は なかなか 日本へ帰りたがらないのですが その一番の理由は 自由があるからだと思います。しかし この<自由>は 非常に高くつく自由です。例えば 信号が赤でも<自己責任の元で>渡っても警察官に注意されません。そもそも 警察官でさえ 赤信号 平気で渡る国です。しかし 何かが起これば <自己責任>のもとで解決されます。これに反して 私が前回 帰国した時 富国生命ビルの前の交差点を赤信号で渡ったら 近くの交番から拡声器のようなもので 警察官に ”その女性 赤信号での横断は危険ですから 止めてください”と注意されてしまい 恥をかきました(笑)

このエリザベスさんの日記を読んでると 決定的な間違いをしていますよね
それは 御主人の仕事の拡張 と 賃貸住宅の購入 の時期です。2006年と行ったら ”これって バブルじゃ ないの?”と感じてもおかしくない状況でした。住んでいる地域にもよるでしょうが そろそろ新聞等でも そういう声が漏れ聞こえて来た頃だと記憶しています。たぶん ”あと10年で引退、それまでに 一稼ぎしておきたい、そして 他人が買って儲かってるから自分達も” という行動は やはり自己責任のものと行なわれたので 責任は 自分が取らざるを得ないでしょう。冷たい言い方になってしまうかもしれませんが それが この国での生き方だと思います。

いろいろな意味で 常に危機感を持ちながら生きていくように作られていますね、テロも含め
[ 2008/11/27 03:46 ] [ 編集 ]
秘信の方
ブログ訪問、そして コメントありがとうございます。そうですか、イギリスに住んでいらした事があるのですね。日本に帰られて いかがですか?日本の方が住みやすいとお感じですか?それとも 機会があれば また イギリスに住みたいですか?
学生さんでしたのかしら?それとも お仕事で こちらにいらしていたのですか?

このエリザベスさんは ヨークシャー近辺にお住みの方のようです。だから ノーザンロックが国営化されて 周辺の状況が一気に悪化したのだと 私は勝手に想像しています
[ 2008/11/27 03:52 ] [ 編集 ]
恐ろしい話です。

このような状況に置かれている人々が世界にどのくらいいるのでしょう?
今後の見通しはまだまだ暗いので困る人は更に増えるのでしょうね。

FXはまだまだ円買いで勝負しています。
[ 2008/11/27 18:54 ] [ 編集 ]
chibipaffさん
コメントへの返事が こんなに遅くなってしまった事 お詫びいたします。ごめんなさい

このエリザベスさん的立場の人は 英国では 結構いらっしゃるように思います。この方の苦しいところは 既に引退する年齢に近づいている事かもしれません。逆に言えば まだ30代とかですと 一発逆転のチャンスは ありますから....

この方も仰っているように 英国に住んでいますと不動産投資の魅惑に取り付かれてしまうのは 私も納得します。本当に その点は日本と違うところかもしれませんね
[ 2008/12/01 18:04 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/02 01:05 ] [ 編集 ]
秘信の方
ごめんなさ~~~い!返事 遅くなりました

高速がスローモーションというのは いつも 日本の高速は渋滞してるから という事かしら?
私がこちらに来て 一番 困ったな と思ったのは 水圧の弱さですね。御存知ようにイギリスの家のお風呂場は 2階にありますから シャワーの水圧がゼロ って感じ。最初は 髪の毛洗うのに 1時間くらいかかってました(笑)体は冷えるし....
仕方ないので いろいろな人に相談したら 水圧を高めるポンプを取り付けるといい と言われたので やりましたよ。10年くらい前で 3、000ポンドも ぼったくられた。後で聞いたら 500ポンドくらいで取り付けられるとか.... 酷い話しですね(笑)

秘信の方は こちらには 学生さんで 来られたのですか?それとも お仕事でした?
[ 2008/12/05 18:09 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/12 02:28 ] [ 編集 ]
秘信の方
お返事ありがとうございました。

昨年 アメリカ人の友人が 生まれて初めてイギリスに来て うちに3週間程 滞在しました。その時に発した言葉 ”イギリス人て 物凄くスピードを出して運転する”
そう言われてみれば そうなんですね。アメリカに行くと 本当に皆さん ゆっくり運転する。一般道路だけでなく 車の駐車場でも 実にゆっくり動く。それに比べ こちらは 結構 セカセカしてます

また 面白いコメント お待ちしてます!
日本は生活費が安くて いいでしょう?
[ 2008/12/15 06:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ