FC2ブログ
2015 031234567891011121314151617181920212223242526272829302015 05

欧州中銀(ECB)金融政策会合を終えて

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



今週木曜日から米ワシントンでG7財務相・中央銀行総裁非公式会議とG20会合、そして国際通貨基金(IMF)/世銀春季会合が開催されているため、4月のECB理事会は通常の木曜日ではなく、一日早い水曜日に行われました。今回はドラギ総裁の記者会見で、女性が総裁に襲い掛かるというアクシデントもありました...

本日のコラムでは、ドラギ総裁記者会見内容を振り返り、ECBが実施している国債購入を含む量的緩和策(PSPP)などについて考えてみたいと思います。


主な内容は

・ECB理事会からの発表とドラギ総裁記者会見
ドラギ総裁の発言内容と値動き
購入対象となる国債不足と追加の金利カットについて
資産購入の早期終了やテーパリングの可能性について
資産バブルについて

・ECBの資産購入プログラムの進捗具合

・ECBのバランスシート残高

・ここからのユーロ




コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>2008年に世界を震え上がらせたリーマン・ショック以降、主要各国ではゼロ金利に加え、自国の国債を購入するなどの量的緩和政策を導入してきました。この世界規模の緩和政策の長期化のおかげで、株式や国債市場では資産価格バブルの兆候が見えてきたと指摘するエコノミストはたくさんいます。

それに対してドラギ総裁は、「資産価格の上昇によるリスクは常に意識しているが、現在ヨーロッパで資産バブルが起きている証拠はない。もし、それが実際に起きた場合には、過去に実施した金融政策を緩和から引き締めに逆戻りさせるのではなく、マクロプルーデンス*規制を強化し、対応するのが一番好ましいと考える。」と語っています。<<<



スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/04/17 21:01 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

残された時間は少ないギリシャ情勢

昨日から始まったG20・国際通貨基金(IMF)・世界銀行の会合。世界中の財務相や中央銀行総裁が一斉に米ワシントンに集合した結果、ヨーロッパからアメリカへと舞台を変えて、【ギリシャ危機】に関する発言が次から次へと飛び出しています。

Grexit関連の報道は山ほどあるのですが、主なものをご紹介しましょう。


*先週の英タイムス紙の観測記事

EU draws up secret plans to kick Greece out of eurozone
EUは、ギリシャをユーロ圏から引きずり出す計画を秘密裏に作成」
スタンプ ざわ~

こういうタイトルの記事が載ったのですが、それによると、たぶん来月にはギリシャが倒産(デフォルト)に陥るのはほぼ確実だろうという前提で、フィンランド財務省が作成したメモがもとになった記事のようです。

ユーロ圏に加盟していない英国では、かなり早い時期から、Grexitに備えた対策を練っておりますが、英中銀が英系銀行に対しても、あらためてGrexit対策を強化するよう指導していたことが、先週わかりました。


*ドイツの大衆タブロイド紙: Bildの観測記事

ギリシャのツィプラス首相が解散総選挙を仕掛ける可能性  について報道しているようです。

現在もギリシャの改革案内容について、EU側とは合意できていない状態ですが、この中には民営化などが含まれており、SYRIZA党が目指す反緊縮政策に真っ向から反対する内容です。特にSYRIZA内部の強硬派の反対が強く、首相自身も頭を痛めているところ。

そこで、ツィプラス首相としては、ギリシャ国民は反緊縮策を支持していることをあらためて示すためにも、解散総選挙に打って出て、出来れば次はSYRIZA党の単純過半数以上の議席を取り、EUに対して「これがギリシャ国民と国家の希望である」ということを表明したいのではないか?ということのようです。


*今週の英FT紙の観測記事

英FT紙では、ギリシャのデフォルトの可能性についての記事がアップされました。ざっと読んでみたのですが、内容を整理すると

・債権者との合意が4月末までにまとまらなければ、5月と6月に予定されている国際通貨基金(IMF)への償還資金についてデフォルト(債務不履行)する準備をすすめている。2か月分の償還額は合計で約25億ユーロ

・公務員給与や年金支払いを(IMFへの償還より)優先することに決めた。今月分の未払い額は、24億ユーロ

・ただし、デフォルトの切り札を出して、債権者側がギリシャに有利な条件で合意させるためのギリシャの作戦である可能性も残る。

               

ただし、これに関しては、昨日ワシントンでこの問題についてIMFラガルド専務理事が、「IMFへの支払い遅延は何があっても容認しない。」とかなり強硬な姿勢を示しています。

昨日発言したのは、ラガルドさんに加え、ドイツのショイブレ財務相や、EU議会関係者もおりましたが、共通するトーンとして、「EU側は一切譲歩しません」という驚くほど容赦ない発言内容となっている点でした。
スタンプ 犬 やばい

ただし、肝心のメルケル首相は、Grexitを容認してしまうと、欧州統合という基盤が大きく崩れることを懸念しており、何がなんでも、ギリシャをユーロ圏に残留させる意志が強いという報道も出ており、一寸先は闇の状態が続いています。

スタンプ 失業中 落ち込む



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/04/17 20:16 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ