FC2ブログ
2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

ESM短期債入札

たった今、欧州の恒久的救済措置である欧州安定メカニズム(ESM)が短期債の入札を終了しました。

・3ヶ月物短期債
入札総額: 19億2,700万ユーロ
応答利回り: マイナス 0.0324% 
応答倍率: 3.2倍 


利回りがマイナスになった事に加え、応答倍率が3倍以上というのは久々の快挙 

麻生効果 が効いたことは間違いないでしょう。

本日の入札は3ヶ月物の短期債なので、参加者も手軽に応答したでしょうが、5年や10年物という長期国債にどれだけ人気が集まるか?が本当の意味で注目  となるでしょう。

ちなみに、ユーロは『フランス格下げの噂』  が効いて、先ほどまで下落していました。



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/01/08 23:14 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ユンケル議長の後任人事

ユーロ圏財務相からなるユーロ・グループ議長:ユンケル・ルクセンブルグ首相の辞任の意向を受け、後任人事に関して数々の噂が立っていました。

しかしここに来て、次期議長確実 とされているのが、オランダのダイセルブルーム財務相。

ダイセルプルーとユンケル

同財務相は昨年11月に財務相に就任したばかりでなく、要職経験が乏しい 人物です。同氏は昨日よりヨーロッパ各国を歴訪しており、議長就任の地ならしをしていると見られています。とりあえず初日の昨日は、ファンロンパイEU大統領、そしてベルギーとルクセンブルグの財務相に挨拶をした模様。本日火曜日はイタリア・ローマを訪問しており、水曜日にパリへ飛ぶ予定。

*米WSJ紙によると……

次期議長候補に対して、報道各社がそれぞれ記事を載せていますが、米WSJ紙が一番詳しく書かれていたので、その一部をご紹介します。

オランダ、それも欧州や世界の檜舞台で全く知名度がない  ダイセルブルーム氏を次期議長に据えようとする動きですが、欧州では最近そういう傾向が高まっているようです。

一番判りやすい例は、ファンロンパイ氏がEU大統領に就任したことかもしれません。当時は「英国のブレアー前首相が就任する」という認識で一致していました  が、最終的にベルギーの首相経験わずか11ヶ月のほとんど無名で控えめなファンロンパイ氏に白羽の矢が当たりました 

ほとんど無名の政治家を要職に就かせる理由として

1)出身国の抱えている問題を持ち込む
欧州の4大国であるドイツ・フランス・英国・イタリアの要人がトップ職に就く場合、それら要人は自分自身または出身国を悩ましている数々の問題を抱えて要職に就く  ため、どうしてもそれら大国に都合のよい政策をトップ職の権限を通して押し通す危険性があることが挙げらています。それゆえ、小国の、それも無名に近い人材を適用すれば、無色透明の態度で政策決定がしやすいと見られているようです。

2)トップ職の出身国
1)の理由に加え、欧州内での要職についているオランダ人がいないということが挙げられるようです。

例えば、欧州中銀はイタリア・ドラギ氏。その前任はフランス・トリシェ総裁。フランスは同氏以外にも、IMF専務理事にラガルド氏が就任。欧州の恒久的救済メカニズムであるESMの理事にはドイツ・リグリング氏となっており、(ユーロに加盟していない英国以外の)欧州3大国は全て他の要職に就任している人物がいます。


最後になりますが、オランダのダイセルブルーム氏は昨年11月に財務相に任命されるまで、閣僚経験なし。そしてオランダ国内での知名度も低いようです 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/01/08 22:53 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ポンドに対する見方

おはようございます 
なんだか風邪が治ったような治ってないような不思議な感覚が、ここ1週間ほど続いています 。 自分としては完全に回復したつもりだったのですが、週2回お手伝いしている算数教室に来る生徒の9割が咳はするわ、少し熱っぽいわ (休みたまえ!君達!)…… 小学生低学年くらいだと、咳をするときに手を口にあてず私の顔を目がけて思いっきり咳をする  ので、夕べは熱で汗をかきながら寝ていた私です。

*悲観的なポンド相場観

今年に入ってから、英HSBC銀行が 「2013年はポンドが弱くなる年」という相場観を披露しているようです。

ポンド安予想の最大の理由として

1)財政赤字削減策の継続努力に対する懸念  それをカバーする意味でも、通貨安を野放しにする可能性が出てきた 
2)格下げの可能性 
3)ユーロ圏の崩壊リスク後退・米財政の崖の部分的合意・中国経済の底打ち期待などにより、ポンドの安全資産という位置づけが弱まる 

世界各国が緊縮財政政策の遂行で疲れきった  2012年の為替市場は、美人コンテストの裏返しとも言える「どの通貨が一番ブスじゃないか?」という競争でした。

その中で、財政的には苦しい  ものの、とりあえず他の国と比較して安心感があるかな?という理由でポンドは安全資産という恩恵を享受しました。

しかし2013年はユーロ圏(ユーロ)や米国に安心感  が出てきたことから、もともとブスであったポンドの魅力がめっきり剥げ落ちる  という理屈。

ちなみにHSBCは2013年末のポンド/ドル予想を1.52としています。

もしこの予想通り通貨安となった場合、英国は輸出競争力が付きますが、輸入に頼っているエネルギー価格の上昇によりインフレ率上昇というリスクがつきまといます。

*英バークレイズ銀行の見方

同じ英系銀行のバークレイズ銀行は、HSBC銀行と同じ意見を持っているのでしょうか?

バークレイズ銀行の今年のポンドの相場観を見ると、

「たしかに緊縮財政策継続の限界が見えてきているため、それが格下げリスクを引き起こしている。しかし格下げ=ポンド安という発想には限界があるのかもしれない。格下げが起これば、当然『安全資産』としてのポンドの位置づけに疑問が生じてくるであろうが、流動性や市場規模などから考えるとポンドに代わる安全資産となる通貨がすぐには思い浮かばない。
それに加え、最近政府の財政政策が「赤字削減」から「成長重視」へと若干転換したイメージが強い。それが功を奏した場合、ポンドの先行き見通しは明るいものとなるであろう。」

*国債から株式へ

通貨以外に関しては、投資家による’’英国債から英株への資金移動’’が注目  されています。

英HSBC銀行、米ゴールドマン・サックス・アセットマネジメント(GSAM)、アメリカ最大の投資信託会社:フィデリティー、世界最大の資産運用会社:ブラックロックなどが全てが同じ考えを持っており、過去4年間安全志向優先で英国債をずっと保有していた投資家達は、今年リスクを取る動きに前向きになっているため、国債から株式へ資金を移動させるであろうと語っています。

英国の代表的株価指数であるFTSE100は年末までに10~15%上昇するというのが、この人達の共通した見方ともなっているようです。

最後に、英国のマクロ指標に関してですが、経済成長(GDP)に関しては年内ゼロ成長の継続が懸念されるが、年末くらいにかけて少しづつ景気回復の兆しが感じられる  としています。特に住宅市場の回復期待が徐々に高まっている模様 



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2013/01/08 20:10 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

FX戦略会議

2012年7月より 西原宏一さんと一緒に為替相場を語る FX戦略会議 を読売オンラインさんで始めました 

本日は2013年最初のものです!どうぞごゆっくりお読みください。

このリンク または ブログ左側にあるバナーをクリックして是非ご覧下さい 
[ 2013/01/08 18:30 ] 読売オンライン・FX戦略会議 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ