2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04

ポンド上昇の背景

もしかしたら、全然 違うかもしれないのですが、今朝の英国でのニュースを調べていて、「朝方のポンド上昇は、これかな?」 と思うものがありましたので、共有させていただきます。


*一部国有化のロイズ銀行株、さらに放出
2008年のリーマン・ショック直後に、英国では2つの銀行が一部国有化されました。

より深刻だったのが、RBS銀行
もう一行が、ロイズ銀行です。



ロイズ銀行



そのロイズ銀行ですが、当時は我々の税金を203億ポンド注入し、43%が国有化されました。

その後、政府は保有株を徐々に放出しています。

そして、今朝 ロイズ銀行の政府保有株の再度放出が発表されました。

これにより、現在 政府が保有しているロイズ銀行株は、3%以下。
金額にすると、203億ポンド注入した分の、195億ポンドが手元に戻ってくる勘定になります。

たぶん、あと一度だけ政府持ち株の放出をすれば、ロイズ銀行は「以前と同様、普通の民間銀行」に戻れる計算ですね。

この事実を好感して、ポンドが買われたのかな?と思いました。間違っていたらごめんなさい・・・ 









明日、WEBセミナーをやらせていただきます。今回の一時帰国で、最初で最後のWEBセミナーです。

英国のBrexit関連、英中銀の問題に加え、セミナー前日に終了したオランダ議会選についてや、気になるギリシャ動向についても、話せることは全てお話しさせていただきますので、現地からの生の情報をこの機会にぜひお聴きください 

YJFXさんのセミナーは事前予約は必要ありません。当日 早めにログインして、お待ちください。


3月16日 木曜日  20時30分〜21時45分

詳細は、 こちらから!
Net Money
[ 2017/03/15 17:32 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

オランダ総選挙はじまる!

本日は、オランダ総選挙   そして、アメリカではFOMCが実施されます。



*オランダ総選挙
詳細については、以前書いた 過去記事 を参考にしていただけると助かります。

投票がはじまりました!



オランダ総選挙用




投票時間  現地時間 午前7:30 〜 21時 (日本時間 15:30 〜 翌 午前5時)

出口調査  いくつかの段階に分かれているようです。


・第1段階
投票所が閉まる30分前の20時30分頃 (日本時間 翌午前4時30分頃)
それまでの投票のペースを元にして、各党の獲得議席の「予想値」の発表があるかもしれない ということです。


・第2段階
投票所が閉まる21時すぎ (同 午前5時すぎ) に、正式な出口調査結果発表



・第3段階
投票所が閉まった30分後の21時30分頃 (同 午前5時30分過ぎ) に、かなり正確度の高い出口調査結果が発表。
この結果がほぼ最終結果と思って間違いないほど、精度は高いと言われているようです。

ただし、ハッカーリスクが高いため、もしかしたら、第1・2・3段階それぞれの出口調査時間が若干遅れるリスクがあるそうです。


・最終結果
3月21日 現地時間 16時頃に最終結果発表 (日本時間 24時頃)


*私の勝手な予想
直近の世論調査では、反ユーロ・反移民・反イスラムの自由党(PVV)は、たぶん 良くても「22〜23議席」くらい取れれば良し!だったのですが、もし 仮に本日の投票で、この党の獲得議席が 「33〜35議席」とかに跳ね上がった場合は、ユーロが売られると思っています。

その理由は、この自由党とフランスの国民戦線は姉妹党ですので、この党が健闘するということは、  フランス大統領選  でもルペン候補の当選確率がやや上がるという発想です。





明日、WEBセミナーをやらせていただきます。今回の一時帰国で、最初で最後のWEBセミナーです。

英国のBrexit関連、英中銀の問題に加え、セミナー前日に終了したオランダ議会選についてや、気になるギリシャ動向についても、話せることは全てお話しさせていただきますので、現地からの生の情報をこの機会にぜひお聴きください 

YJFXさんのセミナーは事前予約は必要ありません。当日 早めにログインして、お待ちください。


3月16日 木曜日  20時30分〜21時45分

詳細は、 こちらから!
Net Money
[ 2017/03/15 16:47 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

明るさが見え始めたユーロ圏金融政策

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用


今月からヨーロッパでは政治イベントが続きます。まず、3月15日には、フランス大統領選の前哨戦という位置付けでマーケットが認識している、オランダ総選挙が実施されます。そして、4月には、今年のヨーロッパ最大のイベントであるフランス大統領選第1回目投票となります。

このような政治イベント目白押しの中、欧州中銀(ECB)金融政策理事会が3月9日に開催されました。

今回のコラムでは、ECB理事会とドラギ総裁の定例記者会見について、私なりの考えを書いてみたいと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、


・ECB理事会事前予想

・ECB理事会からの発表

政策金利
声明文
スタッフ予想
賃金上昇について
トランプ政権のドイツ攻撃に対して
フランス大統領選などのリスクについて

・ドラギ総裁記者会見を聞いた感想

・ここからのマーケット




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>インフレ上昇の芽が出てきたのは、ユーロ圏だけではありません。アメリカでもイギリスでも同様の傾向にあります。しかし、その中で敢えてECBだけがマイナス金利を継続しているのは、どうしてなのでしょうか?すぐに頭に浮かぶのは、今年は欧州で次々と選挙が続くので、動くに動けないから…という理由です。もしかしたら、タカ派のバイトマン独連銀総裁でさえ、万が一のフランス大統領選でのどんでん返しのリスクを考慮し、マイナス金利継続について公然と批判することは控えるかもしれません。ただし、見方を変えれば、9月24日のドイツ連邦議会選挙が終了すれば、ECB理事たちは自分の本音を主張し、結果として何らかの大きな政策変更に踏み切る可能性は排除できないということにも受け取れるでしょう。<<<



どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




[ 2017/03/15 12:35 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ