FC2ブログ
2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06

トルコリラ、対ドルで一気に4.40台へ

本日 トルコ・リラに関する記事をアップしました。そこで、はっきりと、「ここから トルコ・リラ高に動く理由が、みあたらない」 と書きました。

やはりマーケットも同じ意見のようで、リラが大きく売られています。


これはドル/トルコリラの本日のチャートですが、とうとう 4.40台突破です  


トルコ ドル


ドル円が上昇していますが、トルコリラ/円は頭重いですね・・・




「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/05/15 23:05 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(0)

ジンバブエ中銀、仮想通貨関連業務停止を発表

今朝 ニュースを調べていて目に付いたのが、ジンバブエ中銀のこのニュース

既に24時間経っているので、暗号通貨取引をされる方は皆さん、ご存知でしょう。私は記録用に残しますので、このニュースをご存知の方はスルー御願いいたします。


ジンバブエ 暗号通貨禁止


マタルカ中銀理事の発言は以下の通りです。

「As monetary authorities, the Reserve Bank of Zimbabwe is the custodian of public trust and has an obligation to safeguard the integrity of payment systems. Cryptocurrencies have strong linkages and interconnectedness with standard means of payments and trading applications and rely on much of the same institutional infrastructure that serves the overall financial system.”

中央銀行というところは、国民の信頼と決済システムの安全を守るという義務がある。仮想通貨は、日常の支払いや取引において、強い相互関連性がある。」


仮想通貨は、一般的な支払い手段と取引アプリケーションとの強力な連携と相互接続性を持ち、全体的な金融システムに役立つ同じ制度インフラの大部分に依存しています。」



そして、マンガウディア中銀総裁は、

「Any person who buys, sells, or otherwise transacts in cryptocurrencies, whether online, or otherwise, does so at their own risk and will have no recourse to the Reserve Bank or to any regulatory authority in the country.

仮想通貨の購入/売却やその他の取引を行う全ての人は、オンラインであろうとなかろうとそれらのリスクは自己責任となり、中央銀行や規制当局に頼ることはできません。

The Reserve Bank of Zimbabwe has not authorised or licensed any person or entity or exchange for the issuance, sale, purchase, exchange or investment in any virtual currencies/coins/tokens in Zimbabwe. Exchanges such as BitFinance (Private) Limited (Golix) and Styx24 are not licensed or regulated by the Reserve Bank.

ジンバブエの中央銀行は、ジンバブエにおける全ての人物、団体、取引所にも仮想通貨/コイン/トークンの発行、売買、購入、交換、投資を許可しておらず、ライセンス供与していません。」



ま、簡単に言ってしまえば、中央銀行は決済システム保全義務があるが、それは仮想通貨には当てはまらない・・ ということでしょうから、自己責任取引をやり問題が発生しても助けません  ということなのですが、大丈夫なのかな? 60日間を取引停止までの期間として設けたようです。







 



Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/05/15 22:17 ] ビットコイン | TB(-) | CM(0)

英賃金上昇率、すごい!!!!!

ということで、やっと二日酔いから復活しました 

昨日は出来る仕事だけ、そっとやって、地味な1日を目指したのですが、こういう時に限って、全く予想していなかった友達が、それも時間差で2組 うちに来てくれて・・・
大歓迎なんですが、原稿は溜まっているわ、明日中に仕上げなきゃいけないわ、二日酔いでぼーっとしてるわ、友達と話し合わせないといけないわ・・・ で、今日は昨日できなかったこと ぜ~んぶ これから片付けるつもりです。

まだこれは公表してないんですが (と言って、ここで書いてますけどね ) 夏にコミケで同人誌 売ります。あまり最近表に出てこないんですが、黒猫アイランドさん という方がいて、この方ともう一人のプログラマーの方と私と3人で、同人誌やらない? という話しがまとまり、やってみることにしました。まだ原稿は書き始めてもおりませんが、頑張ります。 私は、ゆるい内容で行きますが、残り2名 (個人投資家さんで億トレさん) はかなり硬い内容になるみたいです。

楽しみにしてくださいね 



* 英雇用統計
本日、3月分の雇用統計 が発表され、ポンドが約50ポイントほど、上昇しました。


・失業率
2月 4.2%  3月予想 4.2%    結果 4.2%

・賃金上昇率
Total Pay(ボーナス含む) 
2月 2.8%  3月予想 2.7%    結果 2.6%

Regular Pay(ボーナスなし) 
2月 2.8%  3月結果 2.9% 

・労働人口
前期(2017Q4)比較    197,000人増
前年同期比    396,000人増

・雇用率
16~64歳の雇用率は75.6%となり、1年前の74.8%と比較しても、改善している。
この数字は、1971年にこの統計が始まって以来の良い数字
 

いつも私がセミナーでご紹介する消費者物価指数(CPI)と賃金上昇率の比較は、こんな感じです。


英 CPI 賃金 2018年3月分

4月分のCPIは来週発表です。まだ予想が出ていませんが、たぶん 3月の2.5%からは下がらない/ほぼ変わらないような気がしています。





「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル


・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨

・4月は、ご縁は全員大吉  (  4万通貨毎に12円キャッシュバックします)


Net Money




[ 2018/05/15 21:28 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

トルコ・リラを取り巻く環境

今年から FXプライムbyGMOさん で、私のWEEKLYレポート『松崎美子のロンドン発WEEKLY為替市場見通し』の配信が始りました。

こちらは、FXプライムbyGMO会員限定 ですので、レポートをご一読いただき、ぜひトレードにお役立てください。



アメリカの金利上昇を受け、アルゼンチンをはじめとする新興国通貨が売られています。

こちらのコラムでは、3月13日に 「ムーディーズ、トルコ格付けカット」という記事 を書き、トルコ・リラを取り巻く環境についてお話ししましたが、今回はその後とこれからについて考えてみたいと思います。





トルコ エルドアン





口座をまだお持ちでないお客様は、  このバナーをクリックし、口座開設を御願いいたします 

FXプライムbyGMO







口座をお持ちのお客様は、 まず  このバナーをクリックしてホームページへ

Net Money



             

ログイン後、「マーケット情報」をクリック

FXプライムバナー 2


               

次は 「レポート」をクリック


3FXプライムバナー 



               

こちらからお読みいただけます 

FXプライムバナー4

Hawkish サプライズにならなかった英中銀 Super Thursday

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



英 カーニー総裁





英国発ビッグイベントとして定着してきたSuper Thursday! この日は英中銀が、1)政策金利/資産買入プログラム(QE)額 2)議事要旨 3)四半期インフレーション・レポート(以下、QIR Quarterly Inflation Report) 4)総裁・副総裁の記者会見 を行ないます。ポンド取引に従事する者にとっては、絶対に見逃せないイベントです。

今回のコラムでは、5月10日の発表内容を紹介しながら分析し、今後のポンド取引について考えてみたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、


・事前予想

・英中銀からの発表

政策金利・量的緩和策規模
議事要旨

・総裁・副総裁記者会見の要点

・四半期インフレーション・レポート

GDP予想
インフレ見通し
インフレのピーク
賃金上昇率
今後3年間の利上げ回数
将来の主要3ヶ国の政策金利動向
民間の予想

・ここからのポンド





コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 四半期インフレーション・レポートに載っていたもうひとつのチャートが、この輸入物価インフレでした。2016年6月のBrexit国民投票直後から、大きく上昇し、一挙に10%台へ。そして、最近はかなり下がってきています。2019年以降の予想は、0%となっています。驚くスピードで急騰した輸入インフレが、一気に下降してきたことを考慮すれば、今後過度のポンド安とならない限り、CPIは落ち着きそうです。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/05/15 03:22 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ