FC2ブログ
2015 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 08

ギリシャ危機に対する主要国のスタンスの違い

一昨日まで日本に滞在し、あっちこち駆けずり回っていたため、じっくりと腰をすえてブログを更新できませんでした。まぁ、そうは言っても、5週間もロンドンを空けていたので、税金の申告の準備(月末まで… )や、車の修理など、まだまだやることはたくさん残っています。

東京にいた時に、何度も書いては途中で止め…していたのが、この記事です。

今回のギリシャ危機に関して、主要国や公的機関のスタンスはどう違うのか?それについて、簡単に書いておきますね!

ギリシャ ユーロ圏財務相会合


*Grexit止む無し
ドイツは、というか、ショイブレ財務相は、2012年のギリシャ債務危機の時から一貫して、「強い者、つまりユーロ圏に残るにふさわしい国だけが、ユーロを使用する」という考え方を披露しています。

そして、すぐ下の記事で書きましたように、今回は具体的に「5年間」という期限をつけて、Grexitを提案しています 

つまり、Grexitに賛成している国としては、下の記事に書いたように

ドイツ・オランダ・フィンランド・エストニア・リトアニア・スロバキア・スロベニア


*追加の債務再編を認めよう
7月2日、国際通貨基金は 【ギリシャ債務の持続可能性に関する報告書】を発表し、そこで 「債務削減などの大規模な軽減策が実施されない限り、ギリシャ債務は持続可能にはならない。加えて今後3年に少なくとも500億ユーロの追加支援が必要」 との見方を示しました。

この意見に同意しているのが、他でもないアメリカです。
これとは逆に、ユーロ圏加盟国では、「既にギリシャに対しては民間部門の債務再編を実施した。それで十分」という考え方がまだまだ根強いです。

というか、ギリシャだけ借金棒引きされてしまうと、ギリシャと同じく金融支援を受けながら、辛い緊縮財政を国民に押し付けて(?)、ようやく一人立ち出来るようになったアイルランドやスペイン、ポルトガルから大きな不満が出るからだと考えられます。

債務再編に賛成なのが、IMFとアメリカ


*Grexitに反対している国
フランスとイタリアが、公の場でもギリシャに対して理解のある言葉をかけています。そして、当然と言えば当然ですが、欧州委員会も反対です。

あと、これは私個人の意見ですが、ドラギECB総裁も、Grexitを認める訳には行きませんね。ECB理事会後の記者会見で、何度も何度も 「ユーロは後戻り出来ない」 と発言していますので、Grexitを認めるとは思えません。

Grexitに反対しているのは、フランス・イタリア・欧州委員会とドラギ総裁


とりあえず本日のユーロ圏財務相会合では、’’Grexit の可能性を排除’’しながら、協議がすすめられておりますが、この3つのグループによる意見のぶつけ合いに終始しているようです…


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/12 22:12 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ドイツ財務省、5年間の暫定的Grexitを提案

昨日開催されたユーロ圏財務相会合 (以下、財務相会談) ですが、9時間だったかな?とにかく延々と協議し、結局何も結論が出ずに、今朝からあらためて集まって協議しています。

この後、午後からユーロ圏首脳会談(ユーロ圏サミット)と、EU首脳会談が続く予定でしたが、財務相会談が長引くことを考慮し、急遽、EU首脳会談はキャンセルされました。


*ドイツ財務省からの提案
私は昨日ず~っと、ギリシャを巡る協議内容を追いかけていました。その時に、ビックリしたのが  ドイツ財務省からの提案でした。

それは、5年間くらいの期間に限って、ギリシャにユーロ圏から離脱してもらい、他の機関の助けを受けながら債務状態を改善し、それが出来た時点で、またユーロ圏に戻ってくるという内容でした。そして、この【5年間のGrexit期間】は、ギリシャはEUのメンバーであることには変わりないそうです。

ドイツからの提案書はこれですが、赤い横線を引いたところが、その部分。

ギリシャ ドイツ 5年間のGrexit
(クリックすると拡大します)


この【5年間のGrexit】の提案はドイツ財務省の名前で提出されておりますが、報道を読むと、メルケル首相もこの案を承認したとされていました。

ドイツ フランス 財務相

この写真は、本日開催中の財務相会合が始まる前、ドイツとフランスそれぞれの財務相がお話ししている写真ですが、昨日の【5年間のGrexit】案に賛成したのが、ドイツ・オランダ・フィンランド・エストニア・リトアニア・スロバキア・スロベニア

それに反対したのが、フランス・イタリア・欧州委員会だったようです。




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/12 20:35 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(4)

ポンドに関する質問

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 

英国 国民投票

日本に滞在していた時に、ユーロやポンドに関する質問を数多く頂きました。 先週のコラムでは、ユーロに対する質問 をまとめてみました。

今週は、ポンド編です!


主な内容は

・質問1:   英国は何故今になってEU離脱の国民投票を実施しなければならないのですか?

・質問2:   英国は国民投票をして、どんな権利を取り戻そうとしているのですか?

欧州の連邦化からのオプト・アウトの権利
移民と移民に対する補助金支給についての決定権
英国政府の決定権の強化
英国内での企業活動について、EUの規制から保護する
金融街シティーをEUの規制から保護する

・質問3:   英国のEUから離脱の可能性は?もしそうなれば、ポンド高要因になるか、ポンド安になるのか?
英国がEUから離脱したら?
英国がEUに残留したら?

・質問4:   ポンドの利上げ時期について教えてください。8月に利上げは、あるでしょうか?

・質問5:   ポンドの先行きはこれからどう考えたらよろしいでしょうか?



コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>英国人は、他人に命令されたり、他人が定めたルールに従うのが非常に苦手な国民です。ですので、「英国はEUに属するべきでない」という論調は、常に存在しておりました。しかし、それが顕著になったのは、2009年からはじまったギリシャ債務危機が発端になったと私は感じております。
思い起こせば、2012年後半、ギリシャから拡大するユーロ圏債務問題に対処するため、欧州連合(EU)は英国に拠出金の増額を命じます。しかし英国民にすれば、加盟していないユーロ圏の問題解決のために税金が投入されるわけで、EUへの不満が高まります。そんな中で実施された世論調査では、「EU離脱」を選挙公約に挙げている小規模政党・英国独立党(UKIP)の支持率が上昇してきました。英国民はEUへの不満をこうした形で示したわけです。<<<



スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/07/11 01:31 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(2)

FXホットLineで作戦会議!

西原さんと一緒にマーケットについてチャットする企画が、ザイFXさんのご好意でスタート致しました 

ここでは、毎週の注目通貨やイベントなどについて、自分達の意見をぶつけあいながら、全体の流れを一緒に考えていこうと思っています。


このバナーをクリックすると記事が読めます 
         

Net Money
[ 2015/07/07 22:59 ] ザイFX!FXほっとLineで作戦会議 | TB(-) | CM(4)

ECBからの発表・ドラギさんのヘアーカット絵付き!

ギリシャ国民投票NOの結果を受け、昨日はあらゆるところで、会議が行われていました。その中でも私が特に注目していたのが、ECBの電話会議でした。 

どうしてそんなに注目していたのかと言えば、NOという投票結果を受け、ECBは緊急流動性支援(ELA)を継続するのか、知りたかったからです。

私自身は、7月20日に予定されているECBへの34億ユーロ規模の返済日まではELAは継続すると予想していました。


*ECBからの発表
これが ECBからの発表 です。

結果としては、私の「継続予想」は正しかったのですが、予想外の出来事として、ギリシャの市中銀行が差し入れる担保の割引率
(ヘアーカット)が引き上げられているのです。
スタンプ ヤバっ

具体的に、何%から何%に引き上げられたかは、書かれていません。

大手銀行のエコノミストや投資顧問などのファンドマネージャー達の推測によると、

今までのヘアーカット率は、たぶん30%台であった  昨日の引き上げ幅は10%ちょっと?  新しいヘアーカット率は、40~48%くらいの間だろう

こんな感じになっているようです。

とりあえず私自身のイメージとしては、本日開催されるユーロ圏財務相会合や首脳会談で何か突発的な出来事  が起きない限りは、20日の返済日まで、「延命装置」をつなげておくと今でも考えています。

全く関係ありjませんが、今回のヘアーカット率の変更報道を受け、欧州のディーラーの間では、ドラギ総裁のヘアーカットの絵が出廻っているようです。ヨーロッパのディーラーは、あくまでもジョークを持って何事にも挑みます。

ユーロ圏 ヘアーカット

上から2列目がやや過激ですが...  

本日は20時から上田ハーローFXさんで東京滞在最後のセミナーをやらせて頂きます。フリーアナウンサーの叶内さんにMCをやっていただくので、千人力です!
Net Money





もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/07 16:13 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(3)

お疲れの様子、メルケル首相

ギリシャの国民投票結果を受け、メルケル首相はドイツで緊急会議を... そして午後からはフランスに飛んで  オランド大統領と会談します。

これが今朝のメルケル首相ですが、かなりお疲れの様子です

メルケル首相


*ドイツの本音
今回の一連のギリシャ危機を見ていた一人として、2012年のギリシャ債務危機の時と比較して、えらい違うな~と感じたのが、「欧州各国が、ギリシャを必死に引きとめようとしなかった点」でした。見方によっては、ギリシャを挑発して、ギリシャの口から「ユーロから離脱する」というのを待っているのか?と思う場面もあったくらいです。

特にドイツのメルケル首相もショイブレ財務相も、ガブリエル副首相兼経済・エネルギー相も、みながみな、2012年当時と比較すると、発言内容のトーンがかなり強硬になっていたと感じました。

国民投票でNOという結果となり、本日はあちこちのEU加盟各国政府が緊急閣僚会議を開催しましたが、ギリシャに同情的なコメントを出したのは、いつもと同じフランスとイタリアくらい... ドイツは相変わらず、一線を引いた態度での発言  が続いていたと私は思います。


 ところが、つい5分前くらいに、ドイツのガブリエル副首相兼経済・エネルギー相がメルケル首相の意向として、

「 if we let Greece off the hook, we'd need same for Portugal, Spain, Ireland and ESM will not able to cope
もしギリシャを好き勝手にさせたら (Grexitを認めたら という意味も含まれていると思います) スペインやポルトガル、アイルランドが (次の標的となって) 同じ立場に追いやられるだろう。そうなると、とても ESM (欧州安定メカニズム) の手には負えなくなるだろう。」

こういう趣旨の発言が飛び出しました。

2012年8月のドラギ総裁の有名な 「ビリーブ・ミー」発言の翌月のECB理事会で発表されたOMT (国債購入計画) そして今年3月から開始されたECBの 国債購入を含む量的緩和策 の導入で、周縁国への飛び火懸念  はほぼなくなったとばかり思っていた私でした。事実、本日の国債市場でも、利回りは上がりましたが、危機的水準には行っていません。

しかし、ドイツの本音は、どんなにECBが頑張ったところで、世界の投資家が本気で動かしはじめたら、瞬く間に金融市場はパニックに陥り、第2のリーマン・ショックとなると考えているのかもしれません。

そうなると、今後のギリシャ政府と債権団の協議は、合意に終わるということなんでしょうかね?

う~ん...




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/06 23:54 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(4)

ギリシャ・トップ会談

ファルファキス財務相の突然の辞任もあって、ギリシャでは大統領を筆頭に、トップ会談が行われています。
これがその写真ですが、手前のお二人が、どなたか認識できません...

ギリシャ 閣僚会議


ファルファキス氏の後任として、現在筆頭に挙がっているのが、

・ドラガサキス副首相  ただし、本人は副首相に留まりたい意向を示している
・ツァカロトス・ギリシャ交渉団の団長   英オックスフォード大卒のエコノミスト
・スタサキス経済相 
・Chouliarakis 交渉団責任者  英マンチェスター大学教授 + 債権団に一番気に入られてるオジサン


一番可能性が高いとされているのが、ツァカロトス・ギリシャ交渉団の団長だといわれています。
どうなることやら...



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/06 16:57 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ国民投票翌日の欧州オープン

すみません、自分の記録用です。
国債に関しては、昼くらいまで様子みながら、後ほどアップしようと思います。


ギリシャ 翌日欧州オープン




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/06 16:14 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ国民投票結果を受け

今回の投票率は62.5%となり、文句なしの「NO」という結果になりました。

ギリシャ ダイセンブルーム

既に欧州の主要国株式指数の先物は大きく急落 して開始されています。予想通りの展開です。
ただし、今日私が一番注目 しているのが、周縁国(特にスペイン、ポルトガル、イタリア)の国債の動き。

ECB、量的緩和(QE) の一環として、めちゃくちゃ買い上げるので、それらの国の国債利回りが全然上がらないのか?
それとも、QEだけでなく、2012年8月にドラギ総裁が「ビリーブ・ミー」と発言した翌月に発表された OMT を、今回はじめて使ってみるのか?非常に興味深いです。

国債利回りはある程度時間が経たないと結果がわかりませんが、さしあたり本日のヨーロッパ市場オープン直後に、私達が心配しなければいけないことは、ECBがNOという結果にもかかわらず、ギリシャ向け緊急流動性支援(ELA)を継続するのか?にかかっていると私は考えています。

私個人のイメージで恐縮ですが、本日のECBでは、ELAの増額はやらないと思います。ギリシャの銀行が差し入れる担保のヘアーカットも、もしかしたらやらないかもしれません。つまり、890億ユーロの残高をそのまま継続するだけかもしれません。しかし、大事なことは、ELAをそのまま継続すること = 次の会合で協議するまでは、ユーロ圏に残っていいですよ というシグナルです


*ELAが突然キャンセルされてしまった場合は?
キャンセル = Grexit という発想に直結するだけに考えるだけでもおぞましいですが、その場合は2通りの手段があると思います。

・ギリシャ中銀による流動性供給
ECBの許可なく、ギリシャ中銀は市中銀行に対して、担保なし(?)でとにかく流動性を供給する。これはあくまでも、破綻寸前の銀行の最後の延命措置と思っていいでしょう。

・平行紙幣 または いきなりドラクマの導入
輪転機が壊れたということですが、そんな悠長なことは言ってられません。2012年のギリシャ危機の真っ最中には、英国にあるデ・ラ・ルゥーという紙幣印刷会社の株価が急騰したことがあります。市場が勝手に「ギリシャ政府に依頼され、密かにデ・ラ・ルゥーがドラクマ刷ってるらしい」という噂も立ちました。数ヶ月前にには、同じようなカナダの紙幣印刷会社の株価が暴騰していました。


とりいそぎ更新します。また何かでたら書きますね!


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/07/06 15:40 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 【視るブログ】

お知らせがあります!
今年の七夕に (明日)、上田ハーローFXさんで、フリーアナウンサーの叶内さんとご一緒に、WEBセミナーをさせていただきます!

本日のギリシャ国民投票の結果もまじえ、いろいろお話ししてみたいと思っています。
参加申し込みは、このバナーをクリックしてくださいね~

          
Net Money


どうぞよろしくお願いします~ 





2013年7月8日より、上田ハーローFXさんのご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 



本日の視るブログは、明日のセミナー前ですので、短縮版でギリシャについて話しています!

ギリシャ ツィプラス


スタンプ エイエイオー
このバナーをクリックすると動画が見れま~す 



Net Money
[ 2015/07/06 15:20 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

ユーロに関する質問

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 

ギリシャ Grexit?


今週のコラムでは、ギリシャ問題を中心に、私が日本滞在中に皆さんから頂いた質問に対して、私自身の考え方をご紹介してみようと思います。


主な内容は

・質問1: ギリシャの国民投票結果がNOとなれば、ギリシャはすぐにでもユーロ圏から離脱(Grexit)しなければいけないのでしょうか?

・質問2: ギリシャ国民投票でYESが出た時、NOが出た時、それぞれの市場の反応は?

・質問3: 松崎さんは、Grexitとなった場合、他の国に飛び火する危険性について、どう考えておられますか?

・質問4: ギリシャのツィプラス首相は、ESMに対し新たな救済を要請したようですが、、このESMというものは、なんでしょうか?

・質問5: 松崎さんは、ユーロ/ドルがパリティー(1.0000)まで下がると思いますか?

・まとめ



コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>ギリシャが今までのように「EU/IMF/ECBからなるトロイカ」に支援を申し出ずに、どうして今回はESMに要請したのかについては、理由があります。それは、6月30日にIMF向けの返済が出来なかったため、この返済を完了するまではIMFから追加支援を受け取る資格がなくなったからです。そのため、IMFが参加しない形での支援を要請せざるを得なくなり、急遽ESMの名前が出てきたものと思われます。<<<


スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/07/03 15:37 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

雇用統計 Live!

今回の雇用統計は、米国休日のしわ寄せ(?)もあり、一日早い木曜日に発表されます。

そして、今月のJFXさんの雇用統計Liveには、私が出ます~~~~~~~ 


さて、今月の雇用統計ライブは


2015年7月2日(木) 21:00~21:40 




7月2日(木)の雇用統計Liveでは、雇用統計の発表を挟んでドル円レートが上がるか下がるか
を当てるキャンぺーンを実施いたします。キャンペーン対象者の方には、弊社の人気キャンペーン
商品(食品)をお送りいたします。
※キャンペーンのお申込みには、ツイッターの登録が必要となります。
ツイッターアカウントをお持ちでいらっしゃらない方は事前にご登録ください。

■キャンペーン商品
人気食品 

■キャンペーン申込期間: 
2015年6月30日(火)17:00~7月2日(木)21:25

■キャンペーン条件

<Twitterからキャンペーンに参加される場合>
①キャンペーン申込フォームよりお申込みをすること
※1 JFXの取引システム「MATRIX TRADER」 に口座をお持ちのお客様が対象となります。

JFX 小林芳彦のツイッター(@JFXkobayashi)のフォローをすること。
ツイッターのアカウントをお持ちの方⇒
ツイッターアカウントをまだお持ちでない方⇒(ツイッター登録・フォロー方法はこちら)

③キャンペーン申込期間中に下記フォームの【ソーシャルストリーム】より
ツイッターアカウントにログインしてツイートをすること。
ツイート内容は「ロンドンFX 美子氏・小林社長へのご質問・雇用統計に関するご質問」をお書きください。
(下記フォームではなく、LIVE画面右隣の【ソーシャルストリーム】よりツイッターアカウントに
 ログインしてからツイートしていただいても構いません。)


Live streaming video by Ustream


�ドル円レートが上がるか下がるかを当てる
※ドル円レートは、MATRIX TRADERの
7/2  21:31 USD/JPY Bidレートが
7/2  21:29 USD/JPY Bidレートよりも高いか低いかを予想してください。

※判定はMATRIX TRADERのUSD/JPY 1分足 Bidレート始値を基準に行います。


<Facebookからキャンペーンに参加される場合>
①キャンペーン申込フォームよりお申込みをすること
※1 当社の取引システム「MATRIX TRADER」にお口座をお持ちのお客様が対象となります。


②JFX小林芳彦フェイスブックのページに「いいね!」をしてください。

③次にJFX小林芳彦フェイスブックの本キャンペーンの投稿記事に「いいね!」し、「キャンペーンに応募します」とコメントをつけてください。

④ドル円レートが上がるか下がるかを当てる
※ドル円レートは、MATRIX TRADERの
7/2  21:31 USD/JPY Bidレートが
7/2  21:29 USD/JPY Bidレートよりも高いか低いかを予想してください。

※判定はMATRIX TRADERのUSD/JPY 1分足 Bidレート始値を基準に行います。


【Facebookキャンペーン注意事項】
コメント・メッセージはお一人様各1回とします。意図的に複数のコメント、メッセージをいただいた場合は、
応募を無効とさせていただきます。
個人用アカウントでご応募下さい。ビジネスアカウント(企業・団体など)での応募は無効となります。
キャンペーン申込後もJFX小林芳彦フェイスブックのページには「いいね!」をした状態にお願いします。

【Twitter&Facebookキャンペーン注意事項】
・同一住所からの複数のお申込みがあった場合は、一番最後の方のお申込みを対象とさせていただきます。
・同一人物による複数のお申込みは一番最後のお申込みをキャンペーン対象として集計させていただきます。
・キャンペーンのお申込み内容に不備があった場合はキャンペーンの対象外とさせていただきます。

Twittercp申込ボタン


      画面をクリックしてください 

雇用統計Live!
[ 2015/07/02 08:53 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ