2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

英雇用統計結果

英中銀が発表した フォワードガイダンスの条件とされているのが、【失業率 7%】という数字。

これが発表されてから、英国の失業率も、米国並みの注目度  を集めることになりました。

*本日の発表内容

・7月までの3ヶ月の失業率は、7.7% (予想: 7.8%)

・同時期の失業者数は、24,000人の減少  失業者総数: 249万人

・失業保険申請者数は、32,600人の減少  失業保険申請者総数: 140万人  この数字は、2009年2月以来、最高に低い水準となりました 

・週単位の平均賃金上昇率(6月までの3ヶ月)  ボーナス込み 年率1.1%、ボーナス抜き 年率 0.6%

・7月までの3ヶ月の雇用率は、71.6%  前月の71.5%より若干改善

・雇用者数は、2984万人  前期より8万人増  前年比で27万5000人増

・7月までの3ヶ月の間、フルタイムで働いている人の数は、9万5000人増  フルタイム総数: 2,179万人  労働人口の73%を占める。

・7月までの3ヶ月の間、パートタイムタイムで働いている人の数は、1万5000人増  フルタイム総数: 805万人 

・16~17歳の失業率は、38%  私が住む英国の義務教育は、16歳まで

・18~24歳の失業率は、18.9%

・8月までの3ヶ月間の求人数は、531,000件  前期比 7,000件増  前年比 53,000件増


*本日発表された数字を見て...

数字自体は、しっかりと改善基調が見えているのですが、平均賃金が全然戻ってないのが、気になりました 

英平均賃金チャート

これは、インフレ率と賃金上昇率を比較したチャートです。

青線  ボーナス込みの給与
水色線  ボーナス抜きの給与
黄色線  インフレ率

これを見る限り、世帯所得は伸びているどころか、減っていることが判ります。しかし、インフレ率はなかなか落ちてくれません。

これをみる限り、英国のGDPの77%を占める消費を含むサービス部門の伸びが、大きく改善されるとも思えません。もちろん、製造業は最大輸出相手国である欧州が景気回復してくれているので、伸びていますが、やはりサービスセクターとは比較にならない規模でしょう。

英景気改善期待がドンドン高まっているだけに、この平均賃金上昇率が非常に気になりました。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/09/11 19:19 ] 経済 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ