FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

年末までの欧州でのイベント

昨夜は1990年代にロンドンで一緒に遊びまくった日本人のFXディーラー達と飲みました。海外出張に出ていた三菱東京UFJ銀行のディーラー以外、全員集まり、もうみんな昔に戻って飲むわ、騒ぐわ 

当時は全員が「単なるインターバンクのFXディ-ラー」だったのですが、今回名刺交換をしたら、大銀行の「執行役員」になってたり、皆さん本当に出世  されてました。その中で一番気になった  のが、昨日集まった面子でかなり多くの人たちが、年金運用のシニア・ファンドマネージャーであったり、シニア・ポートフォリオマネージャーだったこと。あのオッサン達が私達の年金を運用しているという事実は非常に怖いものがあります 

*欧州でのイベント

米WSJ紙に載っていた、ここから年末までの欧州での主なイベント

11月22~23日
EUサミット

11月25日(日)
スペイン・カタルーニャ州議会選挙

11月26日(月)
今月3度めのユーロ圏財務相会合

11月27日(火)
スペイン短期債入札
イタリア国債入札

11月28日(水)
ドイツ国債入札
イタリア短期債入札

11月29日(木)
イタリア国債入札



12月3日(月)
ユーロ圏財務相会合

12月4日(火)
EU財務相会合

12月5日(水)
ドイツとスペイン、それぞれ国債入札
アイルランド政府、35億ユーロ規模の緊縮策を組み入れた2013年度予算案明細を発表

12月6日(木)
英中銀金融政策理事会
欧州中銀金融政策会合
ドラギECB総裁定例記者会見
フランス国債入札
EU・第3四半期GDP改定値発表

12月7日(金)
ギリシャとポルトガル・第3四半期GDP改定値発表

12月10日(月)
イタリア・第3四半期GDP改定値発表

12月11日(火)
スペイン短期債入札
ギリシャ短期債入札予定

12月12日(水)
イタリア短期債入札

12月13日(木)
イタリア、スペインそれぞれ国債入札

12月13~14日
EUサミット

12月14日(金)
ギリシャ、41億5,000万ユーロ規模の償還日

12月18日(火)
スペイン短期債入札

12月19日(水)
ポルトガル短期債入札

12月27日(木)
イタリア短期債入札

12月28日(金)
イタリア国債入札
フランス第3四半期GDP確定値



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2012/11/23 15:29 ] マーケット | TB(-) | CM(2)
英国のインフレについて・・・
ご質問があります。


イングランド銀行(イギリス中央銀行、BOE)が11月7、8日に行った金融政策委員会(MPC)の議事録を公表。内容としては、今後はどちらかというと利上げが視野に入ってきているとのことですが、どうして英国はインフレになりやすいのでしょうか?
[ 2012/11/26 11:15 ] [ 編集 ]
スタンフォードブリッジさん
ブログ訪問ありがとうございます。

来年夏から新しい総裁に交代するので、そこから先の金融政策の舵取りについて全く予想できません 汗
ただし、実際に生活している者としては、利上げをする地合いでは全くないと思っています。

ご質問の「どうして英国はインフレになりやすいのか?」ですが、いくつか理由があります。

1)予算案が年に2回発表される
2010年に現在の連立政権が誕生するまで、英国は新財政年度が始まる前の3月に「本予算」、半年後の10~11月に「秋の予算案」と、年に2回予算案が発表されていました。特に財政事情が苦しくない時は、秋の予算案では半年間の財政・経済状態を振り返るに終わるのですが、苦しい時は増税などが発表され、年に2度の増税で苦しみました。増税は当然インフレ率を上げますし、インフレ率は年率で発表されるので、年に2度「12ヶ月続くインフレ上昇要因」が加算され、いつまで経ってもインフレ率が改善しないという悪循環を生んでいました。

2)値上げが頻繁にされやすい
これはイギリスに住んでいつも不思議に思うのですが、電気・ガス代が値上げされる頻度が異常に多い。世界主要国の中ではエネルギーを輸入に頼っているのは英国だけではないでしょうから、値上げにしても英国がこれだけ何度もするのであれば、どうして他の国は値上げしなくてやっていけるのか、知りたいと思っています。

この値上げは、当然電車やバス代の値上げに直結するだけでなく、食料品などの輸送コストも上がるので、食料品の値上げにいつも悩まされる訳です。

3)交通運賃の値上げ
この国の交通運賃は前年度の夏のRPI率に何%か上乗せした分だけ、毎年1月に「必ず」値上げされます。

すぐに思いついたものだけでもこれだけありますね。
イギリスに住んでいる者としては、どうして日本には「インフレ」が定着しないのか、逆に気になりますね~
[ 2012/12/04 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ