FC2ブログ
2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03

欧州議会選挙へ向けて

5月の欧州議会選挙へ向けて、少しづつ動きが出てきた国があるようです。

*フランス

フランスのLes Echos紙によると、Montebourg産業大臣は、「欧州議会選挙の論点として、ユーロのレベルを最大テーマに挙げたらいかがなものか?」と提案しているようです。

同大臣の見方では、

「we have the most depressed economy in the world with the most appreciated currency in the world,
ユーロ圏は世界で最も不景気で悩んでいる地域であるにもかかわらず、ユーロは世界で最も強い通貨である。」

と語り、ユーロがもっともっと弱くなることを希望していると付け加えています。

同氏の見方としては、ユーロが10%切り下がる  フランスのGDP +1.2%押し上げ要因  15万人の新規雇用が可能  120億ユーロ規模の公的債務削減が可能

これに加えて、「ECBは金融・通貨政策をやれるところまで頑張った。ここからのユーロは、政治的手段を使ってなんとか出来ないものか?その意味も含め、欧州議会選挙でユーロの為替水準にスポットライト  を当ててみたい。」という意見のようです。
スタンプ 考えるうさぎ


*オランダ

極右政党・自由党のウィルダース党首は、欧州議会選挙に向け「オランダのユーロ離脱 (Nexit)」を声だかに叫び始めています。

もともと反ユーロ色の濃い政党ですので、このこと自体は全く驚きではありません。

以前にも記事にしたと思うのですが (探せない... 汗)、欧州議会選挙に向け、オランダとフランスの極右政党同士が協力すると発表しており、ウィルダーズ党首とルペン党首(国民戦線党首)は会合を開いており、国境を越えて反ユーロ政党が協力しあうことも十分に考えられます。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/10 20:40 ] 欧州議会選挙 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFX(株)さんのご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 


毎週マーケットの「テーマ」が変わるので、そのたびにいろいろなことを勉強しなおし、結構充実した毎日を送っています!
スタンプ 3人並んで勉強

さて、本日の動画では、英中銀四半期インフレーション・レポートを中心に、イエレンFRB議長の証言に関する予想などを話してみました。
スタンプ エイエイオー


このバナーをクリックすると動画が見れま~す 



Net Money



どうぞよろしくお願いします~ 
[ 2014/02/10 19:28 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

雇用統計に向けた各行の予想

雇用統計に向けた各行の予想です。


*ゴールドマンサックス
NFPは200K (20万人)、失業率 6.6%を予想


*バンカメ・メリル
1月の天候不順の影響を受け、数字の予想が難しい。
当行は、NFP 185K、失業率 6.6%を予想。先月の74Kの数字も改善されると考えている。


*シティーバンク
当行は、NFP 180K、失業率は変わらず 6.7%を予想。

予想より強い数字の場合は、ドル円、ポンド/ドル、ドル/メキシコペソが一番素直に反応するであろう。
予想より弱い数字となった場合、新興国市場の通貨により影響を与えると考える。

もしNFPが220Kより高い数字になれば、ドル・株が買われ、債券が売られる(イールドは上昇)
NFPが170~210Kの間に落ち着けば、G10通貨には特に影響なし。


*バークレイズ銀行
先月(12月)の数字があれだけ悪かったのは、寒波の影響を強く受けた結果だと考える。
今回発表分は、12月より強い数字となり、NFP 175K、失業率 6.7%を予想。


*クレディスイス
NFP 195K、失業率 6.7%を予想

12月の74Kという非常に悪い数字が、今月も継続するとは考えていない。1月の天候は、12月と比較するとはるかに落ち着いている。


*クレディアグリコレ銀行
NFP 200K、失業率 6.6%を予想。

12月の数字が非常に悪かったので、1月の数字を予想することが今までになく難しい。12月の数字の修正幅も、当然大きくなるであろう。緊急失業保険給付が昨年末で終了したため、労働市場から抜けた人達が増え、その結果、失業率の低下が予想される。


*コメルツ銀行
NFP 200K、失業率 6.6%を予想


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/07 21:42 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

欧州中銀金融政策理事会からの発表

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



今年は年初から動きが激しく、ボラティリティーを取りに行く投資家の方にとっては、願ってもない相場展開になっていることでしょう。

先週までの ミニ新興国危機相場 は一時的に小康状態を守っており、今週は主要国の中銀による金融政策の発表や経済指標でマーケットが動いています。

本日のコラムでは、昨日行なわれた欧州中銀(ECB)金融政策理事会の事前予想と結果について、自分なりの考え方を書いてみました。

どうぞごゆっくりお読みください 
スタンプ エイエイオー


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2014/02/07 20:50 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

雇用統計ライブ!

FX市場のメインイベントである今年最初の『米雇用統計』が、やってきます 



2014年2月7日(金)22:00~23:00 



2月7日(金)の雇用統計Liveでは、雇用統計の発表を挟んでドル円レートが上がるか下がるか
を当てるキャンぺーンを実施いたします。キャンペーン対象者の方には、弊社の人気キャンペーン
商品(食品)をお送りいたします。
※キャンペーンのお申込みには、ツイッターの登録が必要となります。
ツイッターアカウントをお持ちでいらっしゃらない方は事前にご登録ください。

■キャンペーン商品
人気食品(2月食品キャンペーンの商品ではございません)

■キャンペーン申込期間: 
2014/02/07 21:45~22:25

■キャンペーン条件
①キャンペーン申込フォームよりお申込みをすること
※1 JFXの取引システム「MATRIX TRADER」 に口座をお持ちのお客様が対象となります。

新規口座開設は⇒こちら
本人確認書類は⇒こちら

JFX 小林芳彦のツイッター(@JFXkobayashi)のフォローをすること。
ツイッターのアカウントをお持ちの方⇒
ツイッターアカウントをまだお持ちでない方⇒(ツイッター登録・フォロー方法はこちら)

�キャンペーン申込期間中に下記フォームの【ソーシャルストリーム】より
ツイッターアカウントにログインしてツイートをすること。
ツイート内容は「鈴木隆一氏・小林へのご質問・雇用統計に関するご質問」をお書きください。
(下記フォームではなく、LIVE画面右隣の【ソーシャルストリーム】よりツイッターアカウントに
 ログインしてからツイートしていただいても構いません。)


Live streaming video by Ustream

�ドル円レートが上がるか下がるかを当てる
※ドル円レートは、MATRIX TRADERの
2/7 22:31 USD/JPY Bidレートが
2/7 22:29 USD/JPY Bidレートよりも高いか低いかを予想してください。

※判定はMATRIX TRADERのUSD/JPY 1分足 Bidレート始値を基準に行います。

【注意事項】
・同一住所からの複数のお申込みがあった場合は、一番最後の方のお申込みを対象とさせていただきます。
・同一人物による複数のツイッターアカウントのお申込みは全てキャンペーン対象外とさせていただきます。
・キャンペーンのお申込み内容に不備があった場合はキャンペーンの対象外とさせていただきます。

Twittercp申込ボタン


      画面をクリックしてください 

雇用統計Live!
[ 2014/02/07 20:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ECB理事会に向けた各行予想

ECB理事会に向けた各行予想です。

*ゴールドマン・サックス
主要政策金利3つとも、全て据え置き


*シティーバンク
政策金利の変更をする必要は、ないと思うが、ガイダンスの強化や、追加緩和を近い将来実施する可能性を強く押し出すことは、できる。

利下げ以外の緩和策としては、(英中銀が行なった)FLSと似た融資プログラムや、SMPの不胎化を停止することなどが挙げられる。

FLSに似た融資プログラムを実行すれば、ECBのバランスシートは拡大することになる。SMPの不胎化の停止は、QEに向けた一歩と取られるかもしれない。

ECBが利下げに動くかもしれない!と、ユーロをショートにしている人にとっては、ユーロの下落はそんなに激しくないだろうが、(今回なにも発表がなかったとしても)ECBの追加緩和期待は継続するため、ユーロの戻りは絶好の売りチャンスだと捉えている。


*バンカメ・メリル銀行
当行は政策金利は据え置きを予想しているが、近い将来利下げも含めた追加緩和の導入リスクを警戒している。


*バークレイズ銀行
当行は、本日のECB理事会に先駆けて、ユーロ売り/ドル買いを推奨しており、それは現在も変化ない。

当行は、今月か来月の理事会のいずれかで、レフィ金利を0.15%カット(0.25%から0.10%)、デポジット金利を0.10%カット(0%から-0.10%)すると考えており、マイナス金利導入を予想している。これは、最近のユーロ圏やドイツなどのインフレ率の低下を確認しての判断である。

当行の見解としては、ユーロ/ドルは中期的に下落すると考えており、デポジット金利のマイナス化が実現すれば、下落スピードが増すであろう。


野村: 
当行はECBの追加緩和策導入の可能性が高まったと考えているが、ECBはより多数の経済指標を確認し、必要であれば実行に移すつもりでいると思っている。2月の理事会で政策金利据え置きを決定したとしても、将来の追加緩和策導入の期待は継続するであろう。

ちなみに、当行は2月と3月のインフレ率予想を0.7%としている。


*モントリオール銀行
コンセンサスは、金利据え置き予想となっているが、レフィ金利の0.05~0.25%カットのリスクは、依然としてあると考えている。たぶん金利カットの可能性は50/50なのではないか?

もし今月は据え置き決定を決定したとしても、中期的なユーロ/ドルの下落に備えてポジションを作るいい機会になるであろう。


*クレディアグリコレ銀行
ECBは据え置き決定するであろうが、かなり際どい決定となると考えられる。当行は来月の理事会でレフィ金利のカットを予想している。

ECBが金融政策の変更を決める上で大切な要素は5つ。

1)インフレ予想
2)金融市場
3)クレジット市場
4)経済活動
5)金融市場のボラティリテイー

先月の記者会見でドラギ総裁は、特にインフレ率と金融市場に注意を払っていたという印象を受けた。今月は残りの問題に注意するであろう。


*コメルツ銀行
当行はユーロ圏の中期的インフレ見通しは、今後も更に低下すると予想しており、特にコア・インフレの部分はECB予想を下回ると考えている。その結果、ECBはあともう一回、政策金利のカットに動くであろう。しかし、今月は据え置き決定を予想している。


*クレディスイス
当行は、3月か4月の理事会でECBは政策金利カットに動くと予想している。その場合、デポジット金利のマイナス化に踏み切るであろう。そうはいうものの、本日の理事会で、金利カットを発表するというサプライズは依然として残っている。
もしそうなった場合、デポジット金利のマイナス化の度合いは、せいぜい0.10%に留まるであろう。

さらに、ECBがSMPの不胎化を停止するという選択肢もある。もし本日その発表があっても、当行は全く驚かない。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/06 20:30 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ギリシャを取り巻く動き

本当はもっと早く記事にしようと思っていたのですが、ミニ新興国危機 で、スッタモンダしていて、とうとう今になってしまいました 

*ギリシャ最高裁での判決

最近出たギリシャに関する報道で、一番私の記憶に残っているものは、同国の最高裁による判決内容だったと思います。

先月の話しですが、EU/IMFから金融支援を受け取るための交換条件として、トロイカ調査団とギリシャ政府の間で決定された経済再建プログラムの ’’緊縮財政策’’ に含まれる公務員給与一律10%カット に対し、ギリシャ最高裁は 「その要求は不当である。トロイカ調査団は条件内容の撤廃に動くべきである」 という判決を下したのです。
スタンプ ヤバっ

最高裁の判断理由として、「ギリシャ債務危機の時に、自分の身体を張って国家の治安に勤めた警察官に対し、給与カットを押し付けることは、とんでもないことだ」 という感じでした。ちなみに、’’給与一律10%カット’’ は、2012年に決定された第2弾金融支援の受け取り条件のひとつ。

*秘密会議

この判決を受け、今までずっとカットされていた10%分の給与を、警官や警備隊などに払い戻す話しが浮上。この「未払い分」の額は、推定で少なくとも5億ユーロ  これを払うためには同国が昨年計上した基礎的財政収支の10億ユーロの黒字に手をつけなければなりません 

支援金受け取り条件を最高裁で却下されるわ、基礎的財政収支の黒字がなくなってしまうかもしれないわ...  と、ギリシャを取り巻く環境が一変したことを受け、先週金曜日に、欧州連合・ドイツ・フランス・IMFそれぞれの代表者が集まり、この問題に関して会合を開いたと、ドイツの新聞が報道しています。当然、ギリシャはこの会合に招待されていません。
スタンプ 3人並んで勉強

そこでの話し合いの結果、今週に入ってからにわかに浮上してきたのが【ギリシャ向け第3次金融支援】の可能性 既にドイツ財務省では5ページに渡る関連書類が作成済みと言われており、その内容を挙げますと、

・第3次金融支援の規模は、100~200億ユーロ
・第1次・第2次金融支援で受け取った総額:2,400億ユーロの融資について、返済時期の延長(50年間)と利息のカット(0.5%)
・新たな債務再編 (ヘアカット) の必要性

*5月中旬までに解決しなければならない理由

今年上半期のEU議長国であるギリシャへの第3次金融支援が実行されるのであれば、それは5月中旬までになされなければいけません。

理由ですか  それは、5月22日から欧州議会選挙があるからです。そうは言っても、一部の報道では、選挙までに全てを準備するのは無理なので、6月にずれこむという話しも出てきていますが...

個人的には、「5月中旬くらいまでに、追加融資が必要になる理由」は、欧州議会選挙だけでなく、5月と8月は毎年ギリシャの国債償還がまとまって起きる月だと記憶してますので、やはり償還資金確保という意味からも、やるしかないように私は考えています。

*ギリシャの言い分

トロイカ調査団の報告などを総合すると、ギリシャ政府が直面している問題は、

1) 金融支援条件の順守が全然出来ていない
2) 財政ギャップ(目標とする財政健全化の達成に必要な財政の過不足)問題  推定で60億ユーロ

ギリシャは、もし第3次金融支援を受け取ることになる場合でも、昨年度の基礎的財政収支の黒字化を理由に、これ以上の緊縮策は一切受け入れられないと、上から目線の態度を取っていることも気になります。

とりあえず、この話しが出た日はギリシャ国債の利回りが若干上がりましたが、現在は落ち着いています。市場は、新興国危機や、木曜日のECB理事会、金曜日の米雇用統計に気を取られてますので、ギリシャのネタは以前の様に注目を浴びません。

ただし、5月の選挙が近づいてくる頃までに、きちんと解決していなければ、新たな火種  となる可能性はあると思っています。



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/06 08:00 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

RBAに関する観測記事

私はコレステロール値が異常に高く  半年に一度、血液検査を義務付けられています。先月やった検査結果を聞きに今朝病院に行ったら、「善玉が下がり、悪玉が上がった結果、総合が前回より悪くなっています。」という悲しいお知らせでした...  ジムにも行く、なるべく油物は取らない、魚と野菜を食べるなど、自分なりに気をつけてきたのに、残酷な結果になってしまいました。とりあえず、今年の夏に次の検査をして、それでアカンかったら、薬を取ることになるようです。困ったぞ~~~
スタンプ くま ムムム

前置きはこのくらいにして、仕事です。今回は日本人大好き通貨:AUD

私はAUDの取引をしませんし、そもそもAUDやオーストラリア市場を追っていませんので、あくまでも表面的な記事になってしまうことをお許しください。

*オーストラリアのヘラルド。サン紙の記事

昨年からオーストラリア中銀: RBAのスティーブンス総裁は、「豪ドルは不快なほど高い(uncomfortably high)」と発言し、昨年12月には「1 豪ドル=0.85 ドルに近い水準で取引される方が望ましい」という発言を何度かし、現地の新聞にも載りました。

その後、米 WSJ 紙のインタビューに応じた RBAのリダウト理事は、「1 豪ドル=0.8 ドル近辺が適正」と報じるなど、オーストラリアでは、通貨当局の要人が異例とも言える【具体水準を言及しての通貨切り下げ発言】を連続で行っていました。

私はイギリスに住んでいますが、英国や欧州の中銀が具体的なレベルについて言及  為替誘導とも取れる発言をすることは、ありません。そして、こういう誘導は、G20で禁止されていたはずです。

昨年からの一連のRBA関係者の発言もあり、市場参加者は、「中銀総裁がそこまで仰るのなら ... 」とAUDを売っていて、ショーとがかなり積みあがっていました。

しかし、今週に入ってから、AUDの戻りが激しいですね。その理由のひとつとして挙げられているのが、 オーストラリアのヘラルド・サン紙のこの記事

長い記事なので、AUD取引をしない私は全部きちんと読んでいませんが 

「because we are hosting the G20 in Sydney in a couple of weeks. We, as in treasurer Joe Hockey, hosting the finance ministers; and we, as in Stevens, hosting the central bank governors. If she comes, Yellen will be the glamour attendee.

We can reasonably assume that the RBA’s jawboning on the Aussiehas been noticed by other central banks. We’ve got a lower Aussie. It’s probably politic for the G20 host not to keep jawboning when the Fed will do the further work anyway」

「数週間後にシドニーで開催されるG20会合に先駆けて、G20加盟国の中銀から具体的水準を言及しての通貨切り下げについて、苦情が出たのかもしれない」

という意見が書かれています。G20のホスト国の中銀総裁自らの通貨誘導は、やはりマズイのではないか?ということでしょうか?
スタンプ ぎく?後ろにだれか

’’それじゃぁ、G20終わってしばらくしたら、またAUD安に向けての発言をしてもいいのか?’’
私にはよく判りませんが、AUDといい、NZDといい、スイス・フランといい、金融当局者は非常に難しい舵取りを強いられていることだけは確かのようです。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/05 20:10 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(2)

ユーロ短期金利の低下

ユーロの短期金利が低下しています。

百聞は一見にしかずですので、チャートを載せま~す!

*ユーロ短期金利の低下

最初のチャートは、ユーロとドルそれぞれの3ヶ月物Liborの金利 (青線  ユーロ赤線  ドル)、そしてユーロから米金利を差し引いた金利差を緑の点線 で表示しました。

米欧短期金利差とユロドル

下のチャートは、同期間のユーロ/ドル(4時間足)です。

ユーロ金利が下がり、欧米の金利差が縮小した時に、① ② と印をつけました。
それを見る限り、金利差縮小  ユーロ/ドルの下落となっているのが判ります。

ま~、そうは言っても、先週のユーロ/ドル下落は、金利差縮小よりも、新興国通貨危機だったんですけどね...

スタンプ 疲れた


本日は、ECBのSMPオペが3週間ぶりに全額不胎化に成功  したので、それを受けて、ユーロ/ドルが堅調に推移しています。新興国通貨売りもひと段落 

金利差縮小からは、ユーロ売り  全額不胎化成功で、ユーロ買い
なかなか方向感が出ません
スタンプ そっか~

不胎化に関しては、あたらめて記事にさせてくださいね!


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/04 23:55 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

FX戦略会議

2012年7月より 西原宏一さんと一緒に為替相場を語る FX戦略会議 を読売オンラインさんで始めました 


今週は、ECB・日本・新興国など多岐にわたり、話してみました~
スタンプ OK

是非お読みください~ 

このリンク または ブログ左側にあるバナーをクリックして是非ご覧下さい 
[ 2014/02/04 19:35 ] 読売オンライン・FX戦略会議 | TB(-) | CM(0)

ECB理事会に関する予想

先週までの新興国中心の相場展開から、今週は主要国にスポットライト  あたりそうです。
その中でも私が一番気になっているのが、木曜日に実施される欧州中銀(ECB)金融政策会合とドラギ総裁の定例記者会見です。

先週後半から、にわかに出てきた ECBのマイナス金利導入観測 ですが、果たして今現在の時点で、どのくらいの銀行がそう思っているのか? ForexLiveというところに、関連記事が載っていたので、それをご紹介します。

*13行中、3行

結論から申し上げますと、13行中、3行が利下げに動くと予想しているようです。
順序は、ブリッシュな銀行  ハト派の銀行という感じの順番になってます。

・ドイツ銀行: 今月の理事会で、レフィ金利とデポジット金利両方とも、0.05~0.10%のカット  デポジット金利のマイナス化へ 
・RBS銀行: 今月の理事会で、デポジット金利を、0.15%カット  デポジット金利のマイナス化へ
・バークレイズ銀行: 今月の理事会で、レフィ金利 0.15%カット、デポジット金利 0.10%カット  デポジット金利のマイナス化へ 

・BNPパリバ銀行: 3月の会合で、レフィ金利だけを0.15%カット 

・JPモルガン銀行: 今月は据え置き
・ゴールドマン・サックス: 最近のデータだけでは、ECBがインフレ見通しを変更する理由には、ならない

・シティーバンク: 3月のスタッフ予想まで、待つ。そして必要であれば、今年の第2四半期中に、レフィ金利を0%、デポジット金利を0.10%へ、カット  デポジット金利のマイナス化へ 

・ソシエテジェネラル銀行: 今月は据え置き、ただし今後コアインフレ率が更に低下するようなことになれば、政策金利を0.10~0.15%カットとなる  デポジット金利のマイナス化の可能性 

・バンカメ・メリル銀行: 今月は据え置き、ただし、短期的には利下げか追加緩和の可能性が高まっているのも事実
・モルガン・スタンレー: 今月は据え置き、たぶんECBは3月の利下げに向けて準備段階かもしれない
・野村: 今月は据え置き
・コメルツ銀行: 今月は据え置き、とりあえず様子を見ることが得策であろう
・UBS: 今月据え置くだけでなく、2014~2015年の間はずっと現状維持と予想

スタンプ そやな

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 



ウルトラFX 10月7日デビュー 
インターバンク直結    5万通貨から取引出来ます 

ウルトラFX

スタンプ 行っとく?
[ 2014/02/04 08:00 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFX(株)さんのご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 


先週までは、ミニ新興国通貨危機の動きで、右往左往しましたが、今週はそれに加えて、主要国中央銀行からの動きが加わります
スタンプ 3人並んで勉強


本日の動画では、先週の新興国通貨の動きに加え、今週開催される欧州中銀(ECB)金融政策理事会の選択肢について、詳しく説明してみました。
一緒に勉強しましょう~
スタンプ エイエイオー


このバナーをクリックすると動画が見れま~す 



Net Money



どうぞよろしくお願いします~ 
[ 2014/02/03 18:39 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

欧州中銀、マイナス金利導入観測

今までずっと、FX攻略の雑誌で、月に一度、記事を書かせて頂いておりました。

2013年10月からは、よりホットな情報を皆様にお届けするため、オンライン版で情報提供をしたいと思います



新興国通貨の動揺をまともに受けたマーケットですが、今度は欧州中銀(ECB)の政策金利カットの話しがでてきました。

政策金利カット = マイナス金利導入という意味なのか?
スタンプ くま 疑問
もしマイナス金利になったら、どういう反応が予想されるのか?

それについて、自分なりの見方を書いてみました


バナーをクリック すると記事が読めま~す!
  
Net Money


是非お読み頂けたらと思います
[ 2014/02/01 19:46 ] FX攻略:オンライン | TB(-) | CM(0)

ミニ新興国危機となったマーケット

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



寝不足が続いています 

先週くらいからの中国  アルゼンチンとドミノ倒し的に拡大していった新興国危機 で、マーケットのボラティリティーが上がってくれたので喜んでいたのですが、今週はそれ以外のイベントも多く右往左往させられました。今週ほど金曜日が待ち遠しい週は久しぶりかもしれません
スタンプ 幸せ~ 猫

本日のコラムでは、アルゼンチンやトルコなどが、どうして標的にされたのか  その本質について書いてみました。

いろいろ調べていくうちに気が付いたのですが、トルコがこの高金利で経済的に頑張っていけるのか?経常赤字の借り換えが上手くいくのか?選挙を通じて政治危機へと発展しないのか?

非常に気になっています 

どうぞごゆっくりお読みください 
スタンプ エイエイオー


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 
[ 2014/02/01 01:45 ] マーケット | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ