FC2ブログ
2014 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 02
月別アーカイブ  [ 2015年01月 ] 

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

落石注意のマーケット

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




それにしても、昨日のスイス中銀からの発表は、世界中のマーケット参加者に、数々の疑問を投げかけました。一番の疑問は、「果たして、どこまで中央銀行の発言を、信用してよいのか?」

海外では特に、クレディビリティーというものが、非常に重要になります。今回のスイス中銀の対応は、このクレディビリティーを、木っ端微塵にしました。これが、そこらへんの中銀ならまだしも (それでも、凄い問題になるでしょうが) あのスイスだったことが、ショックでしたね…

本日のコラムでは、今週の大荒れマーケットについて、毎日の出来事をまとめてみました。



主な内容は、

・1月12日(月曜日)
ユーロ円、200日線下抜け
原油価格見通し、下方修正
ギリシャ国債利回り下落

・1月13日(火曜日)
英国も低インフレ圏へ突入
エネルギー指数が急落

・1月14日(水曜日) 
銅急落
米長期金利低下
欧州憲法裁からの見解

・1月15日(木曜日)
スイス中銀(SNB)、1.2000フロアー制撤廃
驚きの発表
フロアー撤廃決定の背景
フロアー撤廃発表のタイミング
ECBのQEは、「もし」から「いつ」へ ?
フロアー撤廃後の素朴な疑問

・まとめ



コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>スイス中銀は、まだはっきりと、「どうしてフロアー制をいきなり中止したのか?」について、正直な理由を語ってはいません。声明文を発表してから8時間くらいして、ジョーダンSNB総裁が記者会見を開いたのですが、そこでは「今回の決定は、パニック的に決めた訳ではなく、長い間考え抜いて決定したものだ」と語っています。
こちらでは、「クレディビリティー (信頼性)」というものを非常に重要視します。今回のSNBの突然の決定に関して市場参加者の間では、「SNBはクレディビリティーを大きく損ねた」という意見で一致しています。これを立て直すには、相当の時間と忍耐が必要でしょう。

これはあくまでも私の推測ですが、2011年のフロアー設定以降、1.20近くになると必然的にユーロ買いの介入をしなければならなかったSNB。特に昨年後半以降のロシア危機が勃発してから、介入をする機会が一気に増えたと思います。そうこうしているうちに、SNBのバランスシートは大きく増え、その規模はGDPの85%に達したと言われています。このGDP比85%という数字は莫大な規模で、米欧の中銀の規模は、その3割くらいだと言われています。

それに加え、介入の際に購入する通貨がユーロですので、マイナス金利がボディーブローのように効いてきて、スイス中銀の収益に悪い影響が出てきたことも考えられます。たぶん、スイス議会でも、この点が問題になったのかもしれません。<<<


スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/01/16 20:47 ] マーケット | TB(-) | CM(2)

スイス中銀による犠牲者

このすぐ下のブログ記事で、私が今回、やられたことを書きました。
そうしたら、つい20分くらい前に、ロンドンのFX証拠金取引では、最大と思われる IG Index が、本日の損失を発表してました。

(すみません、この記事を書き始めてから、Lineで友達たちとチャットしてたら、あっという間に1時間以上、経ちました  )



ロンドンのFX証拠金会社で、たぶん最大手だと思いますが、IG Index という会社があるんです。そこが、 「本日のスイス中銀の決定後のマーケットの動きで、3,000万ポンド(50億円以上)の損失が出た。」 と公表しました。

IG index


え? これってつまり、お客様のポジションの約定レートを、実際のマーケット・レートより良い?レベルで、Doneしたということなのかしら?

私の口座を持ってる会社と、全然対応が違うんですが… 
スタンプ ガ~ン


なんか、こういう問題とか、約定レートに不満を持ったお客様がクレームするだけならまだしも、裁判起こすとか、結構出てくるかもしれませんね。

FX会社も、相当辛い立場であることには間違いありません。つぶれるところが出ないよう、祈ってます…


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/16 01:05 ] マーケット | TB(-) | CM(2)

スイス中銀からの発表、その後の反応

いやぁ~、やられました~ 思いっきり往復ビンタを受けて、立ち直るのに時間かかりそうです。とりあえず、今月は取引やめます。

皆さんもご存知のように、私はドル/スイスの買いを昨年からずっと継続保有しており、それの損切りが、とんでもないレベルでDoneされており、結構な出費になっています。

生活費 ウンヶ月分の損失です… はっきり言って、泣きたいです
スタンプ うさぎ 悔し泣き


*スイス中銀からの発表
スイス中銀からとんでもない発表 がありました。

・主要政策金利を、-0.25%から、-0.75%へカット
・対ユーロのスイス上限 1.2000を撤廃


海外で生活すると感じるんですが、こちらの人はあまりギブアップをしません、というか、ギブアップすることを認めたがらないような気がします。

しかし、スイス中銀は、試合の途中でリングにタオルを投げ込んだ…  この行為が、まず驚きでした。

ECB理事会の1週間前に、この手の決断をするというからには、来週のECB理事会では、QEを発表  しかも、予想よりずっと大きな規模になる? ということを連想しました。

この発表から、少しづつですが、エコノミストによる見解が出てきました。それは次のブログ記事で紹介しますね!

自分としては、例えが下手で申し訳ありませんが、ダムの壁が崩れおちて、中に溜まっていた水が一斉に噴出してきた。
しかし、そのダムの底に何が沈んでいるのかが、はっきりしないまでは、どうしてダムの壁が崩れてしまったのか?の答えが出ない

こんな心境です。

私はドルスイスのロングを抱えていて、それにより損失をこうむった    これは、FXをやる以上、全てが自己責任ですので、全てをありのまま、受け入れています。ただ、約定レベルが、EBSの最安値より (これも、100%確かな数字じゃ、ないんですけどね…) 1000ポイント以上離れているのが、納得いかず、その点をブローカーさんに聞いてみました。

お兄さんも、今朝からその手の問い合わせで大変のようなので、声を荒立てて怒る気にはなれません。

慰めてあげました w



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/15 23:07 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(9)

【徹底解説】イタリア大統領選挙

今までずっと、FX攻略の雑誌で、月に一度、記事を書かせて頂いておりました。

2013年10月からは、よりホットな情報を皆様にお届けするため、オンライン版で情報提供をしたいと思います



つい先日、ギリシャの大統領選挙が実施され、与党が推薦した候補者に必要なだけの票が集まらず、解散・総選挙となりました。

そして、昨日、イタリアのナポリターノ大統領が、高齢のため、辞任を発表され、イタリアもギリシャに続き、大統領選の実施ということになります。

本日のコラム記事では、イタリア大統領選の仕組みなどを詳しく解説しています。

スタンプ OK たこちゃん


是非お読みください!

バナーをクリック すると記事が読めま~す!
  
Net Money


是非お読み頂けたらと思います
[ 2015/01/15 20:00 ] FX攻略:オンライン | TB(-) | CM(0)

ドラギ総裁の牽制球

水曜日発売の独Die Zeit紙に、ドラギ総裁からの国債購入に関して、牽制球とも思える記事が載っているそうです。


*国債購入、やりますよ!
ドイツ語が読めないので  いろいろな英語の報道を寄せ集めたものですが、発言内容としては

・ECB理事会は、ユーロ圏の物価の安定のために、全会一致で取り組むことに合意している

・物価安定の維持を達成するまでのアプローチの仕方には、理事の間で、いろいろな意見がある

・物価安定を達成するためには、政策金利を低いままに据え置きながら、経済成長が伸びれるような拡張的政策の導入が不可欠となる

・ECBは必要であれば、加盟国の国債を購入する準備が出来ている。ECBはユーロ圏全体の物価安定維持を目的としている点を、ドイツは理解するべきだ。



これはあくまでも私の意見ですが、1月22日のECB理事会で、ECBの国債購入を含むQE策の導入 が発表されると考えています。ただし、その方法や規模に関しては、3月の2回目の理事会まで、お預けとなる可能性も十分にあるでしょう。

年初からのユーロの動き関して、

・少し前のめりになりすぎているので、22日にQEの発表があったら、Buy the fact となり、ユーロは戻す  

・いや、そんなことはない。TLTRO、カバードボンド購入などに続き、国債も購入対象に含まれるということは、ECBは本気を出してくるに違いないので、ユーロはまだまだ下がる  

こういう2つの意見に分かれはじめました。

ドイツ銀行 ユーロ

         

これはある大手欧州系銀行の予想ですが、QE実施  年末までに、1.10 という見方を一切変更する必要なし! という意見のようです。



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/15 01:32 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(2)

ドラギ総裁 「イタリア大統領になる気は、ない」

1月13日を持って、イタリアのEU議長国の任務が終了しました。

一夜明けた今朝、ナポリターノ大統領が辞任の意向 を明確にされました。


イタリア ナポリターノ大統領

イタリア大統領選については、今週中に詳しく説明するとしますが、ここはギリシャのような「投票回数の制限がない」ので、下手すると延々と投票が継続し、議会の機能が麻痺することもあります。
スタンプ びみょう~


*ドラギ総裁、大統領選に出馬しない宣言  
今朝のMNI社の報道を見る限り、ドラギ総裁は大統領選には出馬しない宣言をした模様。

発言内容は、こんな感じですね…

「It's of course a great honour to have been considered but that's not my job. The job I'm doing right now is what's important. I'm happy to do it and I will continue to do it.
私のような者の名前が、大統領候補として挙がるとは、実に光栄なことです。しかし、それ(大統領職)は、私の仕事では、ありません。ECB総裁という職を全うすることが、自分にとって一番重要であることは言うまでもなく、私はこの職についていること事態が、幸せですので、今後もずっと続けていくつもりです。」


こんな感じでしょうか?

ということで、ドラギ総裁の辞任の噂は、一旦なくなったようです。




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/14 21:35 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(2)

ドル円: ゴールドマンサックスのカウント

私は、テクニカル音痴なので、エリオット波動とか、よく判っていないのですが  これは、米ゴールドマン・サックスの人たちがカウントしたドル円の動きです。

ドル円 GSのカウント 1月13日
(クリックすると拡大します)

要点としては

・55日移動平均線に、ほぼサポートされる値動きとなるだろう

・ここからのカウントは、ABCDE となる可能性が高い  私にはあまりよく判りませんが、このチャートにABCDEと書いてあるので、それのことだと思います。

・最終的には、124円を目指す。そこまで達成したら、一旦休憩


こんな感じのことが書いてありました。

自分的には、さきほど急落したユーロ円のLowが、守りきれるかが、目先の動向を占う上で、意外と重要なのではないか?と考えています。

ドル円は下目線なんですが、中長期のポジとして、凝りもせず 117円割れギリギリに買いを置いています。
スタンプ 凝視 にわとり




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/13 23:31 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

英国のインフレ率

いやはや、驚きました。

まぁ、お隣のヨーロッパは、マイナス・インフレになっているので、英国だけが無傷でいられるとは思っていませんでしたが、やはり +0.5%という数字は私にとって衝撃的でした
スタンプ ヤバっ


*0.5%って、凄い
本当にくどくて申し訳ないのですが、これは英国という国に、10年とか住まないと、なかなか判っていただけないことなんですが、この国は何もしなくてもインフレになりやすい国だと私は考えています。

2010年から予算案の発表の仕方や内容が変わりましたので、それからは少しづつですが、他の先進国と比較することが楽になってきたとは言え、私が1988年に渡英してから今までで、インフレ率が1%を切ったという記憶があまりありません。

とりあえず確認してみようと思い、英統計局の過去のデータを調べたら、載ってました、1989年からの数字が…
このチャートが、1989年1月から本日発表された2014年12月までの、毎月のインフレ率です。

英インフレ率 1989年~2014年

やはり私の気のせいではなかったです…  インフレ率が1%を切ったのは、2000年春と2002年春~夏にかけての時期だけでした。

英 インフレ率 1900年~

これは、1900年からの年間平均インフレ率のグラフです。


*今回の数字の反応
繰り返しになって申し訳ないんですが、この国に住んでいると、

「低インフレというものは、あくまでも一過性のもので、どうせまたズルズルと上がっていくんだよ…」

という思いにかられます。そして、今回の+0.5%という数字を見ての国内の反応も同じで

・実質賃金上昇率が急激に高まる
・各世帯の消費が、サポートされる
・減税効果が楽しめる

など、ポジティブなものが並んでいます。

数字が出てから、BBCテレビのインタビューを受けたカーニー総裁も、「追加QEの必要は、ない」 と切り捨て。

ただし、今回は、CPI ・ コアCPI ・ RPI ・ CPIH ぜ~んぶ下がっているのが、えらい気になっているんだわ、私…

スタンプ 考えるうさぎ



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/13 21:57 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

FXほっとLineで作戦会議!

西原さんと一緒にマーケットについてチャットする企画が、ザイFXさんのご好意でスタート致しました 

ここでは、毎週の注目通貨やイベントなどについて、自分達の意見をぶつけあいながら、全体の流れを一緒に考えていこうと思っています。


このバナーをクリックすると記事が読めます 
         

Net Money
[ 2015/01/13 20:28 ] ザイFX!FXほっとLineで作戦会議 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFXさんのご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 



マーケットのテーマは、22日のECB理事会でのQEの可能性と、25日のギリシャ総選挙。

本日の視るブログでは、これらのテーマを念頭において、今週のマーケットの予想を話してみました!
スタンプ うれしい うさぎとクマ


本年もどうぞよろしくお願いします!
スタンプ エイエイオー


このバナーをクリックすると動画が見れま~す 



Net Money



どうぞよろしくお願いします~ 

【上田ハーローFX】新規口座開設促進プログラム
最大5,000円キャッシュバック!
[ 2015/01/13 10:21 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

ギリシャ総選挙に関する世論調査

先週金曜日に発表された数々の世論調査結果、少し遅くなってしまいましたが、お伝えします。


*ギリシャの銀行預金流出について
Hardouvelis財務相は、米WSJ紙のインタビューに答え、「過去2ヶ月の間で、30億ユーロ規模の資金が、国内の銀行口座から流出した」 という事実を認めました。それに対して、人々の考え方は、

・50%  もしSYRIZA政権になったとしても、ギリシャの銀行口座は、安全
・34%  SYRIZA政権になったら、やはり危険が伴うだろう


*最新の支持率は?
SYRIZA  28.1%
ND党   22.6%


*ギリシャは、ユーロ圏に留まるべきか?
・74%   どんな犠牲を払ってでも、ギリシャはユーロ圏に留まるべき
・24%   そうとは、思わない
・2%    わからない


*ドイツ人の考え方は?  その1
61%   金融支援条件を順守出来ないのなら、ギリシャはユーロ圏から離脱すべき


*ドイツ人の考え方は?  その2
68%   ギリシャの債務再編について、反対である
28%   ギリシャの債務再編は、仕方ないかもしれない



かなりの温度差があります。

しかし、ギリシャ人は、どんなコストを払ってでもユーロ圏に残りたいという意志があるのなら、SYRIZA政権になったら、どうなるんでしょうかね?

スタンプ くま 疑問

もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/12 10:17 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ユーロの動き

3連休の中日、皆さん いかがお過ごしでしょうか?

私のことで恐縮ですが、先週金曜日、股関節の研究を20年以上続けていらっしゃる先生(医学免許なし)のところに、往復4時間かかて行って来ました。本当に行ってよかったです。先生の診療所まで、最寄の駅から徒歩6分くらいなのですが、行きは、1分くらい前に進むと激痛がするので、近所の家の壁に寄りかかって休む… を繰り替えしたので、20分以上かかりました。

治療、それも触っているかいないか判らないような不思議な治療を受けたのですが、帰りは駅まで全く休まず歩け (もちろん、足は引きずっています)  そしてその帰りに、近所のスーパーで買い物までして帰りました。

現在も足は引きずらない限り、前に進めませんが、痛みが取れたし、歩行が少し楽になったので、この先生のところにずっと通います。
そして、これと平行して、医学的な見解を求めるためにも、専門医の診察を受けます。
またなにか、新しい進展がありましたが、ご連絡いたします。ご心配おかけしてます…


*あるフランス系銀行の見解
これから書くことは、私自身、きちんと検証していません。ただ単に、その銀行の見解をパクッタものですので、あらかじめご理解願います 


ユーロという通貨の特徴として…

・1999年から昨年末までの、ユーロ/ドル始値と年末の終値の差は、平均すると 10 Big Figures (1 big figure = 100ポイントなので、 10 big figures =1,000ポイントですね)

・年が明けて、最初の1週間のユーロ/ドルの方向は、その年のトレンドと、一致する傾向が高い  16回中、13回

・昨年末の終値から現在まで(8営業日)で、既に 3 big figures 動いた

・この銀行は、2015年末のユーロ/ドル・ターゲットとして、1.14 を挙げています。



この銀行の見解では、マーケットはユーロ売りを急ぎすぎているように見えるそうです。ですので、ECB理事会とギリシャ選挙が終わったら、一旦ユーロは戻すのではないか?という結論に達している模様。

個人的には、一旦戻すのは全くかまいませんが、まだまだ不透明感高いと思うんですよね…


私が考えている素朴な疑問
・噂で出ている「ECBの5,000億ユーロ規模のQE」 というもの、合憲性がどうだとか、いい悪いは全く別問題として、純粋にみて、5,000億という規模で十分なのか?という素朴な疑問  アメリカと単純比較しても、どうにもならないことは、100%承知ですが、FEDが実施したQEのうちで、一番最後のQE3だけを取っても、あの人たちは 1.4兆ドルの国債とMBSを購入しています。

・ギリシャの新政権が誰になるのか? 最新の世論調査では、SYRIZAとND党の支持率の差が縮小してきたという報道ばかり目に付きますが、そんな縮小してないように見えるのは、私だけでしょうか? 先週もその前も、3%台の差だったと記憶しており、本日発表されたものも、やはりその差は3%台でした。

ギリシャは第一党が、50議席というボーナス がもらえるので、1議席でも獲得議席が多い政党が、メッチャ有利になります。

まぁ、冷静に考えると、SYRIZAが第一党となっても、果たして連立相手が見つかり、議会で151議席以上の信任票を得て、正式にSYRIZA内閣が発足するかどうかは、また別問題なのかもしれませんが… なんか嫌な予感がするんですよね。

スタンプ ワナワナ


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/11 22:12 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

ユーロ下落・10の理由

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




1月22日に開催される今年最初の欧州中銀(ECB)金融政策会合に向けて、いろいろな観測記事が出てきました。

本日も、ブルーンバーグが 「5,000億ユーロ規模のQE、実施か?」 という内容の記事を載せています。

今年に入ってから、戻しという戻しを見せずに下落しているユーロ。

本日のコラムでは、このユーロ急落の背景にあると考えられる 「10項目の理由」 を自分なりに考えてみました。


主な内容は、

1.新たなギリシャ危機の可能性

2.ギリシャのユーロ離脱について

3.国債購入を含む大規模な量的緩和策(QE)導入の可能性

4.QEの内容
財政ファイナンス
QEの購入対象国債
ドイツ政府の出方
Japanification

5.後手に廻るECB


6.外貨準備高の大きな変化  書いた本人がいうのもなんですが  ここ、メッチャ大事だと思います。

7.スイス中銀の動き

8.実効レート

9.ドル高モメンタムの継続

10.金融政策の方向性の違い

まとめ



コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>それでは、どうして私は、 2)ECBへの出資比率に基づき、「加盟各国の中央銀行が」国債購入を開始するという案が、結構いいアイデアだなと思ったのかについて書きます。

先ほども書きましたが、ギリシャでSYRIZA内閣が誕生した場合、彼らはギリシャ債務を踏み倒す(=新たな債務再編)気でいるため、ギリシャ国債の価値は、ほぼゼロになります。そして、ECBがやろうとしているQEの対象として、ギリシャ国債が含まれるという仮定で考えた場合、この購入を、(ECBではなく)加盟各国の中銀が実行した場合、その際の収益/損失の負担・クレジット・リスクは、ECBではなく、加盟国の中銀(=加盟国の財政収支に影響)が受け持つことなります。

少なくとも、ドイツの納税者がギリシャ国債から出た損失をカバーしなければならないというシナリオは消えますので、ドイツからQE実施に対する合意が得られやすくなるのではないでしょうか?<<<


スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/01/09 21:58 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ECB ロテーション・スケジュール

木曜日は、ちょっとメッチャ ショックを受けたことがあって、仕事が全く手につきませんでした。
スタンプ ガ~ン

実は10年以上ずっと、股関節と膝の痛みに苦しんでいます。でも、なんとか騙し騙し、今まで来ました。

昨年秋に急激に痛くなったので、こちらの無料医療で頼み込んで、股関節のMRIを撮ってもらいました。現在は、専門医に診てもらう順番待ちの段階です。

たまたま今日、先日手元に届いたMRIを自宅のPCで見たら、もう ショックだったの、なんのって。

こんな感じなんです
       
股関節の絵

産まれつき、実は奇形で産まれたとかいうのなら、逆に諦めもつくのですが、我慢してた10年の間に、骨が擦り切れてしまって、なくなってしまったのなら、その削れた骨って、身体の中に残ってるの? とか考えたら、オゾマシイ オゾマシイ

こちらの無料医療は、亀スピードでしか進まないのですが、さすがに1週間近く歩けない状態が続いているので、今日 一般医に電話したら、「来週火曜日に先生から電話が行きますので、そこで相談してください。」 で 終わりでした 


*ECB ロテーション・スケジュール
皆さんもご存知かと思いますが、今年1月1日より、リトアニアがユーロ圏に新しく加盟したため、ECB理事会の政策決定に参加できる理事達が、ロテーションを組むことになりました。

これが、ロテーションの表です (2015年版)
グレーで X が入ってる月は、「理事会に出席して意見でも何でも言えるけど、政策決定に投票する権利がない月」 です。

ECB ロテーション

クリックすると大きくなるので、確認してみてくださいね!


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/09 14:38 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(2)

雇用統計ライブ!

今年最初の 『米雇用統計』 が今週金曜日に発表されます~ 

今月の雇用統計ライブは


2015年1月9日(金)22:00~22:40 




1月9日(金)の雇用統計Liveでは、雇用統計の発表を挟んでドル円レートが上がるか下がるか
を当てるキャンぺーンを実施いたします。キャンペーン対象者の方には、弊社の人気キャンペーン
商品(食品)をお送りいたします。
※キャンペーンのお申込みには、ツイッターの登録が必要となります。
ツイッターアカウントをお持ちでいらっしゃらない方は事前にご登録ください。

■キャンペーン商品
人気食品

■キャンペーン申込期間: 
2014年1月9日(金)21:45~22:25

■キャンペーン条件
①キャンペーン申込フォームよりお申込みをすること
※1 JFXの取引システム「MATRIX TRADER」 に口座をお持ちのお客様が対象となります。

JFX 小林芳彦のツイッター(@JFXkobayashi)のフォローをすること。
ツイッターのアカウントをお持ちの方⇒
ツイッターアカウントをまだお持ちでない方⇒(ツイッター登録・フォロー方法はこちら)

③キャンペーン申込期間中に下記フォームの【ソーシャルストリーム】より
ツイッターアカウントにログインしてツイートをすること。
ツイート内容は「だいまん氏・小林社長へのご質問・雇用統計に関するご質問」をお書きください。
(下記フォームではなく、LIVE画面右隣の【ソーシャルストリーム】よりツイッターアカウントに
 ログインしてからツイートしていただいても構いません。)


Live streaming video by Ustream


�ドル円レートが上がるか下がるかを当てる
※ドル円レートは、MATRIX TRADERの
1/9  22:31 USD/JPY Bidレートが
1/9  22:29 USD/JPY Bidレートよりも高いか低いかを予想してください。

※判定はMATRIX TRADERのUSD/JPY 1分足 Bidレート始値を基準に行います。

【注意事項】
・同一住所からの複数のお申込みがあった場合は、一番最後の方のお申込みを対象とさせていただきます。
・同一人物による複数のツイッターアカウントのお申込みは全てキャンペーン対象外とさせていただきます。
・キャンペーンのお申込み内容に不備があった場合はキャンペーンの対象外とさせていただきます。

Twittercp申込ボタン


      画面をクリックしてください 

雇用統計Live!
[ 2015/01/09 09:53 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

2015年初取引で、イギリス王室御用達の紅茶をゲット!

毎週金曜日のコラムで、いつもお世話になっている  セントラル短資FX さん

年明け早々、「世界のプチギフト・キャンペーン」を始めました~ 

 セントラル短資FX さん のホームページには、月曜日から金曜日の毎日、担当のコラムニストが楽しい記事を載せている マーケット・ビュー というコラムがあります。

私は金曜日を担当させて頂いておりますが、月~金曜日の担当コラムニストが、それぞれプレゼントを選びました!

私からのプレゼントは、こちらです

セントラル短資 紅茶プレゼント

*ついでに、私の今年のイチオシ取引である 【ポンド売り/ドル買い取引】 についても、アピールしています
スタンプ OK

私はこの紅茶(フルーツティーですが…) を、毎朝起きたら飲むのが、日課となっています。

対象期間は、2015年1月2日(金)~2月27日(金) 営業終了までですので、まだまだ間に合いますよ~!

参加方法は、このバナーをクリックしてくださいね!
        
Net Money
[ 2015/01/08 12:09 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

機関投資家の投資先

オランダ: ING銀行が、機関投資家を対象に実施したアンケート結果が、efxnews というところに出ていたので、ご紹介します。結構面白かった


*欧州中銀(ECB) の国債購入を含む量的緩和策(QE)の導入について

・64%の投資家が、今年のいつか、QEが実施されると予想している
・上でYESと答えた投資家の間では、「やるとするならば、今年第1~2四半期の間」という意見が優勢
・26.8%が、第1四半期
・20.5%が、第2四半期


*今後6~12ヶ月間における投資魅力がある資産は?

・米国債が、一番トップ(一番魅力がある)   40.8%
・次が、新興国の株   24.8%
・その次が、高利回りの社債   20.8%
・4番と5番 わからず
・エネルギー投資が6番
・商品市場への投資が7番

・ユーロ圏加盟国の国債/社債への投資魅力は、最下位


*投資魅力のある地域は?

・米国   33.9%
・新興国  24.6%
・英国  (数字わからず)
・欧州   9.4%
・日本   6.4%と最下位に転落

スタンプ ワナワナ

*今年のマーケット・リスクは?

・新たな欧州危機    60%
・米国の政策金利の正常化   50%
・中国、ハードランディング   (数字わからず)

・56%の投資家は、アベノミクスや消費増税の失敗は、多大なリスクになると考えていない。



なんだか良く判らなかったのは、アメリカの金利が正常化する(=利上げに動く)時は、新興国への投資が控えられるということを学んだような気がするのですが、ここでのアンケート結果によると、新興国への投資意欲が結構高いことでした。

毎日が勉強です…
スタンプ 3人並んで勉強


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/07 22:20 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

ドイツのイールド・カーブ

12月のユーロ圏消費者物価指数・速報が発表され、予想のー0.1%を下回る -0.2% という数字が発表されました。自分的には、コア・インフレ率が、予想の+0.6%ではなく、+0.8%へ上がっていったことが、意外でした。

この数字が出た時には、  

・マイナス圏に入ったインフレ率を重視するのか 
・予想に反して戻ってきたコア・インフレを重視するのか 

自分でも悩んでしまいました 


*ドイツのJapanification (日本化)
早ければ、今月22日。遅くても今年の上半期の間くらいには、 ECBが国債購入を含むQE策 の導入に動くのは、間違いなし! というのが、現在のコンセンサス

その場合、ECBへの出資比率の割合で、国債購入をすすめる形になると考えられますが、そうなると当然、ドイツ国債の購入額が一番多くなります。

既にドイツの国債利回りは、下のチャートでも判るように、5年までのイールドは、マイナス 
日本の次に低い利回りとなっています。

ECBがQEを開始して、ドイツ国債を買えば買うほど、ドイツの利回りは低下しますよね…

そうなると、ECBの手によって、ドイツのJapanification(日本化)が加速される  それがますます低インフレ=デフレ・リスクを巻き起こすことになるかもしれない という負のスパイラルにもなりかねません。

ドイツ 国債利回り イールドカーブ




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/07 20:56 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

「ユーロ安相場」に考える【スイス・フラン取引】を解説

今までずっと、FX攻略の雑誌で、月に一度、記事を書かせて頂いておりました。

2013年10月からは、よりホットな情報を皆様にお届けするため、オンライン版で情報提供をしたいと思います



原油価格下落によるロシア経済への打撃、未だに解決の道がみつからないウクライナ情勢など、ユーロ/スイスが1.2000 フロアー近くに張り付く日々が続いています。これを受け、先月、スイス中央銀行は、ECBに続き「マイナス金利」の導入に踏み切りました。

本日のコラムでは、日本ではあまり馴染みがないと思われる【ドル/スイス取引】について、書いてみました。ユーロ/スイス 1.2000フロアー制が継続・維持されるという大前提条件付き ですが、こういう取引方法もあるんだな!ということを知って頂けたら嬉しいです!

スタンプ OK たこちゃん


是非お読みください!

バナーをクリック すると記事が読めま~す!
  
Net Money


是非お読み頂けたらと思います
[ 2015/01/07 19:18 ] FX攻略:オンライン | TB(-) | CM(0)

Grexit

今更ですが、ギリシャ総選挙後のユーロからの離脱リスク   について、あれやこれやと考えています。

まだ、うまく自分の考えがまとまっていないため、きちんとした記事には出来ませんが、ひとつだけ感じたことがあるので、ここに書きとめておきたいと思います。



今年に入って、昨年の振り返りを自分なりにやっていた時に見つけた、ある記事 

2014年5月に、英FT紙のブリュッセル支局長: ピーター・シュピーゲル氏が書いた3回にわたる連載   【 How the Euro was saved 】 という記事

これは、2012年春にギリシャがユーロ圏から離脱する可能性がぐんと高まり  他の加盟国へ飛び火する危険性が出てきました。それを阻止するために、舞台裏でどのような人たちが、どんな風に努力し、どんな決断を強いられたか… を、詳しく書いた記事です。

登場人物は、メルケル首相から始まりサルコジ大統領、オバマ大統領、ショイブレ財務相。影の立役者としては、ドラギ総裁・アスムセン前ECB理事。そして、ギリシャの政界重要人物、イタリア、IMF と、もう下手な本を読むよりも、ずっと引き込まれていきます。

そういう私もまだ2回目までしか読んでおらず、最後のところは読んでいません。とにかく、やたら長い… 

最終的に、「ギリシャを救済するか?」ということは、特にギリシャだからということではなく、「ヨーロッパを救う」ことを意味しているんだということが判りました。

この報道を読んで感じたことは、たくさんありますが、
【 ユーロ崩壊を防ぐZ計画 】 というものがあったらしく、この決定の土台となる準備段階の全てに、ドラギ総裁が参加していたことです。

1月22日のECB理事会で、QE実施が発表されるのかは、わかりませんが、ドラギさんが理事会後の記者会見のたびに、「ユーロは逆戻りできないんだ…」 と発言されるのは、こういう背景があったからなんだなぁ~ ということが、判りました。

この昨年5月のFT紙の記事の中では、ギリシャが離脱した場合、ヨーロッパ統合も崩れる  そのためには、ドイツの金銭的サポートなしでは、どうにもならないというオバマ大統領の助言     それに対して、泣いて抵抗したとされるメルケル首相。

しかし今回は、同首相ご自身も、「ギリシャがSYRIZA政権になったら、ユーロから出て行ってもらってもかまいません」的な態度を取ったと言われています。
スタンプ ガ~ン


FT紙の記事では、メルケル首相とショイブレ財務相の考え方の違いも出ており、ショイブレ財務相は、ここまでストレートには発言していませんが、要約すると、「他のメンバーが生き残るためには、弱い者は傷が浅いうちに切り捨てる。生き残りをかけて決定しないといけない」 という意見の持ち主だったように書かれています。

ここでは全て書ききれませんし、私自身も最後まで読んでいませんが、今回のギリシャのユーロ離脱報道を見て、このFT紙の記事が思い出されました。


もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/06 22:36 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

FXほっとLineで作戦会議!

西原さんと一緒にマーケットについてチャットする企画が、ザイFXさんのご好意でスタート致しました 

ここでは、毎週の注目通貨やイベントなどについて、自分達の意見をぶつけあいながら、全体の流れを一緒に考えていこうと思っています。


このバナーをクリックすると記事が読めます 
         

Net Money
[ 2015/01/06 20:16 ] ザイFX!FXほっとLineで作戦会議 | TB(-) | CM(0)

徹底解説:ギリシャ解散・総選挙

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




とうとうドイツ政府から、「ギリシャのユーロ離脱もあり?」発言が出てきたようで、2010年からのユーロ危機の再来  となるのか、正直ワクワク  しています
スタンプ ざわ~

ただし、そうなった場合にも、今回は前回と違い、ヨーロッパ+加盟各国は、その準備が出来ているという論調になっています。自分的には、「離脱後数年経って、ギリシャが離脱してよかった~」 となった場合が、ある意味本当の≪ユーロ圏崩壊危機≫につながると考えています。


本日のコラムの主な内容は、

・ギリシャ解散・総選挙の行方
どうして、今 総選挙なのか?
2012年総選挙を振り返る
5月6日投票結果
6月17日投票結果
現政権

・単独与党になるためには?

・SYRIZAが与党になるには?

・SYRIZA政権が誕生したら…

ギリシャに対する影響
ユーロ圏に対する影響

・新たなギリシャ危機の可能性

・まとめ




コラム記事の一部を抜粋しますと、
>>>過去5年間で4回目の選挙となる1月25日の投票日で、有権者は ① 金融市場の安定と引き換えに、更なる緊縮財政策の導入を受け入れるか?  ② 電気料金無料、最低賃金50%アップ、失業者に対する無料医療サービスなど、有権者が飛びつくような選挙公約をしているSYRIZA党を選ぶか? この2つの選択となりそうです。<<<

スタンプ ぎく?後ろにだれか


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2015/01/05 19:59 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFXさんのご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 



年末から年始にかけて、ギリシャ → イタリア → ドラギ総裁と、立て続けにユーロを下げるような出来事/発言が続きました。

本日の視るブログでは、それぞれの出来事の説明に加えて、中期のユーロのターゲットについてお話ししてみました。
スタンプ うれしい うさぎとクマ


本年もどうぞよろしくお願いします!
スタンプ エイエイオー


このバナーをクリックすると動画が見れま~す 



Net Money



どうぞよろしくお願いします~ 

【上田ハーローFX】新規口座開設促進プログラム
最大5,000円キャッシュバック!
[ 2015/01/05 09:58 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

イタリアでの反ユーロの動き

ギリシャでの解散・総選挙、そしてイタリア・ナポリターノ大統領早期辞任の意向を示す… もうこれで十分なのですが、イタリアでおかしな動きが出てきているのでお伝えします。

12月中旬まで戻る話しですが、伊現地紙:Istat と La Repubblica、そして英国の FT紙が報道した内容によると、イタリア野党のひとつ: 5つ星運動党首:グリッロ氏は、イタリアのユーロ圏離脱の是非を問う国民投票実施を実現するため、署名集めを開始すると発表したそうです。

5つ星運動はまだ設立されて間もない新党ですが、2013年総選挙で第3党  昨年の欧州議会選挙では、ナント2位に一気に躍り出ました 

イタリアの憲法では、この国民投票の実施は禁止 されていますが、5つ星運動の選挙公約は、「ユーロからの離脱に関する国民投票の実施」が含まれているため、署名の実現に向けて頑張っているようです。

年末前に演説したグリッロ氏は、「2015年末までに国民投票実施の準備が整うだろう。」と語った模様


ちょっとこれから外出しないとならないので  今度詳しく書きますが、イタリア議会には他の国と比較にならないほど、数多くの政党がひしめきあっており、そのうち大手4党は全て 「反ユーロ」を支持しているんです。
スタンプ ガ~ン

このあたりは、非常に重要です。

もう一度繰り返しますが、今 問題になっているギリシャのSYRIZA、スペインのPademos これらの政党は、「反緊縮」 ですが、反ユーロではありません。

それに対し、イタリアの大手4政党は、「反ユーロ」 なのです。そして、もっと恐ろしいことに、有権者による4つの政党の支持率を合計すると、驚くことに 【50%】になるという事実です。


・5つ星運動 19%
・フォルツァ・イタリア  16%
・北部同盟  12%
・イタリアの同胞 3%


イタリアの大統領が辞任するのは、早ければあと10日後くらいです。果たして、まだ首相になって日も浅いレンツィ首相が、どのような候補者を立て、その候補者がスムーズに大統領になれるのでしょうか?

イタリアの大統領選出過程は、ギリシャほど残酷ではありません。しかし、過去の大統領選を見ると、一番多いときで、23回かな?  投票を繰り返しています。つまり3週間くらい、国会が全く機能しない状態が続くということです。
スタンプ にゃんですって?

2015年度予算案内容に、欧州委員会から待った!をかけられたイタリア。とりあえず、数字の調整はEUと合意できているようですが、その作業にとりかからなければならない大事な今、大統領選に時間を費やされることになるようです。

すみません、ちょっと時間迫ってきたので、また本当にゆっくり書きます。

明日から頑張りましょう~

スタンプ OK



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/04 22:14 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ヨーロッパ発: 1月の気になるイベント

12月の前倒し大統領選挙のおかげで、新年早々、ギリシャでは解散・総選挙となりました。

とりあえず、自分が知ってる範囲で、【ヨーロッパ発: 1月の気になるイベント】 をまとめてみます。

重要度高いものには、赤くハイライト入れてます~



・1月7日
12月分 ユーロ圏消費者物価指数・速報


・1月13日
イタリア、EUの議長国最終日

・1月14~15日
イタリア、ナポリターノ大統領辞任の発表をする可能性がある最初の日

・1月16日
12月分 ユーロ圏消費者物価指数・改定


・1月22日
今年最初のECB理事会 + ドラギ総裁記者会見

・1月25日
ギリシャ総選挙


・1月26日
ユーロ圏財務相会合

・1月30日
2015年1月分 ユーロ圏消費者物価指数・速報



もしかしたら、これ以外にもあるかもしれませんが  パッと思いつくものとして、これだけ出てきました。

現在の予想としては、早ければ、1月30日に予定されている「2015年1月分 消費者物価指数・速報」の頃には、ユーロ圏のインフレ率が、マイナス (=デフレ)になる可能性が指摘されています。

ドラギさんも年明け早々、ドイツの新聞に「6ヶ月前と比較して、ユーロ圏がデフレに陥る可能性は、増大した」 という内容のインタビューを載せており、物価安定という責務を背負った中央銀行として、ECBはなんらかの対策を講じる必要性があるということを遠まわしに示唆しています。

ドラギ君

一番最新のユーロ圏インフレ率は、+0.3%でした。マイナスになる前に つまり1月22日の理事会で、いきなり国債購入を含むQE策の発表となるのでしょうか?

マーケットは、それを先取りしてユーロは売られていますが、もしその通りの決定となれば≪全会一致≫での決定ではありませんので、そこからどういう展開になるのか、正直あまりうまく予想が出来ません…
スタンプ がんばれ~



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/03 23:09 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ユーロ圏投資家信頼感指数(Sentix)、上昇!

日本では、あまり馴染みがないかもしれませんが、私がちょくちょくチェックしている数字のひとつに、「ユーロ圏投資家信頼感指数:センティックス」 というものがあります。

英語では、Euro-Break-up-Index と呼ばれており、直訳すれば 「ユーロ圏が崩壊する可能性指数」 ということになります。

SENTIX指数

このチャートは、Twitterに載っていた私のフォローしてるおじさんのを、パクッたものですが、Sentixのホームページをチェックしても最新の数字は、19.9%に跳ね上がっていました。

この数字がいきなり跳ね上がった背景には、ギリシャ大統領選の失敗による解散・総選挙が挙げられておりますが、イタリア大統領選はまだ含まれていないと理解しています。

個人的には、

・ECBのOMT(国債購入計画) が出来上がっている  2012年のギリシャ危機のような飛び火  リスクは最小限に抑えられる

・早ければ、新年最初の1月22日のECB理事会で、「国債購入を含むQE策の実施」 が発表される可能性が出てきた
 これについては、あらためて記事にさせていただきます)

これらの要因により、他の加盟国の長期金利がギリシャに続いて高騰するリスクは、今のところ低いと思っています。

ただし、2番目の 「1月22日、QEやるの 」 という思惑が消えない限り、ユーロの頭は押さえられることには、なりそうです。

スタンプ 氷



もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/02 23:22 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

2015年 ヨーロッパ: 不確実性の一年

ブログ読者の皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくご指導のほど、お願いいたします。

スタンプ あけましておめでとう


2015年を占う意味で、英BBCテレビがつけたタイトル は、ずばり 

Europe in 2015 :  A year of insecurity / 2015年のヨーロッパ:不確実性の一年

「2010年からの債務危機の時とは違い、ユーロ加盟国のどこかが財政破綻するというリスクはだいぶ低くなった。しかし、2015年のヨーロッパが直面しているリスクは、ズバリ 【デフレとスタグネーション】である」 という書き出し。



*リスク1: 反緊縮財政政策・反ユーロの動き
2015年は、数々の総選挙がヨーロッパ各地で実施されます。

最初はギリシャ
1月25日が総選挙の投票日と決定したギリシャ。「ユーロ圏には残留したいが、緊縮財政はまっぴらごめん!」 というSYRIZA党が第一党となる可能性が高まっています。

もしSYRIZAが他の政党と組み、連立与党を設立した場合、2度目の債務再編の要請が来ることは確実視されており、≪新たなギリシャ危機≫  を指摘する声もあがりはじめています。

お次は英国
5月第一週に総選挙が実施される英国 
ここでは、英国独立党(UKIP) がどこまで議席を伸ばすのか?果たして、保守党 または 労働党と組んで連立与党となるのか?その場合には、英国のEU離脱に向けた政策面で、第一党にどこまで譲歩をとりつけられるのか?など、かなり神経質な展開  になることが予想されます。

そしてスペイン
今年12月20日かその付近に総選挙が予定されているスペイン。
昨年5月に実施された欧州議会選挙で、8%の得票率を獲得した極左政党:ポデモス(Podemos)。「たかが8%で、どうして騒ぐの 」 という疑問を持った方がいらっしゃるでしょうが、この政党が設立されたのは、この選挙からわずか4ヶ月前。そして、クリスマス頃に実施された一番最新の世論調査によると、この政党の支持率が、第1位  となっており、驚くことに、29.6%もの支持率を集めています 

ポデモスは、ギリシャのSYRIZAと同じく、「ユーロ圏には残留したいが、緊縮財政策はまっぴらごめん!」な政党です。


*リスク2: 移民問題
移民受け入れが多い国として、ドイツ・英国・イタリアの名前が挙げられると思います。
ドイツでは、クリスマス直前に 「これ以上の移民は、勘弁して欲しい」 という抗議デモが実施されました。
5月に総選挙を実施する英国でも、移民受け入れや、移民に対する補助金支給の制限など、各党の公約が気になります。


*リスク3: ロシア危機
今年のヨーロッパにとって、一番リスクが高いのは、ロシアとの関係だという指摘が増えてきています。そして、現在のところ、欧州全体が足並みを揃えて、ロシアに対する制裁を実行していますが、今年の経済成長にかげりが強くなった場合、フランスとイタリアが、制裁内容の見直し/緩和に動きはじめ、ヨーロッパ全体の足並みが乱れる恐れが指摘されています。




もし この記事がお役に立ちましたら ポチッ 御願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX  
インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 



スタンプ 行っとく?
[ 2015/01/02 22:30 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ