fc2ブログ
2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06
月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

EU離脱に関する国民投票について その2

このすぐ下の記事の続編ですが、昨日イギリス議会下院では、『先週エリザベス女王によって行われた施政方針演説で、国民投票法案が盛り込まれていなかったことを遺憾に思う』という動議に対する採決が行われました

呟き...
なんか、今回の政府の動きを通じて、私自身が全く知らなかった議会の仕組みとか、法案に導く手続きとか、やたら面倒なことを調べなくてはならないので、「政治経済」の点数が悪かった私には、困ったことになっています 


結果は、賛成130票、反対277票となり、動議じたいは否決  しかし、この票配分を巡りキャメロン首相は非常に厳しい立場に立たされただけでなく、同首相の求心力にも疑問符がついた形となっています。

賛成票、つまり「施政方針演説に国民投票法案が盛り込まれていなかったことを遺憾と思う」  に票を入れた130人のうち、なんと116人が保守党議員であることが判明。イギリス下院における保守党議席は303ですから、その半分弱が賛成に票を入れた計算となります 

昨日の採決を受け、本日の議会では、EUに関する国民投票の法案について正式に議会で協議するという約束が取り付けられました。予定としては、7月5日が候補としてあがっています。

つまりこれから7月5日の公式協議に向け、国民投票を巡る政治的駆け引きが活発となり、これに関するヘッドラインでポンドが右往左往する可能性が高まったともいえるでしょう。

来年には欧州議会選挙、再来年は英総選挙を控えた今、国民投票法案が正式に法律に明記されるまで、この保守党反欧州派議員からの雑音は高まるばかりと予想します。

*各政党の支持率調査

昨日の動議採決に伴い実施された支持率政党に関する世論調査結果で、面白いことがわかりました。

Mori社が行った調査では

保守党 31%
労働党 34%
UKIP 13%
自民党 10%



「この数字が、なにか?...」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、保守党と労働党との支持率格差は、3%となっています。これは2010年総選挙以来、一番小さい格差です   つまりこの格差縮小が何を意味しているかと言いますと、現在のところ、「国民投票実施」を公約として法律化しようとしている政党は保守党だけなので、是非とも国民投票を実施したいと考える有権者は、当然保守党を支持せざるを得ないことになります




もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/05/16 21:42 ] 政治 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ