fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

英中銀キング総裁発言

昨日行われた英下院・財務委員会で証言したキング総裁、結構派手な爆弾発言  していますね 

*ユーロ圏危機解決に向けた包括戦略は単なる時間稼ぎ 

日曜日に続き本日午後から開催されるEU27ヶ国、そしてユーロ加盟国17ヶ国の間で行われる首脳会談では、1)ギリシャ国債に対するヘアーカット率 2)EFSF再拡充の規模 3)欧州系銀行への資本増強額 を含んだ包括戦略内容が決定される予定となっています。増額幅に関する’’具体的な数字’’が出るのは11月上旬まで遅れる可能性  も指摘されていますが、とりあえずどのような結果となるのか、市場関係者は固唾の呑んで見守っている状態 

しかしそんな大事な時にキング総裁は、「ユーロ圏危機解決に向けて決定が急がれている包括戦略が決定されたとしても、それは1年又は数年に及ぶ時間稼ぎに過ぎず、長期的な危機解決とはならない。」 と非常に冷めた内容の証言をしました 

*QE2後の銀行貸出増加は保証出来ない

この記事でも「中小企業貸出の現状」 と題して書きましたが、2009年からの量的緩和策第一弾(QE1)では英国内の中小企業への貸し出しが全く増えていません。

昨日の証言の席で、キング総裁は「今回決定されたQE2により、中小企業に対する貸し出しが増加するという保証は出来ない。しかし少なくとも、ここから減少するとは考えにくい。」という非常に歯ごたえの悪い  発言をしています。

そして私がオヤッ  と思った証言は 「QE1により英景気は拡大した。QE2は18ヵ月後のインフレ率(CPI)がインフレ・ターゲット(2%)を下廻ってしまうかもしれないリスクを避けるために必要である。」


このブログでも何度か書きましたが、現在英国が直面している5.2%という’’とんでもない’’  インフレ率は景気過熱によるものではなく、あくまでも商品価格、特に電気・ガス代の値上げやVAT上げによるものです。

キング総裁が本気でQE2を実施しなければ、18ヵ月後に現在の5.2%が2.0%以下に下がる危機感を抱いているのであれば、ここから英景気は低迷/下落し、同時に商品価格全般も下落されない限り、2.0%以下というインフレ率を達成するのは逆に相当難しいと私は思っています。
英CPIと金利 2000~

このチャートは2000年から一番最新の数字をグラフにしたものです。上から英政策金利、インフレ率(年率)そしてGDP(前期比)となっています。

これを見ると2000~2004年のCPI率は中銀が設定したインフレ・ターゲット2.0%(チャート上の黄緑線)より下で推移しているのが判ります。当時の経済成長率を見てみると、一定して約0.5~1.5%の間で定着。それに対して政策金利は平均すると4.5~5%程度でこれまた安定していた時期です。

それに対して現在は歴史的に例をみない低金利(0.5%)、そして過去9ヶ月の経済成長率はわずか+0.1%  となっており、いかに商品価格上昇が英インフレ率を煽っているかがわかります。

もしキング総裁が証言されたように、QE2抜きでは18ヵ月後の英国インフレ率は2.0%を下回るリスクがあるということは、逆の見方をすれば商品価格は一旦天井を打ち、ここからは下落トレンドに入る  + 英景気もゼロ成長又はリセッション入りの可能性が高まった  と言えるのかもしれません。

正直言って、キング総裁が何を仰ろうが、このガス代の値上げにはとことん困っている庶民代表の私です 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/10/26 21:53 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(4)
GERM
もしアメリカがQE3なんてやったらとんでもない事になりますね。こんな状況下でやったら、商品や株式の価格だけが騰がり、超ドル安をよび、それでも貸し出しは増えず、銀行の貸し渋りで世界景気をどん底にさせる可能性がありますね。バーナンキもわかっていると思いますが。

日本のようですね。
[ 2011/10/26 23:59 ] [ 編集 ]
最大の為替操作国はアメリカ
ですね。ますますドル安、商品高に誘導します。
[ 2011/10/27 03:26 ] [ 編集 ]
GERMさん
来年の大統領選挙までに是が非でも「雇用促進」を形にしないと気がすまないのかもしれませんね。
来年はアメリカだけでなく、フランスやロシアでも大統領選がありますので、国民目線の政策運営となるのでしょうか?
[ 2011/10/27 20:11 ] [ 編集 ]
ハゲットさん
お久し振りです。
ドル安はしばらく続きそうですね...
[ 2011/10/27 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ