fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

EU離脱に関する世論調査

英国では、2017年までに、EU離脱・残留を問う国民投票 の実施が決まっています。当然、【EU離脱の是非をかけた国民投票】という言葉を聞けば、英国がまっさきに思い浮かびますが、それを望んでいる国民が多いのは、英国だけではなさそうです。

*YouGovの世論調査結果

YouGov社は、欧州連合加盟国 (今回は、ドイツ・フランス・英国の3ヶ国) を対象とした世論調査を実施し、その結果に驚いています 
スタンプ 驚き

・EU離脱に関する世論調査
最初のグラフは、EU残留・離脱に関する世論調査結果です。数字は、EU残留希望 - 離脱希望 となっており、数字が大きければ大きいほど、残留希望者が多いということになります。

緑  ドイツ
オレンジ  フランス
水色  英国
となっています。

この調査結果にはちょっと驚きました
スタンプ ハゲ

ドイツでは残留希望者が多いことは予想つきましたが、フランスでここまで低い数字になるとは、思っていませんでした。


・財政状態に関する世論調査

最初の調査結果の100倍驚いた  のは、この2番目の調査結果でした。
スタンプ うさぎ 石 固まる

緊縮財政策の長期化で、苦しいのは十分理解していたつもりでした。そして失業率が高いことも、判っていたつもりでした。しかし結果をよく見ると

・3ヶ国全ての国の住民が、財政状態が悪くなったと報告している
・フランスの数字が、あまりにも悪すぎる 

これは、国民性の問題なのか? それとも、本当にヤバイのか? 判断に苦しみます。


・自国政府に対する評価

最後のグラフですが、これまた財政状態同様、3ヶ国ともにマイナス  不満に感じてる人達の方が多いという悲しい結果となっています。


欧州のEU加盟に関する見方
(2回クリックすると拡大します)




まぁ、どの国の有権者も、多かれ少なかれ自分の国の政府には、思うところがあるのは当たり前のことですね  しかし、忘れてはならないのは、来年5月に欧州では議会選挙があるんです...

その選挙に向け、既に【反欧州】系の政党は、国境を越えて力を合わせると宣言しました。(英国のUKIP党を除く)

この調査結果で、これだけフランスの反欧州・反政府姿勢がはっきりしてしまった今、来年の欧州議会選挙に向け、こういう力が一気に強まることも考えられます。

来年は、アメリカでも中間選挙があるので、『2014年は、選挙年』となるのか?

でも、楽しみだな~、動いてくれれば、いいです、私。無責任なの判ってるけど

スタンプ OK たこちゃん


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2013/11/12 23:49 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ