fc2ブログ
2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

EU財務相会合

本日のEU財務相会合 では、ベイル・イン方式や、預金保険機構の対象外の口座の取り扱いについてなど、かなり深く踏み込んだ話し合いをしています。

財務相会合 1

*ベイル・インに関して

公式な見解は出てませんが、以前は「キプロスは特別な例」という語り口調であった’’ベイル・イン方式''の導入

本日の話し合いを聞いている限り、既に『ひな形』となった模様

問題は、ベイル・イン方式の導入時期を「2015年にするか?2018年にするか?」

財務相会合 3


*銀行同盟に関して

これに関しては、ドイツ人同士で意見が分かれています。

財務相会合 2

ショイブレ財務相は、本日の英FT紙に寄稿し、「現在のEU条約はECBが単一の銀行監督機関として機能することを認めているものの、破たん行の再編や清算などを含んだ単一の銀行清算機関の設立には条約の改定が必要である。そうなるとユーロ圏銀行同盟に関しては、現在の条約を正式に変更する手続きが必要となる。それを考慮した場合、1)銀行監督の一元化 2)銀行清算機関の設立 と、2段階アプローチすべきである。」としています。ここで問題となるのは、条約の改定はEU加盟27カ国の議会の承認が必要となるため、下手をすれば数年かかってしまうかもしれません 

それに対し、同じくドイツ人のアスムセンECB理事は、「銀行同盟とは、欧州の銀行システムの危機対応力を高めることであり、この目的を最も確実に達成できるのは、一元化された清算体制、銀行による出資でまかなわれる単一の清算基金、および一元化された清算権限である。これらすべてが銀行同盟発足時に利用可能となっている必要がある。」とし、ショイブレ財務相が提案している’’2段階アプローチ’’には反対。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/05/14 23:42 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

セミナーのご案内

お知らせがありま~す 

6月に日本へ一時帰国  することが決定し、帰国中に2つのセミナーをする機会を頂きました 

最初のセミナーが告知されましたので、皆さんにご連絡しま~す 

6月5日(水曜日)
収録後、開催URLをメールでご連絡します

上田ハーローさんで特別セミナー

ここで頂いた質問 へのお答えも含め、頑張りますので是非ご覧になってください 

質問はまだまだ受け付けておりますので、お気軽にコメント欄でもTwitterでも送ってくださいね~ 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/05/14 21:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(5)

ユーロ下落

アスムセンECB理事の発言  を受け、ユーロがゆるんでいるようです。

Bank Bail-In Rules Should Be in Force by 2015
ECB ASMUSSEN: COULD SUPPORT SOME FLEXIBILITY IN BAIL-IN RULES - MNI

(加盟国の金融支援の手段として)ベイル・イン方式は2015年までに強制されるべきだ
ベイル・イン方式のルールには、柔軟性が必要とされる



キプロス危機 が発覚し、その解決方法としてはじめて 「ベイル・イン方式」が採用されました。

その時に ユーロ圏財務相会合のダイセンブルーム議長が「これが将来の救済のひな形となる」と発言 し、議論をかもしだしました。

最終的にはケースバイケースということで、落ち着いたと私は理解しておりましたが、ここにきて突然アスムセン理事が、上記の発言をしたのです。

もしこれが「一部の例外を除いて、強制」となってしまうと、ユーロの価値の多様化や取り付け騒ぎが起こる可能性が増えます。

つまり、加盟国内の格付けが低い銀行や、その銀行を救済する立場にある中央銀行や政府の格付けが低い国などでは、万が一新たな金融危機が発覚し、預金に対しヘアーカットが課せられる前に、他の国の安全な銀行へ移してしまおうと考える預金者が増え、預金流出のリスクと背中合わせになる危険性が出てくると私は考えています

これに関しては、このリンク記事の下部に「ここからの展望、ユーロの価値の多様化」 をお読みいただけると、言いたいことが全て書かれております 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/05/14 19:40 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

FX戦略会議

2012年7月より 西原宏一さんと一緒に為替相場を語る FX戦略会議 を読売オンラインさんで始めました 

今週はQE3の出口戦略に向けた報道やAUDなどについて、話し合ってみました 

このリンク または ブログ左側にあるバナーをクリックして是非ご覧下さい 
[ 2013/05/14 17:39 ] 読売オンライン・FX戦略会議 | TB(-) | CM(0)

ユーロ圏財務相会合での決定

月曜日に開催された ユーロ圏財務相会合 で、メイントピックであったキプロスとギリシャ向け支援金支払いについて、両国とも合意  が得られました。


*キプロス支援内容

キプロスに対して支援金を支払うESM(欧州安定メカニズム)は、総額100億ユーロにのぼる支援金支払いに対して合意したと伝えています。

支払いスケジュールですが、
・即刻20億ユーロを、キプロス政府に対して支払う
・10億ユーロは6月末までに支払う
・残りの70億ユーロに関しては、2016年の年初までに分割して支払う

ESMの責任者であるレグリング氏は 「キプロスは支援金を受け取ることにより、問題解決のために努力をする時間が与えられた。それはユーロ圏の安定に大きく貢献することであろう。」 と語っています。

*ギリシャ支援内容

ギリシャに関しては、まだ公式決定ではありませんが、追加支援の内容がほぼ固まり、来週水曜日に最終合意がなされる模様です。

それによると、支援総額は75億ユーロとなっており、
・42億ユーロは来週水曜日までに最終合意し、来週金曜日に支払われる予定
・33億ユーロは6月中に支払う

となっています。今回の支払いの最終合意にはトロイカ調査団はかかわっておらず、次回のトロイカ調査団のギリシャ訪問は今年の秋  となる予定。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/05/14 07:44 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ