FC2ブログ
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

英露、関係悪化となるか?

アメリカのシリアに対するミサイル攻撃  に対し、英国政府は軍事協力はしないが、攻撃そのものには理解を示しているという姿勢を取っています。

そして、本日夜にロシアを訪問し、ラブロフ外務相と会談する予定であったボリス・ジョンソン外務相が、急遽 ロシア訪問をドタキャンしたため、ロシア政府が怒り、数々のTweetなどを通じて その怒りを表わしていました 

報道によると、ジョンソン外務相のラブロフ外務相との会談のどたキャンは、今回が2度目で、3月末にもキャンセルしたそうです   同じ保守党内でも、「2度に続くドタキャンは、いかがなものか?」という意見も出てきているとも書いてありました。



*在英ロシア大使館のTweet
在英ロシア大使館が載せたこのTweetをご覧ください。


露 Tweet

「もし、本日開催されるG7外務相会合で、ロシアに対し最後通牒が出て、ロシアが本格的な戦闘準備に入るようなことになったと仮定しよう。その場合、敵陣はトランプ大統領が指揮を執り、ボリス・ジョンソン英外務相がその子分となるはずだ。貴方たちは、トランプ/ジョンソンを信頼して付いていくつもりですか?」

答えは、

・100%信用してついていくつもりだ  25%
・できればそうしたい   5%
・う~ん 難しいけど、できればそうしたいなぁ  8%
・そんなこと 考えただけでゾッとする   64%


シリアのサダト政権を支持するロシアに対してドタキャンという選択をしたのかと思いますが、Brexit の最中にわざわざ波風を立てるのもどうかな?と思う反面、抗議の意味も込めてドタキャンしたのであれば、政府の承認を取り付けているのでしょうから、メイ首相の意思なのかな?とかも思いました。


先週木曜日夜遅く、無事ロンドンに戻りました。日本では体調を崩し、今でも咳が続いています 
本日より通常営業再開です。これからもよろしくお願いします!







3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


[ 2017/04/10 18:17 ] 政治 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFXさん のご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 


視るブログ用



今週の視るブログは、先週のマーケットの振り返り( 英欧の経済指標の比較や中銀のユーロ離れ )と今週の注目点 プラス フランス大統領選について、お話しさせていただきました!



このバナーをクリックすると動画が見れま~す 




Net Money




[ 2017/04/10 17:39 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

英国のEU離脱に向けたスコットランド・北アイルランドでの動き

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用



3月29日、英国のメイ首相はEU離脱に向け、正式にEU基本条約(リスボン条約)50条を行使しました。離脱を告げた書簡がトゥスクEU大統領に手渡され、正式な受理の発表を行った時点で、2年間の交渉期間がスタートしています。

英国政府にとって交渉相手はEUだけでなく、同じ連合王国のスコットランドや北アイルランドも含まれています。今回のコラムでは、現時点でこれらの国が英国議会にどのような要求や脅威を与えているのか、日本では絶対に報道されない内容について書こうと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、


・スコットランド、2度目の住民投票実施を正式要請
スコットランド自治政府による採決結果
スコットランド政府からの要求
英国議会からの返答
スコットランド住民投票・世論調査結果

・北アイルランド、国境問題から浮上したリスク
2017年・北アイルランド総選挙結果
組閣準備期間が終了
和平合意は守れるのか?

・ここからのポンド取引での注意点




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>書簡の中で、「2度目の住民投票は、2018年秋から2019年春にかけての時期に実施を希望する」とスコットランド政府は要求してきたのです。

この『2018年秋から2019年春にかけての時期』というのは、英国とEUとの交渉がほぼ終了し、離脱条件について欧州議会で審議・採決している時期と一致します。つまり、スコットランド政府としては、離脱条件が決定された直後に住民投票を実施し、万が一スコットランド住民がEU残留を希望した場合、迅速に行動に移したいという意思表示をしました。<<<






どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




Brexit50条行使直後に出てきた問題点

今週木曜日にロンドンに帰ります  ギリギリですが、桜に間に合いそうなので、ラッキーでした。ロンドンの友達の話しによると、ロンドンでも桜が満開で、天気も良いとのこと。早く帰りたい 

東京滞在中は忙しく、体調を壊したこともあり  ブログの更新ができず、皆様にご迷惑をおかけしました。

なによりも私が一番驚いたのが  「週に2回くらい 「ロンドンFXチャンネル」の動画 を始めようかな?」 という呟きに対し、驚くほどの反応があったことです。Twitter やブログのコメント欄に加え、メールフォームを通して直接、多数のメールをいただきました。

自分の体調管理もありますし、今年は夏に2冊目の本の出版、秋からは「松崎美子のファンダ校(仮称)」(有料) をスタートし、もしかしたらファンダとFX女子別々(あるいはコラボ?)でサロンを始めようかな?(これも、有料) とも思っています。そして、同時に「全国10都市会場セミナー」(これまた有料 )も考えています。

私には、スポンサーも何もおりません。全部自分でやります。会場手配とかはロンドンからできないと思うので、東京に帰ってきたときにやるつもりです。

ということで、今年はいろいろチャレンジをしてみようと決めました。日本人にとって、「情報は無料・タダ」ということが一般化しておりますが、秋から始めようと思っている一部のサービスは有料にします。無料だと、誰でもOKになってしまい、真剣にFXを学びたい・勉強したい人に対して不利になるからです。どうぞご支援よろしくお願いいたします!



*英国、戦争へ突入か?
まぁ、ないと思いますが、この週末の英国での報道は、

「メイ首相、戦争の準備か?」  というヘッドラインが目立ちました。

戦争の相手は、スペインです。


*ジブラルタルを巡る対立
スペインの最南端に位置するジブラルタルは英国領ですので、昨年6月23日には英国各国と一緒に国民投票を実施しました。結果は当然ですが、大多数の住民がEUへの残留に票を入れました。

残念なことに、英国は離脱(Brexit)を選び、ジブラルタルもそれを受け入れたのです。


ジブラルタル



問題はここからですが、3月29日に メイ首相がEU基本条約 50条を行使 し、その際にEUトゥスク大統領に手渡した書簡の中では、ジブラルタルに関する言及がひとつもなかったそうです。

毎日 1万人くらいのスペイン人がジブラルタル領域で仕事をしており、その際には境界でのパスポートのチェックなどはないそうです。これは北アイルランドとアイルランド共和国との間柄と同じです。

英国からEUに手渡されらた書簡の中でジブラルタルに対する言及が一切なかったことを受け、スペイン外務相が 「英国のEU離脱後も、ジブラルタルに入国するスペイン人に対するパスポート・チェックは、ない。」と発言。そして、驚くことに、「スコットランドが英国連合王国から独立した場合、EUに加盟することに反対せず。」と、スコットランド独立に対して、大きく態度を変えました。


*ジブラルタルのファビアン・ピカルド(Fabian Picardo)自治政府首相の発言
昨日(日曜日)のBBC看板政治ショー Andrew Marr's ショーに出演したピカルド自治政府首相は、ジブラルタルは他国の主権下に入ることはあり得ない。英国政府の決定に従う。」と語りました。


*スペインの出方
スペインは、英国とEUとの離脱交渉の中に、ジブラルタルのスペインへの帰属を含むよう、EUに要請しました。そして、EU側はまだ正式な態度を示しておりませんが、「残り26カ国はスペインの要求を受け入れる方向で、4月29日のサミットで協議する。」と返答しています。


*35年前の今週・・・
35年前の今週、サッチャー前首相は海を越え、フォークランド島の領有を巡り戦争を決意しました。

そして、同じ女性の首相であるメイ首相も今週、ジブラルタルの領域を守るため、戦争も辞さないと語るのではないか? というのが、この週末の報道でした。

個人的には、さすがに今から戦争になることはないと思いますが、女性首相のもとで、遥か彼方にある小さい英国領を守らなければならなくなった偶然に驚いています。







3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


ロンドンFX 『視るブログ』

2013年7月8日より、上田ハーローFXさん のご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 


視るブログ用



今週の視るブログの主な内容は、先週のマーケットの振り返り(EU50条行使後の動き)と、今週の注目点 + 主要通貨予想についてお話ししてみました!


このバナーをクリックすると動画が見れま~す 




Net Money




[ 2017/04/03 15:52 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

自分の取引時間軸の決め方

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


フランクフルトのトレイダー達



日本の個人投資家の方から時々受ける質問の中に、取引スタイルが自分でもよくわからないという悩みがあります。専業・兼業、誰にでも自分にあった取引の時間軸は、必ず見つけられるので安心してください。数年前ですが、雑誌に載っていた「億トレさん」の取引時間軸をそのまま真似てみたが、やっても疲れるばかりで長く続かなかった・・・ というお話しを聞いて妙に納得したことを覚えています。

私がわざわざここに書くまでもなく、私たち一人ひとりが、自分にあった無理のない時間軸を設定しないと、最後には取引を継続すること自体に無理が来るのではないでしょうか?

一般的に会社で働いている方は、時間が自由になる夜間だけの取引に徹する方が多いように見受けられますが、発想を変えて、長期トレードを勉強してみるのも良いかもしれません。



今回のコラム記事の主な内容は、



・取引時間軸の違い
超短期: スキャルピング
短期: デイトレ
中期: スウィング
長期ポジションテイカー

・私の取引スタイル
私の長期ポジション取引
デイトレ編

・今年の主要通貨の方向性
ユーロ
ポンド
ドル



コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>他通貨と比較すると、一番買い材料が多いのが、ドルです。ただし、トランプ大統領の存在を「リスク」と位置付けるのか?それとも「効果」と位置付けるのか・・・ それにより、通貨の方向性が大きく変わります<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




[ 2017/04/01 11:55 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ