fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

メルケル首相・ユンケル議長の発言

金曜日ロンドン午後遅く、ギリシャ首相府はこの声明文を発表しました。

ギリシャ首相府
(クリックすると拡大します)

内容はというと
「ギリシャのパプリアス大統領とドイツ・メルケル首相が行った電話会談  で、メルケル首相は同大統領に対し、6月に実施される再選挙と平行し、ギリシャのユーロ圏残留の賛否を問う国民投票  の実施を提案した」
というもの。

これがロイター社で発表された直後、ギリシャの各政党のトップが次々と「冗談じゃない!」  と反論し、慌てた  メルケル首相の報道官はロイター社を通じて
「この声明文の内容は間違っており  ドイツ政府はこの事実を却下する。」と発表。

ギリシャ側の意見としては、パプリアス大統領はドイツ留学の経験がありドイツ語が流暢なので、会話の中身を間違う筈がないと主張  それに対してドイツ側は、パプリアス大統領は電話での会話では一貫してギリシャ語を使用していたので、通訳の部分で何か勘違いが起こったのではないか?としているようです。

いずれにしても、ギリシャの暫定政権には国民投票実施を決定する権限が与えられていないため、実施は不可能というところに落ち着いた模様です。

*独スピーゲル誌の報道

土曜日の同誌の報道によると、ユーログループのユンケル議長は前回のEU財務相会合の席でギリシャ暫定政権のSachinidis財務相に対し、「ユーロ圏はギリシャに残留を望むと公式に語っているが、その言葉を鵜呑みにしない方がいい。大多数のユーロ圏加盟各国政府はギリシャの離脱を望んでいるからだ。」    と釘を刺したそうです。

その時の会話として、ユンケル議長は
「もしたった今、 『ギリシャのユーロ残留』 について我々が秘密投票 (非公式投票という意味でしょう) したとしたら、過半数を通り越してほとんどの国がギリシャの離脱に票を投じる。」

それに加えて 「6月17日の再選挙は、ギリシャがユーロ圏に残留出来るか出来ないかの最後のチャンスとなる。もし選挙結果により、緊縮財政政策を望まない政権が樹立されたら、 『ギリシャは終わり』 である。」
と語ったとされています。

最後になりますが、先日のEU財務相会合では、ポルトガルやアイルランドといった金融支援を受けた国の財務相が、ギリシャを名指しで非難  したとも伝えられています。それらの国はEU/IMFと交わした金融支援に対する交換条件順守のために血のにじむような財政再建の努力をしているにもかかわらず、ギリシャのお陰で過去の努力が水の泡になってしまうことに対する不満です。

6月は忙しい1ヶ月になりそうですね。健康管理に気を配り頑張りましょう!

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/21 07:19 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ