fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03

OMTに対するドイツでの反応

先週木曜日、 ドラギECB総裁が発表したOMT
久々のバズーカ砲  となり、それを好感した市場は一気にリスク・オン相場となりました。

*ドイツでの反応

ECB理事会でOMTに反対したのは、他でもないドイツ連銀。

この週末のドイツ各紙の内容は、オールマイティー(almighty)である筈のドイツ連銀が完全に脇においやられた形で完成されたOMTに対する批判で埋め尽くされていたようです。

各紙のヘッドラインは、

・ヨーロッパ、そしてドイツで一番売れている新聞:ビルト
“Blank Cheque for Debtor States”
赤字国への空手形

ドイツ 空手形

ビルト紙の一面報道でした。

・日刊紙:Die Welt (ディ・ヴェルト)
“Financial markets cheer the death of the Bundesbank”
金融市場で喝采を浴びるドイツ連銀の死 

・ドイツ最大の経済紙:Handelsblatt
"the Rise, Fall and Resurrection of the Bundesbank"
興亡盛衰と復活を繰り返すドイツ連銀

この新聞では、特にドイツの納税者による負担に焦点を当てているそうです。

・ドイツ高級紙:FAZ (フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング)
"the border between monetary and fiscal policy has been blurred’’
金融政策と財政政策の垣根が不明瞭となった


ドイツ以外の国でも、今回のOMT効果に対しては、短期的には非常に有効な手段  となるであろうが、
長期的にはドイツ連銀を敵に廻している以上、問題が出てくるのは時間の問題  とも言われているようです。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2012/09/11 17:42 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ