fc2ブログ
2023 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 01

60億ポンドの重み

最近の欧州ユーロ圏債務危機  の拡大により、EU委員会だけでなくIMFによる金融支援規模も拡大され続けています。IMFの財源は、主に加盟国が払い込む出資割当額を原資としているので金融支援規模が拡大されれば、加盟国による出資も当然増えます 

英財務省はIMFに対するコミットメントに見合うよう、2015年までの毎年 60億ポンドづつ準備金の積み上げを発表しました。この60億ポンドの積み上げの中にはG20で合意したIMFへの拠出拡大分も含まれているようです。

このリンク は英財務省による準備金積み増しに関する報告書ですが、ここの41ページ目に出てました。そしてこの60億ポンドの積み上げ部分のうち、最高で20億ポンド部分はポンド以外の通貨になる可能性があるとも指摘されていますね。

*60億ポンドの持つ意味

英国で最大の販売数を誇る大衆タブロイド紙であるサン紙が、この財務省の発表を受けてなのか知りませんが  こんな記事を書いています。

タイトルは「我が英国はポルトガル救済の為に60億ポンドもの出資を強制させられるかもしれない。」というもの。私は普段からこの新聞は読みませんが、念の為に読んでみると

・60億ポンドとは、英国に住む私達一人一人(赤ちゃんも含め)が100ポンドを負担  する計算となる
・既にギリシャやアイルランドが金融支援要請に動いたが、次はポルトガルとなる可能性が高い
・もしこれが現実となると、次はポルトガルの隣国のスペインにまで飛び火  する可能性が出てくる
・ある欧州大陸のシンクタンクの計算によると、スペインが金融支援を要請するようになると、3,000億ユーロを超えるような規模になる危険性が指摘される
・ユーロ圏加盟国への金融支援の一部はIMFから出ている
・もしポルトガルが市場で噂されているように330億ポンド規模の金融支援を要請した場合、英国は欧州安定基金経由で45億ポンド、IMF経由で15億ポンドの出資を迫られる事となる


ここからがサン紙の主張なのですが、

この60億ポンドをガソリンにかかる燃料税カットの財源に廻せば、英国に住む私達はガソリン代12ペンスの値下げという恩恵を受けられるのだ!

キャメロン首相率いる保守党内部でも「英国がユーロに加盟しなかった最大の理由は、ユーロ圏でゴタゴタが起きた時、距離を置けるという利点を重視したからではないのか?こういう形でどんどん出資を迫られるのであれば、ユーロ圏外にいる意味は何だったのだろう?」

こういう発言を聞いて 「イギリス人って凄い自分勝手!」と思われるかもしれません。しかし英財政がこれだけ火の車である現在、私自身も正直なところ 同じような気持ちになったりもしています。もちろん英国が選んだ選択(ユーロを使用しない)が正しかったのか間違っていたのかは、人によって受け止め方もいろいろでしょう。今現在分かっている事実は、ユーロ圏が倒れれば救済金を支払う義務が生じる英国ですが、いざ英国がコケテもユーロ圏からは金融支援は受けられません。もちろんEFSMはEU加盟国全体が対象国となってますので、その場合は英国も含まれますが、EFSFには英国は含まれません。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/04/01 23:20 ] 政治 | TB(-) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/04/04 19:46 ] [ 編集 ]
秘信の リさん
ブログ訪問ありがとうございます。

イギリスの経済はあまり芳しくないな というのが住んでいる者としての素直な感想です。しかし経済指標などは良いもの、悪いものが入り乱れており、なかなか「実体」が掴みきれないというのが本音です。

ずっと暗くミジメだった冬が終わり、青空がちらほらと見える春へと移りましたので、少なくとも国民の心は以前と比べると晴れやかになってきたと思います。通常この時期(イースタ休暇)から景気回復が本格化する筈です。その意味ではQ1よりもQ2のGDPに注目したいですね。

これからも宜しくお願いします
[ 2011/04/18 21:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート
フィリップ証券
岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ