FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

今回の不動産市場低迷について

昨日に引き続き 本日は 2007年夏以降の不動産市場低迷について書きます

過去10年で約3倍になった住宅価格は 2006~7年に天井を打ちましたが 今 思い返すと 当時は このまま永遠に上昇するのではないか?という錯覚rainbowを起こさせるほど住宅市場は魅力的に見えました。1990年代までは 平均賃金の3.5倍が住宅価格の妥当な値段とされていましたが この住宅ブーム時には 平均賃金の8倍というレベルにまで 住宅価格が跳ね上がってしまいました。逆の見方をすれば それだけの価格の住宅が取得出来るほど無謀なレバレッジを効かせた住宅ローンの組み入れが可能だったんですよね。当然 1990年代と比べ住宅ローンの種類も増え 以前 ここのブログで紹介したAさんのような個人不動産投資家向けの<住宅ローン金利のみ支払い専用ローン>も登場。

住宅価格はうなぎ登り上に上昇していたので 英国民全体が自宅購入時に設定した住宅ローンの組み換え(前述のAさんのような形で 借り入れる)をしました。本来の<組み換え>目的は 新規不動産購入の頭金にする為なのですが 使用目的が限定されていないので 自宅の増改築や 車・旅行といった消費にまわす等 人それぞれの使い方で英経済を潤してくれました。言い換えれば 犬でも猫でも自宅の価値が住宅ローン残高以上であれば その差額を利用して簡単に住宅ローン組み換えにより<身分不相応の>借金が出来という訳です。当然 消費熱は高まり 欧州で最高の成長率を記録しましたが、一部の人達は 住宅価格が上がる度に借り入れを繰り返し 現在 にっちもさっちも行かなくなっている冷汗3ようです。

2007年夏が終わり 米国でサブ・プライム問題が発覚。その影響をまともに受けた英国の金融機関(住宅ローン会社も含む)は 安く魅力的な金利で市場から資金を調達出来なくなり 貸し出し枠を狭めると同時に貸し出し金利を上げました。1年前の2007年夏には なんと 15,600種類の住宅ローンがありましたが 現在では 3,775種類にまで減少しています。イケイケローンを組んでいたノーザンロックが国営化されたのは 皆さんの御記憶に新しいと思います (このブログでの ノーザンロック関連記事 その1    その2   その3   その4

今回の不動産市場低迷の特徴は 1992年当時と違い 住宅取得熱は依然として高い点です。しかしながら 住宅ローン貸し出し条件が極端に厳しくなった=住宅購入希望者に対し ローンを組んでくれる金融機関がない という悪循環で 買いたくても買えない。同時に 待てば もっと安くなるので 急ぐ必要がない。

ネガティブ・エクイティの件数は 上昇し続けていますが 現時点で既にネガティブ・エクイティになってしまった人達というのは アホですね。たぶん そういう人達は 1)法外な頻度で住宅ローンの<組み換え>を繰り返したザマーミロ軍団 2)住宅価格が頂点に達した時に購入してしまった運の悪い人達 のいずれかと思われます。1990年代中盤から2002年くらいまでに購入した住宅であれば(地域にもよりますが) ここから50%不動産価格が下落しても まだ ネガティブ・エクイティには ならない筈ですから

私が 今回の不動産市場低迷の方が 1992~3年の暴落時よりも 深刻だと思うと言った理由は イギリス国民全体が住宅価格上昇を見込んで 住宅ローン借り入れ金額を増やしてしまった為 (住宅価格が下落したら) ネガティブ・エクイティの比率が激増し 住宅ローンやクレジット・カードの返済不可能者が 今以上に増え 金融機関の収益を圧迫します。そして (住宅ローン組み換えにより) いとも簡単に借金が出来る事を知ってしまった英国人が 昔のように 貯蓄をし まともな生活に戻れるのか 正直 不安です。一部の人達は 住宅ローン借り入れだけでは間に合わず クレジット・カードによる借り入れにも手を染めているようです。一度 価値観が変わってしまった人間を もとに戻すのは 容易ではありません。普通の生活をしていれば ネガティブ・エクイティにならずに済んだ筈の人が 廻りの雰囲気に流され 大船に乗った気持ちで住宅ローン組み換えをし いい思いをしてきましたが、現在 そのツケが どれだけ高くつくか判断する金融知識も持たず右往左往している。それが 今回の不動産市場低迷が より深刻であると判断した理由です。

連日 不動産関連企業の人員削減が 発表されていますが、まだ それが他へ移転していません。景気減速が本格化し 雇用状況悪化が鮮明になった場合 それが引き金となり 英国全体 ドミノ倒しのように 崩れていく危険性が高いと予想しています。しかし それが いつになるのかは 正直 全く 判りません

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ
次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 
[ 2008/06/10 13:16 ] 経済 | TB(0) | CM(3)
いつも、ありがとうございます。
6月3日に記事にしてくださったアイルランドでのリスボン条約批准の是非を問う国民投票というのが気にかかっています。
なるほど、ポールソン米財務長官 の為替介入示唆はありましたが、トリシェECB総裁 の来月の利上げ可能性発言にもかかわらず、こんなにもユーロが売られる理由はやはりこの国民投票を危惧してのものではないのかと…その後、これに関する現地情報は何かございますでしょうか?
[ 2008/06/11 07:17 ] [ 編集 ]
追記
6日のアイリッシュ・タイムズによりますと世論調査では反対が35%と賛成30%を5ポイント上回ったとのことですが・・・
[ 2008/06/11 08:23 ] [ 編集 ]
ハニーさん
今日わ!いつも コメントありがとうございます。本当に 私の返事 遅すぎますね(反省)

YEN蔵さんへのお返事にも書いたのですが 投票率 あまり良くなかったようです。本日の午後遅くには判明するので G8直前の波乱要因になるかもしれません。

イギリスも 少しづつですが 雇用不安関連記事が増えてきました。目に見えて不景気度が上がってますね.....

ドルインデックス 着実に上昇していますね。来週は マーケットに参加出来ますので(笑) 慎重 且つ 大胆に 頑張りたいと思います

[ 2008/06/13 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ