FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

ベア・スターンズ救済劇

娘の学校が春休みに入ったので 朝 一時間だけ朝寝坊が出来て 私は嬉しいのですが、彼女は 義務教育最終試験を5月に控え 少しだけ ピリピリ絵文字名を入力してくださいしております。この試験結果が 受験可能な大学を選択する際の内申書の土台となるばかりでなく イギリスに住む限り 一個人の<教養レベル>を測る際に必ず使用されるものである為 やはり ピリピリ度は 増すんでしょうね。私は こちらで教育を受けてないので よく分かりませんし、うちの旦那は もうすぐ始まるサッカー欧州杯の先行きだけが気がかりのようです(全く 子供の教育に 口を挟まないオヤジjumee☆loud laugh1です)

さてと 本題に入りますが 先日の英テレグラフ紙に FEDによるベア・スターンズ救済により チェルノブイリ化を免れたマーケット という内容の異常に長い記事がでておりました。

恥ずかしい話しですが、ベア・スターンズ救済策が出た14日 金融当局(FED)が個別金融機関を緊急支援する異例事態の真意が 私には理解出来ません絵文字名を入力してくださいでした。その翌日 たまたまCNBCを見ていたら 尊敬するジム・ロジャーズ氏が出ており ”過去の歴史の中で 体力のない金融機関は 潰れて当然だった。今回のベア・スターンズも 例外ではないはずだ。”と言う内容の発言をし 連銀の取った救済措置を非難。この人でさえ こう言ってるのだから FEDの取った措置が理解出来なかった自分を責めるのはよそう などと 変な納得までしてしまった私です。

しかし 今回の救済措置の背景には 恐ろしい事実が隠れていたようです。

先週末 明らかにされた市場関係者の話しによると FEDによるベア社救済ニュースが出なければ 先週前半の時点で デリバティブ(金融派生商品)市場は大混乱に陥り その悪影響が金融システム全体を激しく揺さぶり 収集がつかないチェルノブイリ状態になっていたそうです。

3月初旬 ベア社が危ないと うすうす感付いていたマーケット参加者は ベア社の既存ポジション攻撃を始めました。同社は 万が一の場合を想定し 170億ドル相当の引当金を用意していたようですが 格付け大手各社がベア社を大幅に格下げし 市場からの自力資金調達がほぼ不可能となった事もあり この引当金は一瞬にして消えました。

ベア社のデリバティブポジション残高(スワップ、スワップション, Caps/Collars/Floorなどのオプション 等)は 13兆4,000億ドルと言われており、この数字は 米国全体の国民所得よりも大きくえぇ 世界全体のGDP合計の25%に値するそうです。ベア社は 800億ドルの原資を デリバティブ商品を通じて13兆4,000億ドルへ膨らませたという事になります。

私は 何度も申し上げておりますが こういう<デリバティブ市場>の詳しい仕組みが よく分かっておりませんマジで?。どこかのブログで読んだのですが この種のデリバティブ商品というものは ポジション同士をオフセット出来るらしく 実際にマーケットに与えるリスクというものは かなり小さいようです。BISが使用している<オフセット>計算基準を適用すると ポジション額の2%がリスク対象額となるそうです。この場合ですと 2,680億ドルですね。しかし それだからと言って ベア社の”米国民所得よりも大きい”と言われる13兆ドルを越えるポジションの向こう側に控えるカウンターパーティ(金融機関、ブローカー、ファンド 等)のどこかが 連鎖的に破綻 又は それに近い状態になってしまう危険性は ないのか?という素朴な疑問は 当然 起きます。こういうカウンターパーティーは 米国内に留まらず 世界各国に散らばっているでしょうから こういう危惧が現実化した場合 FED以外の中銀は どういう措置を取るのか、例え 迅速適正な措置を取ったとしても 後手に廻ってしまうので、結果として 金融システム不安が増大するだけという悪循環を招くだけなのではないか? そう考えると 今回の金融恐慌の深さが 思い知らされます。

まぁ、私の感想なんて どうでもいいわけであって また 本題に戻ります(ごめんなさい)

ベア社破綻寸前の事実を知ったバーナンキ総裁は (同社の)買い手が見つからなければ米金融機関に対する信頼の危機が深刻化・金融システムの崩壊を懸念、ベア社の財務内容を熟知するJPMに買収を促しました。その2日後 日曜日であるにも関わらず 連邦準備法第13条(3)を発動し 緊急公定歩合を3.50%から 3.25%に引き下げ 即日実施。同時に 銀行ではないプライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)に直接融資する制度を設けるという異例の緊急措置をとりました。この措置は1930年代以来 はじめてそうです。また、公定歩合での貸し出し(連銀窓口貸し出し)期間を30日から90日に延長することも決めました。

FEDはJPMによるベア社の買収を支援する意味も含め 同社が持つ「流動性の低い資産」を担保に、JPモルガンへの300億ドル(約3兆円)の特別融資を決定。通常ですと 本社ビルなどが担保対象となりますが、FEDが債券をはじめとする通常の金融資産以外を担保に貸し付けを行うのは極めて異例。FRB当局者はこの融資について電話会見で、「一回限りのもの」と例外性を強調したそうです。FEDがこのような措置をとらざるを得なかったのは、米金融システムに対するリスクが大恐慌時代のそれ並みになりつつあったためだ、と指摘もあります

2日後の18日に開かれたFOMCでは フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を3.0%から0.75%引き下げて年2.25%とすることを賛成多数で決め、即日実施。16日に0.25%の緊急引き下げを決めたばかりの公定歩合も、0.75%引き下げて2.5%としました。

昨年からのサブプライムローン関連から端を発した金融危機により、金融セクター全体の損失は米国内総生産(GDP)の約7%に相当する1兆ドルを超えるとの見方もあります。これは貯蓄貸付組合(S&L)や商業銀行が1986-1995年に出した損失の2倍を超え、日本の銀行が株式・不動産バブルの崩壊で出した損失とほぼ同じ規模となります。

これまた 私には全く分からない分野である債権のデフォルト(債務不履行)に備えた保険に関連した、数兆ドル規模の複雑な証券化商品による影響は 未知数とも言われています。合成債務担保証券(CDO)やCPDOと呼ばれる証券は、投資家がこうした証券への保険、つまりクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のプロテクション(保護)を売買することによって利益を得ます。しかし 保険の費用が高くなれば投資家は損失を被るわけです。現在、まさにこの現象が起きている真っ最中であり 規模が計れない状態=未知数

果たして FEDの取った一連の行動が 市場規模 516兆ドルと言われるデリバティブ・マーケットの崩壊を救ったのかどうかは 現在に至っても分かっていません。

日本では 外貨預金等の購入をする為 行列が出来ているそうですね。私は 先日 このブログにも書きましたが レベル観からのドル円・クロス円のロングを安易に仕込むのは どうか という見方は 今でも全く 変わっていません。とりあえず 下げるところまで下げた感がある米金利ですが 更にドカンと下げとなると 当然 米国債への投資魅力がなくなるでしょうから 米債売りに火がついて ドル/債券/株のトリプル安の危険も考慮しておきたいと思います。現在 市場では FFレート 1.75%が視野に入っており 利下げカードを使い切ったら 残る手段としては 公的資金を含んだ財政出動のみとなるかもしれません。

それが半年先なのか1年先なのか分かりませんが、その辺りの動きを見てから 長期玉の仕込み時か否かを判断したい気持ちには 全く変わりありません。

タイムス紙のアンケート その2は 明日にでも 書かせて頂きます

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ
次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 
[ 2008/03/26 23:15 ] 経済 | TB(0) | CM(2)
まだまだ不透明・・・
ベア・スターンズ救済策がどれだけの効を奏するのか考えていたところです。一連のFEDの措置でCDS市場が、落ち着きを取り戻しているらしく、先週末には先の見えないトンネルでしたが、ようやく向こうに出口が見えてきたかのように感ぜられました。ドル円は3月17日安値95.77が底値かと聞かれますと、個人的には、もう一段下があると思っていますが、信用不安からのドル安、商品高といった局面の裏側でドル安の恩恵を受ける米企業の業績拡大も無視できないものですから、いずれ近いうちに米株式市場の上昇がみられ、ドルが買われるかと思われたのですが・・・
いやはや、まだまだ不透明ですねえ。。。
[ 2008/03/27 09:47 ] [ 編集 ]
ハニーさん
御無沙汰しております。
そうですね、このドル安は 確実に米経済に好影響を与えてはじめてきていると思っております。今年1月の貿易収支を見ますと 輸出が前年比+16.6%という大きな伸び率を示しています。2007年の貿易赤字は前年比-7%と これまた 輸出が貢献しています。しかし このドル安は 確実に米国が輸入する原油・商品価格を上げてしまうでしょうから 2008年度としての数字が改善されるのかは 正直 分かりません。

そろそろドルを買ってみようかな と思っている人 たくさんいる筈ですよね。私も インデックスが74を確実に越えて定着したら 買い出動するつもりでおります。しかし 今後 どんな<ショック>がマーケットを襲うか分からないうちは 恐くて手が出しづらいです。
[ 2008/03/27 22:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ