FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12
月別アーカイブ  [ 2018年11月 ] 

メルケル首相引退に対する欧州各国での報道

ずっとメルケルさんの記事を書きたかったのですが、全く時間的余裕がなく、今日になってしまいました 

今日もあと1時間くらいで、友達と軽くお茶(ビールかな )をするので、頑張って書きますね



10月29日に、12月の党大会で党首を辞め、2021年の次期選挙では首相として5期めを目指さないと発表したメルケル首相です。

メルケル報道



* ドイツでの報道
中道左派寄りの南ドイツ新聞(Süddeutsche Zeitung)
メルケル首相からの発表で、ドイツ政局が新たな動きに入った。自分の職に甘んじて、ただただ現状を維持するだけでは、何も先に進まないことを(メルケル首相は)証明してくれた。今回の動きにより、(SPD党やCSU党からも)辞任する議員が出てこないことは、おかしい。

中道右派寄りのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(Frankfurter Allgemeine Zeitung、FAZ)
ドイツ第1党の党首と首相が同一人物でないことは、EU内でのドイツの地位に変化(問題)を与えることになるかもしれない。当然であるが、CDU党の党首が誰になるかで、それも変わってくるだろう。特にメルケル首相と大きく考え方が違う人物が党首となれば、それはさらに明らかになるであろう。



* オーストリアでの報道
中道左派寄りのDie Presse
かなり辛辣な意見が書いてありました。

メルケル首相は非常に大きな間違いを犯した。任期満了まで首相で居続けると言いながら、党首としては引退するからだ。党を引っ張っていけない人物に、国が収められるのか?甚だ疑問である



* フランスでの報道
中道右派寄りのフィガロ (Le Figaro)
メルケル首相の引退は、欧州統一派にとっては残念なニュースであり、政治的な士気が下がるだろう。在任中のメルケル首相の最優先事項は、欧州の統一を維持することであり、さらなる深化にまで踏み込まないだろう。引退が早すぎたか否かについては、まだ判断をする段階ではないと考える。


フランスの主要経済紙トリビューヌ(La Tribune)
マクロン大統領が行おうとしている欧州統一/改革に代表される「欧州の再復活」が、メルケル首相の引退により、弱体化する懸念が出てきている。


フランス国営ラジオ France Inter
欧州には、力強いリーダーが不在のドイツは、必要ない。メルケル首相が引退したら、「(アメリカン・ドリームにちなんで)ヨーロピアン・ドリーム」を語る人物は、ドイツから登場しないかもしれない。それは、マクロン大統領にとって不利な状況となるであろう。

そもそも政治不安が、(パリではなく)ベルリンで起きていることがヨーロッパにとっては新しい事態であり、欧州統一などにとっては危険材料となり得るだろう。




* ベルギーでの報道
ベルギーの経済紙 De Tijd
メルケル首相は、CDU党の支持を失った。後任は、より右寄りの思想を持った人物になるであろう。メルケル首相はあまりにも長く首相職にしがみつきすぎた。国民の誰からも愛されていた時代は終わり、レイムダック化したメルケル首相として、ドイツ国民の記憶に残ることになるかもしれない。



* オランダでの報道
中道左派寄りのVolkskrant紙
メルケル首相がつまづくと、過去10年以上頑張って進めてきた欧州の努力が水の泡になりかねない。メルケル首相の引退は、フランスのマクロン大統領にとって最も打撃を被るだろう。




* イタリアでの報道
中道の Corriere della Sera紙
非常に現実的で、時としてつまらない印象を与えたメルケル首相。しかし彼女の政治手腕は確かなものがあり、欧州の巨人として君臨してきた。同首相が引退したら、ドイツを引っ張っていくリーダーの欠如が表面化するであろう。イタリアは、メルケル首相の引退を悲しく思っている。


La Repubblica紙
メルケル首相がいなくなれば、欧州は統一ではなく、亀裂が入るかもしれない。



* スペインでの報道
中道右派の El Mundo紙
メルケル首相の引退は、ドイツ政局だけに留まらないだろう。メルケルさんはフランスと手を取り合い、ヨーロッパの統一の指揮をとり、ヨーロッパの価値を上げていった。そう考えると、同首相の引退は、欧州にとり大きな損失となる。


中道左派の El Pais紙
バイエルン州とヘッセン州それぞれの議会選挙でCDU党が議席を大きく失ったため、「まるで何もなかったように」首相職を続けていくことは、メルケル首相にとって出来なかったのであろう。この結果は、同首相に対して、現実の厳しさを教え、このまま首相で居続けることが、どういう影響を与えるか教えたに違いない。





申し訳ありません。まだイギリス、アイルランド、スイス、ポーランド各紙のコメントもあるのですが、そろそろ出かけないと間に合わないので、本日はここで失礼いたします。









11月17日、大阪で会場セミナーをいたします。

今回のセミナーは、今までと趣を変えて 「FXを一度もやったことがない方向け」のセミナーとなります。


このブログをお読みの皆様には縁がありませんが、お友達やご家族、知り合いなどでFXに興味のある方がおられましたら、是非 お勧めいただけると幸いです。

みんな 来てね~  


お申し込みは、  このバナーをクリックしてくださいね 


2冊目の本
[ 2018/11/05 16:45 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ