fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

ビルト紙の報道

ヨーロッパで一番売れているドイツのタブロイド紙:ビルトが 興味ある記事を載せています。

*欧州司法裁判所の登場となるのか?

つい先日、ESMの合憲性について、ドイツ憲法裁の判決を待っていた私達ですが、今度は欧州連合の「最高裁判所」に値する欧州司法裁判所の審判を仰ぐことになる可能性が出てきました。

ビルト紙の内容は、

ドイツの中央銀行であるドイツ連銀と欧州中銀(ECB)は9月6日のECB理事会で決定された 加盟国の国債購入計画第二弾となるOMTの合法性について、欧州連合の「最高裁判所」に値する欧州司法裁判所の審判を仰ぐ可能性が出てきたようだ

としています。

新聞によると、両者(連銀とECB)はそれぞれ専門の弁護士を立てECBが決定したOMTが、ECBの『責務の範囲内』とみなされるかどうかについて争うことになるかもしれない とされているようです。

ドイツ連銀は、OMTはリスボン条約第123条に反していないか?に特に注意を払っているともされています。

*リスボン条約第123条とは?

少し難しい話し  になりますが、リスボン条約第123条とは、『政府債務の直接的な取得の禁止』となっており、ECBや加盟国の中央銀行が加盟国の財政赤字の補填のために信用供与したり国債を直接購入する事を禁止しているという内容です。

私は「国債の直接購入」の意味しているところは『発行市場での買い取り』をさしているものであり、ECBがOMTを通じてやろうとしている『流通市場での買い取り』は違法性はない と勝手に解釈しておりました 

しかし連銀がここまで思い切った決断を下したのであれば、123条を巡る解釈はもっと奥深いものがあるのかもしれません 

これは今日明日にどうなる問題でもないようで、現在の報道を読む限り、欧州司法裁判所で争う形になるかに関しては、グレーであり「絶対確実なイベント」として市場をかく乱するか、まだ不透明な部分が多いようです。ただし、頭の片隅にとどめておいてもよいでしょう。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2012/09/25 19:11 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ