FC2ブログ
2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10

某欧州系銀行のユーロ相場観

ロンドンはすっかり秋  になりました。ストーブもつけておりますし、庭のリンゴも少しづつ大きくなってきています。庭に植えた日本のきゅうりは、もう寒すぎるようで、全く育っていません   こういう時は、温室が欲しいなぁ と思います。


ユーロ



* 某欧州系銀行のユーロ相場観
ま、はっきり言って、上見てますわ、この銀行  それもかなり・・・・

この銀行のユーロ/ドルの予想ですが、

今年12月  1.20
来年3月  1.25
来年6月  1.30


理由がいくつか挙げられていますが、

・イールドカーブのフラット化が示すように、アメリカの経済サイクルはそろそろ終りに近づいてきている

・ただし、今後のBrexitの進展具合とユーロ圏関連の経済指標により、対ドルでのユーロやポンドのレベルは変わってくる

・ここからのヨーロッパ経済は、力をつけてくると考えている。ただし、イタリアに関しては、「なんでもアリ」 

・中期的には、アメリカの財政問題や強いドルが経済に影響を与える可能性もある。最悪の場合は、トランプ大統領自身が、「ドル安政策」を推し進めるのかもしれないので、ビクビクしている 

・ヨーロッパ経済の足を引っ張る出来事は、春以降 落ち着いている(← 具体的に何かはわかりませんが・・・)

・ECBが予想する2018年GDPは 1.9%となっており、年初は達成は無理だろう・・・と考えていたが、最近になって そこそこ行けるんじゃないか?と考えるようになってきた

・米欧貿易戦争が、落ち着いてきた

・唯一の懸念材料は、イタリア      私も同じ意見です~



実は私も ご依頼を受けて、来年の予想を書いているのですが、難しい
とにかくこんなに難しいのは、久しぶりです。

特に円。頭が白紙状態なので、円の予想は書きません 









今月から、FXプライムbyGMOさん で情報配信を始めました。

皆さんもご存知と思いますが、「井戸端会議」に週3回 書き込みを致します。(月・水・木)

それに加え、毎週火曜日は5分程度の動画配信をいたします。楽しみにしてくださいね
 

詳しくは、下のバナーをクリックしてください 
                 
Net Money
[ 2018/09/05 21:15 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

『政治に振り回されるポンド相場』

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 



英 メイ ボリス



夏休みも終り、全員参加のマーケットが始まった。これは政治の世界でも同じで、英国では今週火曜日から国会再開となった。そして早速、Brexitを巡る攻防が始まり、今週月曜日の欧州市場でポンドが売られる局面があった。

そこで今回のコラムでは、ポンドについて政治的な側面、ポジションの傾きなどの視点から、書いてみようと思う。



   


こちら  から、どなたでもお読みいただけます!





コラム全体のご紹介は、下のバナーをクリックしてください。そこからも記事が読めるようになっています。

               

Net Money

Brexitを巡る攻防

本日 はじめて FXプライムbyGMOさん で動画を挙げました。もしよろしければ    ホーム  マーケット情報    レポート  私の名前   とクリックすると、動画が出てきます。是非 ご覧ください  




* Brexitを巡るEUと英国との攻防
9月の全員参加マーケットが始まった途端、政治の世界も騒がしくなってきました。

本日は、英中銀議会証言があることを うっかり忘れていて、3週間前に予約したマッサージを受けていました。極楽です

まず最初に、メイ首相とバルニエ主席交渉官とのやりとりですが・・・

日曜日の英テレグラフ紙日曜版に寄稿したメイ首相は、

7月6日に英首相公式別荘「チェッカーズ」で開催された閣僚会議で合意されたBrexit報告書内容 について、妥協をする気は一切ない。あの報告書は英国の国としての方針が詰まったものである。最悪の場合は、合意なき離脱(白紙離脱)の選択もありえるだろう。そして、最近よく耳にする【2度目の国民投票】についても、真っ向から反対する決意に変わりはない。何度も何度も同じ質問を繰り返すことは、民主主義に反する行為である。」

と書きました。

これに対し、バルニエ欧州委員会主席交渉担当官は、ドイツのFAZ(フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング)紙で、

「英国の提示した報告書内容は、EUは受け入れられない。もし英国にいいとこ取りを許せば、深刻な結果を招くだろう。そして、それを許してしまえば、EU単一市場や今後ヨーロッパが進むべきプロジェクトそのものが終わってしまうことを意味している。」


バルニエ担当官はまた、

「英国は、カナダ式・スイス式・ノルウェー式・ウクライナ式・・・そのどれかを選択すれば、EUがそこにある程度の肉付けをすることは可能である。しかし、7月6日に決定されたBrexit報告書は、EUは受け入れられない。」

と、英国のラーブBrexit担当相に伝えたとタイムス紙日曜版で報じています。




* 2度目の国民投票についてのノイズ
今週に入りいきなり騒がしくなってきたのが、2度目の国民投票についての議論です。

今日 ずっと車で移動しておりましたが、ラジオから聞こえてくるのは、この話題と労働党の反ユダヤ主義の話ばかり。特に、反ユダヤ主義の話題は、もう5年くらい続いているので、いい加減にして欲しいと思いながら聞いていました 


英 コービン 反ユダヤ




2度目の国民投票については、明日のYJFXさんのコラム (誰でも読めます!) に書きますので、楽しみにしてください 


あと10日くらいすると、再開したばかりの英国会が閉会します。その理由は、年次党大会の季節だからです。

労働党は 9/23~9/26
保守党は 9/30~10/3

いろいろ動きがありそうです。








今月より、FXプライムbyGMOさん で情報配信を始めました。

個人投資家さんの間で人気が高い 「井戸端会議」に週3回 書き込みを致します。(月・水・木の予定)

それに加え、毎週火曜日は5分程度の動画配信をいたします。楽しみにしてくださいね
 

詳しくは、下のバナーをクリックしてください 
                 
Net Money
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ