fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03

フランスの悲劇

*ここからのフランス

金曜日の格下げ報道以降、はじめての取引日となった本日。市場参加者の間では、フランスの格下げは「もし?」ではなく「いつ?」という認識であったため、既に市場には織り込み済みでした。そして本日は米国が休日であることも手伝ってか、市場は結構地味 

フランス大統領選挙投票日まで100日を残す今、格下げとなったフランス 

個人的には今回の格下げは同国にとって、経済・財政的ショックよりも政治的なショック  の方が大きいように感じています。昨年フランスの格下げの可能性が示唆された時、サルコジ大統領は親しい人達に「フランスが格下げされたら、俺は終わりだ....」  と洩らしていたそうです。まぁ、あの方は逆境をどうにか次の飛躍の踏み台にすることのできる人なのかもしれませんが、格下げ発表のタイミングが微妙ですよね...
sarkozy 2

*懸念材料

この下の記事で書いたように、EFSF融資保証額が急激に減少  EFSF債のトリプルA格の格下げの可能性が高まる  という不安材料は今後常についてまわります。

ただ、フランスに焦点を当てた場合、私自身非常に気になる点があります。

・ユーロ圏債務危機問題解決に向け、過去ずっとドイツとフランスが主導権を握ってきたが、ここに来てフランスがトリプルAを失ったことを受けて、フランスの発言力低下の可能性

ドイツが強く反対しているユーロ共同債構想の後退
ドイツの発言力が高まる

・フランスはエリート・グループから外される可能性

私は今まで長い間、メルケル首相とサルコジ大統領がニコニコ顔で共同記者会見  をする姿を見て
「世界中で一番ユーロ存続を望んでいるのは他でもないフランスなんだろうなぁ~。ユーロという’’桧舞台’’があるからこそ、フランスの発言に世界がここまで注目  しているのだと思います。しかしもしここでユーロが崩壊し加盟国が昔の通貨を使用することにでもなれば、フランスの発言なんて世界の誰もが気にしません。それこそ現在の英国同様 ’’自称:トップ・エリート、世界からの認識:二流国’’へ成り下がってしまうことは容易に考えられます。エリート国から単なる欧州の一国という立場に甘んじることが、フランスに可能なのか?」という思いがいつも頭を過ぎっていました。(これはあくまでも私個人の見方であり一般論ではありません。)


私事で恐縮ですが、本日は算数教室のお手伝いの日です。
ギリシャ関連報道が週末たくさん新聞を賑わしていたので、その一部をご紹介したいのですが、もし時間が足りなければ一部は明日へ持ち越しとなる点、予めお詫びします 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/01/16 20:41 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ