FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

財政赤字削減達成年の延期

先ほどから続いているレーン委員長やバロッゾEU委員長の記者会見ですが、さすがに聞くのも飽きてきました 

先ほどの勧告レポートが発表されて以来、加盟各国の『意見、言い分』が少しづつ漏れ聞こえてきていますね。

*スペインの赤字削減達成年の延長

話しが少し遡りますが、2009年末のEU財務相会合では欧州委員会の勧告を基に一部の加盟国に対し「財政赤字対GDP比を3%以下に削減する期限」を設定しました。例えばイタリアは 2012年、スペイン・ポルトガルはそれぞれ2013年に財政均衡を達成するという目標を仰せ付けられたのです。しかしその後の景気低迷は赤字幅の対GDP比増に直結し、財政均衡達成を再び軌道に乗せるには追加緊縮財政策を導入する以外、選択肢がないという悪循環に迫りました。

先ほどレーン委員長は
「スペインは2014年までに財政均衡を達成するための削減過程を示した報告書を提出すること。その内容が満足行くものであれば、(2013年ではなく)2014年までの削減期間の延長に応じる」
と発言 



ギリシャに対しても同様の措置が適用される可能性もあるとレーン委員長は語っていますが、まだ正式な発表はないようです。

*ユーロ圏17ヶ国による『金融統合』

これは私も以前から 「いつか出るかもしれないな....」  と密かに思っていたことなのですが、先ほどの勧告レポートの中で

Closer integration among euro area countries in their supervision of the financial sector is needed and that the 17 countries in the monetary union should move towards a "banking union."
金融システムの監視強化のためにユーロ加盟17ヶ国がより統合を深め、『バンキング統合』 という方向に動くべきである。



どうして私が 「いつか出るかもしれないな...」 と思っていたかと申しますと、欧州に限らず主要国の銀行は既に 「イギリスの銀行」とか「ドイツの銀行」という枠から飛び出して「グローバルな銀行」へと姿を変えています。例えばドイツ銀行はもうドイツの地元の金融だけを手がける訳ではなく、世界各地に支店を持ちグローバルなバンキングを行っています。同様に英国のバークレイズ銀行を例に取っても、全く同じことが言えますね。

しかしギリシャの債務危機  が起きて以来、PIGS各国の国債を大量に保有していたフランスなどのユーロ圏加盟各国を基盤とした銀行は、その損失処理に懸命に励んできました。

スペインの貯蓄銀行など地元色の濃い金融機関は別でしょうが、サンタンデール銀行などはイギリスでもバークレイズやHSBCと並んでごく普通にイギリス人が口座開設しています。私も持っています。

そうなるとたまたまスペインの銀行がヤバイ  となったとしても、その銀行のある国が国家財政を使って救済するという発想自体に無理が出てくるんじゃないんかな? それに替わる案として、「欧州各国」がお金を出し合って預金者保護をする、米国の連邦預金保険公社(FDIC)みたいな機関が出来てもいいんじゃないか?と思ったのです。

ただしこれも金融機関と一口に言っても、どこまでの金融機関を対象にするか?は問題ですね。

*ESMによる直接的な銀行への資本注入

ESMの権限強化 が提案され、これがユーロ高騰に繋がりました。

今 一息ついたところですが、まず
・フィンランドはそれが目的であればESMに資金を提供することを拒否  オーストリアも、ESMが直接的に銀行へ資金提供することには反対
・そもそもESMは加盟各国の財政均衡達成を前提に政府に対して金融支援を実施する目的で作られました。それが一歩踏み込み、加盟国の銀行救済に乗り出すことの是非
・ESMの役割変更は加盟各国政府による批准が必要となるかもしれない



*ECBの利下げについて

これはEUからの勧告とは全く関係ありません。

ロイター社が73名のエコノミストを対象にして行われたアンケートによると
73名中、27名がECBが年内の利下げに動くと予想していることが判りました。
意外と少ないので、正直驚いています 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/30 22:20 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ