FC2ブログ
2014 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 02

スイス中銀の決定: 各金融機関の意見  その2

昨日に続き、他の金融機関の意見も載せてみます。

またもう少ししたら、ギリシャネタでも書きますね~


BNPパリバ銀行
フロアー撤廃のタイミングを、今選んだ理由を知りたい。ECBがQEを実施するから、1.20フロアーは維持できないと考えたのだろうか?2011年に決定された当時は、ユーロ圏債務危機がどんどん悪化し、「有事のスイス買い」に対応する形で決定された。しかし、最近のマーケットは、ドル高・ユーロ安の動きが激しく、違う意味でユーロ/スイスは上昇できなくなっていた。SNBからの声明文を見ると、今後も介入は継続すると、はっきり書いてあることを考えると、これからもスイス高と戦っていくのだろう。


CBA銀行
SNBの決定を受け、ここからのスイスはファンダメンタルズに沿った動きをしていくことになるだろう。そう考えると、しばらくスイスは強くなると当行は考える。ユーロ/スイスは、たぶん 1.0000 (パリティー)かそれを下回る動きになるだろう。ただし、金融政策の方向性の差により、ドルスイスは徐々に上昇していくと考えている。さしあたりは、200日線がある0.92-93台が最初の目標だ。


TD銀行
ECBのQE実施の可能性を知り、スイス中銀はこの決定に踏み切ったのかもしれない。政策金利も大きくマイナス化したが、最近のマイナス金利傾向は、特に珍しい現象でもない。今回のマイナス金利拡大を受け、ヨーロッパ各国の中央銀行 (ECB、ノルウェー、スウェーデン)も、後追いすることも考えられる。


ウエストパック銀行
SNBの決定は、ECBのQE実施に先駆けて決定されたのだろう。それほど、22日のECB理事会での発表内容に期待が高まっている。

予想されるQE規模は、5000億ユーロと言われており、ECBへの出資比率に合わせて、加盟国の国債を購入していくという内容となっているようだ。しかし、今回のSNBの決定を受け、マーケットでは、このQE規模は、1兆ユーロにもなるのでないか?という見方も出てきている。

もし、今後もSNBがスイス売り介入を継続せずに、ECBのQE実施や、地政学リスクが台頭した場合、ドルスイスは0.80を下回るまで下落するかもしれない。


三菱東京UFJ銀行
今後どのような展開になろうとも、今回の決定による短期的な影響は心配である。決定を受け、ユーロスイスは最大30%の下落をし、マーケット参加者に多大な影響を与えた。そうは言っても、マーケットは既に、50%の原油価格下落を経験し、ドルも15%上昇してきている。そして今週に入ってからは、銅の急落とスイスフランの高騰となり、ボラティリティーが一気に極端なレベルまで行っている。

市場の既存ポジションを見ると、ユーロと円の売り越しが目立ち、この巻き返しも十分に可能であろう。

最後になるが、今までSNBが介入をするたびに購入していたユーロを、外貨準備の分散投資という名目で売却していた。今回の決定により、この動きがなくなると考えると、ユーロにポジティブな動きになると思われる。


JPモルガン銀行
スイス中銀が1.20のフロアー制を撤廃したことは、驚くべきことであるが、あり得ない選択ではなかった。特に最近のスイス中銀の防衛を見る限り、防衛力が限界に近づいてきたことを感じさせる場面が多々あった。

そこにきて、来週にもECBがQEをやるかもしれない!という話しになってきたので、スイス中銀は限界を感じたのかもしれない。

スイスフラン防衛を繰り返したスイス中銀のバランスシート規模は、既にGDPの85%にまで達している。今回の決定で一番驚いたことは、フロアーを移動せずに、完全に撤廃してしまったことでは、ないだろうか?

当行は、ユーロ/スイス ストライク: 1.2088のプットを購入、Expiryは、3月16日を保有している。とりあえず期日まで保有するつもりでいるが、ユーロ/スイスのレベルが、0.90を下廻るくらいまで下がれば、閉めるつもりでいる。


SEB銀行
SNBは、ECBのQEの可能性、地政学リスクによるスイスへの資金流入などを受け、今回の発表に踏み切ったと思われる。この決定により、スイスは大きく買われ、ユーロスイスは一時、0.85台まで急落。果たして今後、どのレベルでこの通貨が安定推移するのか、想像することは難しい。スイスフランはずっと過大評価されている。しかし、今後もECBのQEやユーロ圏危機の可能性を考えると、ユーロスイスの下落リスクは継続するだろう。


ダンスケ銀行
SNBは、1.20フロアーを撤廃したが、SNBからの発表によると、フロアー制はスイス高から生じるデフレ圧力に対する一時的な対策という位置づけであるという認識らしい。今回の決定を受け、ECBのQEはほぼ確実となってきたので、まだまだユーロ下落の傾向は続くだろう。




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/18 22:00 ] マーケット | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ