FC2ブログ
2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

FOMC予想

本日ロンドン時間夕方に発表される米連邦公開市場委員会 (Federal Open Market Committee FOMC) の結果予想をお知らせします。

・米バンカメ・メリルリンチ銀行
本日のFOMCからのアナウンスメントは「現状維持の継続」を確認するに終わるであろう。当行は現在の低金利政策は2014年に入っても継続すると予想している。
本日の結果に対し、市場は多大な期待をしていないため、資産購入プログラム変更の発表などという番狂わせなイベントになるとは思えない。ただし、3週間後に公開されるFOMC議事録で、ここからの低金利政策と緩和策に対する理事達の考え方の違いをはっきり見ることが出来ると予想する。

・英バークレイズ銀行
本日のFOMCでは現状維持を予想しており、資産購入プログラム内容などに関しても大きな変更はないであろう。声明文での景況判断や景気見通しの部分についても小幅な修正に留まるであろう。財政の崖も一部を残して解決されたことを受け、米経済や金融市場を取り巻く環境にも大きく変化していない。ここから先の米経済については、インフレ率・失業率・PMIなどを注視する。本日のFOMCではバーナンキ議長の記者会見や米経済/政策金利の見通しの発表がないため、3週間後に公開される議事録を待ち、各理事達の発言内容などの詳細を調べざるをえない。

・米ゴールドマン・サックス
資産購入プログラム継続にかかるコストを考慮しなければならないことは理解しているが、当行は(たとえコストがかかっても)近い将来に関しては、QE継続による利点が継続コストを上回ると考えている。結果としては、資産購入プログラムは現在の毎月850億ドルというペースを2013年中ずっと継続、そして2014年中に毎月500億ドルへ軽減すると予想している。しかし将来のある時点で、QE継続による利点に疑問が投げかけられた場合、毎月のQE額の変更を考えたい。

・仏クレジ・アグリコレ銀行
本日のFOMCでは、何の変更もないと予想している。先週行われたバーナンキ議長のインタビューを見ると、同議長は米経済を取り巻く環境には十分に満足しておらず、非伝統的緩和措置の継続を支持する姿勢を示したと理解している。インタビューの中で、経済の回復にはまだまだ時間を要し、QEに代表される緩和措置を急いで終わらせるシグナルは、送らなかった。他の理事達の発言を見ても、QE継続を支持する声が聞こえている。

・デンマークのダンスケ銀行
本日のFOMCは、市場を大混乱に陥らせるような結果を発表するとは考えていない。その理由として 1)バーナンキ議長の記者会見や経済見通し予測の発表が、ない  2)先月のFOMC会合以降発表された経済指標は大幅に落ち込んでいない  3)12月のFOMC議事録によると、QE3の早期終了が示唆されたが、本日発表される声明にそれが織り込まれるとは考えられない。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/01/30 21:06 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

LTRO前倒し返済資金の支払日

おはようございます 

本日と明日は『月末』の特殊玉  が飛び交いやすい環境となるでしょうから、FXでのポジション・テイクにも今まで以上の注意が必要です。今月は年明けから一挙にイケイケ大騒ぎ相場  となってますので、特に注意したいですね。意地になって持ち続けたポジションで爆死  してしまい、1ヶ月分の収益を吹き飛ばす…  そんなことにならないよう、お互いに頑張りましょう 


*LTRO返済日

先週金曜日、2011年12月に実施された第一回目の3年物LTROの前倒し返済データ が発表されました。

2度に渡るLTROの明細
1)2011年12月 
総額:4,891億9,100万ユーロ、参加銀行数:523行

2)2012年2月
総額: 5295億3,100万ユーロ、参加銀行数:800行


先週の前倒し返済データは、1)2011年12月のLTROのみを対象  参加した銀行数は278行、返済額は1372億ユーロとなりました。

本日1月30日は、返済日に当たります。具体的な返済の時間は判りませんが、金利関係者は本日の動向に目を光らせているでしょう。

LTRO資金の返済が実施されれば、ECBへの資金還流となる  過剰流動性が収縮する  過去数年に渡り行われた『非伝統的措置』の解除  「出口戦略」という発想に繋がります。

*注目されている金利

1)EONIA(ユーロ圏無担保翌日物平均金利)
年初からジリジリと上昇していますが、あまり変化ありません。

2)Euribor(ユーロ圏銀行間取引金利)3ヶ月物
年初 0.188%だったものが、昨日の終値は0.226%まで小幅上昇

もし過剰流動性収縮の発想から、欧州の金利が上昇する場合、為替市場ではユーロのサポート要因とみなされますので、注意が必要です。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/01/30 19:29 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ