FC2ブログ
2016 101234567891011121314151617181920212223242526272829302016 12

Team F 「女性限定会場セミナー」でのご質問

昨日、東京商品取引所(TOCOM)で、Team F 「女性限定会場セミナー」 を開催しました。

友達の斎藤トモラニさん、株の向後はるみさん、そして私の3人で「Team F」というチームを組み、今後は活動を広げていこうと思っています。

Team F



あ、当然ですが、今まで通り、私はひとりでも仕事していきまし、Noteに関しては、今後も 黒猫アイランドさん と一緒に作っていきますので、その点 誤解のありませんようにお願いします。


*昨日受けた質問
いろいろ質問を受けました。Brexitのこと、イギリスのこと、はたまたFXを続けていく自信がないので辞めようかとおもっていること、ポジションを閉めるタイミングについて、私たち3人のトレードルールについて など、とにかくありとあらゆる質問を受けました。

その中で特に気になったのが、「自分はFXをはじめて、まだ間もないが、大損をする前にやめたほうが良いのか?」 という内容の質問でした。

最初、質問を読み上げてもらった時、「はぁ 」 という一瞬の戸惑いがありました。聞き間違いかな?とも思いました。

というのは、FXをやっている人は、損を前提に取引しているのではなく、儲けようと思ってやっている人ばかりだ・・・と思っていたからです。しかし、この質問者さんの場合、もしかしたら少しだけ損をしているのかもしれませんね。そして、その損が大きくなって、取り返しのつかないことになったらどうしよう? それを心配されているのかもしれません。

私からの答えは、非常に冷たい言い方になってしまいますが、「一度ポジションを切って、今後FXを続けて行きたいのか?本当に自分はFXをやりたいのか?」それをご自分に問うことをお勧めいたします。

「大損をする」 そういうことを考えながら、ハラハラしてFXをやっていけば、「大損する」という「引き寄せ」をしてしまいます。ほぼ100% 負けます。

つまり、自分のポジションがどうのこうの言う前に、FXというものに負けているのかもしれません。

なので、もう一度冷静になり、本気で続けていきたいのかを考えてください。

私はできる限り多くの方にFXで収益をあげて、それぞれの夢を叶えて欲しいと思います。しかし、大損をすることを考えながらFXをやっていたら、長くは持ちません。精神も病みます。

別にFXをやっていなくても、幸せな人生はいくらでも歩めます。

ただし、やはり自分はやりたいんだ! そう決めたら、またご連絡くださいね   お待ちしています。





ええと、来週月〜水曜日午後まで、母のお墓参りで新潟に行きます。
水曜日の夕方から通常に戻り、17日(木)に日本滞在最後のWEBセミナー となります。

皆さんのご参加をお待ちしております!





キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/11/13 18:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)

EU緊急外務相会合

本日 13日(日曜日)に、EU緊急外務相会合が開催されているそうです。英国では、この話題がかなり高いのですが、その理由は、「ボリス・ジョンソン外務相は、本日の会合に欠席する」と発表したからです。ただし、これには理由があります。

英ボリス 


*トランプ大統領誕生で慌てたEU各国
来年は「欧州選挙年」
できれば、Brexit も、トランプ大統領誕生も 「なかったこと」 にしたい欧州各国。

そこで、明日(月曜日)に通常のEU外務相会合が予定されている中、本日は拡大版として「緊急会合」となった模様です。そして、そこで話し合われるのが、「トランプ大統領と欧州との関係をどう築くべきか?」ということだそうです。

何度も申し上げますが、来年はオランダ総選挙(3月15日)、フランス大統領選挙(4月末と5月1週予定)、ドイツ総選挙(秋)と続きます。Brexitとトランプ大統領誕生により、ポピュリズムが台頭してきており、来年に選挙を控えたEU各国が慌てだしたのかもしれません。


*メイ首相、貴女は甘すぎますよ!
トランプさんが当選したことを受け、メイ政権の間では、Brexit後の米英貿易関係が、オバマ政権よりもトランプ政権のほうがスムーズに運ぶと、歓迎(?)している風があります。それに対し、ドイツの政界では「メイ政権の考えの甘さ」をあざ笑うコメントが出てきています。

どうして、英政権がトランプ政権のほうが貿易交渉がスムーズに運ぶと考えたかについてですが、オバマ大統領は「英国との貿易交渉は優先しない。英国は列の一番後ろに並んでもらう。」と発言しました。しかし、トランプ大統領は、英国独立党(UKIP)のファラージュ元党首と仲良しで、メイ首相もファラージュさんをトランプさんとメイさんとの橋渡し役に選んでいます。そして、そのファラージュさんはトランプさんが当選した2日後に、アメリカに会いに行っています。


*ボリスは緊急会合に欠席
ということで、話しを元に戻すと、ボリスが本日の会合に欠席した理由は、明日 月曜日に外務相会合があるので、わざわざ1日早く行ってトランプ大統領について話し合う意味がないということでした。

逆に言えば、欧州各国はかなりここからのアメリカの動きにナーバスになっているということですね 

ロシアと国境を隔てている国が多数、EUに加盟しています。このタイミングで、軍事で頼りにしていた英国がしばらくすればEUから抜けます。そこに、選挙が続きます。仕方ないのかな?来年は欧州からも目が離せません。

この辺りのことを、11月17日(水曜日)のWEBセミナー でお話ししたいと思っています。

日本滞在最後のWEBセミナーとなりますので、ぜひ皆様のご参加を期待してま〜す!




キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/11/13 14:40 ] トランプ大統領 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ